もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

10161

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。

なので、アイアン選びは妥協すべきではありません。しかし、初心者だとどんな基準でアイアンを選んだらいいのかわかりませんよね。今回は自分に合ったアイアンの選び方について説明していきます。

 

アイアンの選び方は?

アイアンはゴルフコースを回る際に、使用頻度が非常に高いクラブの種類です。もし自分に合っていないアイアンを使ってしまえば、ミスが増えてしまいスコアが悪化してしまう可能性も十分にあります。なので、アイアン選びは慎重に行いましょう。そこでアイアンの選び方は、

・シャフトの種類
・シャフトの長さ
・ソールの広さ

の3点に注目しましょう。上記の差によってアイアンがどう変わるのかを説明していきます。

 

シャフトの種類

ショットをする上で、シャフトの作りは非常に重要です。シャフトによっては曲がりやすく遠心力を利用しやすいものから、自分の力を乗せやすいものなど特徴が分かれています。そんなアイアンのシャフトは、

・スチール製
・カーボン製

の2種類に分類されます。スチール製のシャフトの特徴は重い点です。さらに曲がりづらいので、力を入れて振っても、無駄な力が加算されることは少ないです。

ただ、最近のスチール製のものにも軽いものは出ています。スチールが軽いことで、振り切りやすく正確なショットを打つことが可能です。スチール製のシャフトは、スイングスピードが早い人の方が向いています。

カーボン製のシャフトの特徴は軽さです。さらに柔軟性も兼ね備えているため振り切る際に、シャフトが曲がりやすくなります。

シャフトが曲がれば、遠心力が加わりやすくなり、スイングが遅い人でもショットに勢いをつけることが可能になりました。スイングスピードが遅い人はカーボン製のシャフトを選びましょう。

 

シャフトの長さ

アイアンを選ぶ際は、シャフトの長さにも注目しましょう。シャフトの長さは、ショットのクオリティーに大きく影響してきます。短いシャフトだと、アイアンのコントロールがしやすくなります。

その代わりにあまりに短すぎると、ショットの際に打ちづらくなり、ゴルフボールに勢いが乗りづらくなってしまいます。シャフトが長いと遠心力が多くかかり、ショットに勢いが生まれやすくなります。しかし、コントロールが難しく、ミスショットが生まれやすくなってしまいます。

なので、シャフトの長さは長すぎず短すぎないぐらいのものがオススメです。その長さの目安は、地面からお尻の真ん中ぐらいの長さとなっています。その長さに合わせて、自分が振りやすいシャフトの長さのものを選びましょう。

 

ソールの幅の広さ

アイアンのヘッドの底を『ソール』と言います。ソール部分はアイアンによって幅の広さが変わってきます。ソールの幅広ければ、ゴルフボールが上に上がりやすく、多少のミスなら全く影響を受けずにショットを打つことができます。ソールの幅が広くなったことで、重心が深くなるからです。なので、初心者の場合はソールの幅が広いアイアンを選びましょう。

 

自分に合ったアイアンを使おう

以上が自分に合ったアイアンの選び方です。アイアンの質はスコアを良くするために重要となってきます。初心者の場合、自分に合ったアイアンを選ぼうにもどういった目安で選べばいいのかわかりませんよね。

一か八か感覚を頼りに買ってみて、いざ使ってみたら自分には全然合わなかったなんて事態はお金が無駄ですし、なるべく避けたいです。これから、アイアンを買おうと思っているのなら、今回紹介したことを参考に、自分にあったアイアンを見つけましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

ゴルフの集中を阻害する雑念に「擬人」と「擬音」がオススメ

ゴルフの集中を阻害する雑念に「擬人」と「擬音」がオススメ

ゴルフのミスを大きく占めるのは集中力の欠如です。 その集中力を阻害するのが様々なノイズによる雑念です。 ノイズは風や傾斜、池越えなどの状況や、自分のスイングについて考えてしまうことなど。 プレーの集中 …

2020/11/18|ゴルフウィズ編集部

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

ドローボールときくと、イメージするのは「飛ばし屋」かもしれません。 ゴルフを始めると、そのドローボールに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。 しかし実際は、飛びすぎてボールが止まらない、フックが出 …

2019/11/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフでは右手は使ってはいけないのか?

ゴルフのスイングでは右手を使うな、までストレートな表現ではなくても右手を使う弊害について書かれた記事やレッスン動画を目にしたことはあるのではないでしょうか。しかし右利きの人にとって右手は左手よりも力も …

2020/09/25|ゴルフウィズ編集部

今大流行、IOMICって?

今大流行、IOMICって?

ひと昔前はゴルフクラブのグリップといえば黒が定番でした。最近とてもカラフルなグリップをみかけるようになりました。その多くはIOMICというグリップです。 ゴルフクラブのグリップのシェアはゴルフプライド …

2020/06/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

ドライバ―ショットの飛距離に悩んではいないでしょうか。「ドライバーが飛ばないから、後に続くプレーがきつい」「2打目を最初に打つのはいつも自分だ」などなど、ドライバ―の飛距離が出ないことで抱えているその …

2017/12/14|ゴルフウィズ編集部

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

スコアも気分もアップ!グリップを交換してみよう!

皆さんクラブのグリップは交換したことがありますか? 買ってかたそのまま、という方も結構いるのではないでしょうか。 グリップは体とクラブの唯一の接点なので意外とデリケートなパーツです。 劣化していると滑 …

2018/04/25|ゴルフウィズ編集部

軟鉄鍛造アイアンってどんなアイアン?

軟鉄鍛造アイアンってどんなアイアン?

プロや上級者が好むアイアンとして人気が高い「軟鉄鍛造アイアン」。 使ったことのない方でも、その名称は聞いたことがあるのではないでしょうか。 ではその軟鉄鍛造アイアンというのはどんなアイアンなのでしょう …

2021/01/06|ゴルフウィズ編集部

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

ゴルフコンペの景品であれば、やっぱりゴルフにちなんだおもしろアイテムの方が記念になりますし、盛り上がります。現代にはいろいろな種類のおもしろアイテムが製品化されていますので、選択肢も豊富です。 公式の …

2017/12/21|ゴルフウィズ編集部

球を左右に打ち分けてみよう

球を左右に打ち分けてみよう

ついつい追い求めてしまうのが一切曲がらない真っすぐなボール。1度打ててしまうと、再現しよう、一度打てたのだからもう一度打てたはず。と、欲はどんどん高まっていきます。 しかし、一方のプロはどうなのでしょ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ