もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

2019/07/01|ゴルフウィズ編集部

大事なクラブを守るヘッドカバー。
ウッドやパターには、あたりまえのようにヘッドカバーがついていますね!

アイアンにもカバーを着ける方が良いのでしょうか。
アイアンにカバーを着けている男性のゴルファーはあまり見ないですよね。
その一方、結構多くの女性のゴルファーは着けているとも聞きます。

そこで、アイアンのカバーいついてまとめてみます!

アイアンにカバーは着けた方がいいの

ウッドやパターのヘッドカバーはよく見ますが、アイアンのカバーをしているゴルファーは限られています。
その様子から、必ずしもいらないのでは、と思えてしまいます。

アイアンのカバーは、キャディバッグの中でガチャガチャと当たってしまうアイアンを保護してくれます。
アイアンの素材はステンレスが多く、実はキャディバッグの中でぶつかっても傷はつきづらいです。
それよりもキャディバッグから出す時の勢いによる傷が多いのです。

クラブを乱暴に扱わなければ、カバーを着けるほどではないかもしれません。
それでも、もちろん着けることでメリットはあります。
メリットとデメリットを考えて、あった方が良いと思えたなら購入すると安心です。

【メリット】
・バッグから出したり入れたりする時に神経を使わなくて済む
・汚れだけでなく雨をよけてくれる
・傷を防いでくれて下取りの時に高値を期待できる

アイアンのカバーはウッドやパターと同じで傷から守るもの。
着けておけば、キャディバッグからの出し入れで他のクラブに直接当たらず、神経質にならずに済みます。
傷がついても、それは「味」のようなものですが、もし次にアイアンを換えるために下取りに出すとしたら傷はできるだけ無い方が良いですよね。
いつも守られていたアイアンは、そういった時に十分な値が付きそうです。

【デメリット】
・ラウンド中に着けたり外したり、そのあと管理するのが面倒
・外した時の、しまい場所に迷う
・アイアンの傷を味と思えるのならいらないかも

アイアンにカバーを着けると、傷は防げますが、外した時に無くさないように神経をつかうことになるかもしれません。
練習場にいれば目が届きますが、広いコースに出ると面倒なことがありそうです。
ボールを打って次の番手を選ぶ度に、カバーを着けたり外すのは少し面倒です。
キャディーの方がいるラウンドでは、渡すか持っているかでためらってしまいます。

また、アイアンはだいたいステンレスの素材で傷はつきづらいので、それほど気を遣わなくてもよさそうです!

カバーのアイアン用ってどのようなもの

アイアンのカバーは二種類あります。
ひとつは、10本程度のアイアン全体を覆うものです。
全体に被せる形なので、見た感じはキャディーバッグ用のフードに似ています。
それは、フード無しのスタンド付きのキャディーバッグなどに使うとちょうど良いです。
これをつけることで汚れや雨をよけられます。

もうひとつは、ヘッド個々に着けるタイプです。
パターやウッドのヘッドカバーのような感じです。
隣同士のクラブの、ヘッド同士がガチャガチャと当たるのを防いでくれます。
もちろん、雨をよけてくれます。

考えて、必要な場面があればどちらかのアイアンのカバーを着けることになります。
ラウンド中は扱いが面倒といっても、どちらのカバーもあって良い時があります。

例えば練習場では自分のペースで練習できるので、カバーが付いていても大丈夫です。
それから車のトランクに乗せたり宅配便で送る際も、バッグが横になるのでカバーがあると安心です。

まとめ

アイアンに専用のカバーは必要なのかをまとめると、

アイアンを大事に扱いたい、守りたいゴルファーには必要でしょう。
でもコースに出て、それをどこに置いたのか気になって集中できない場合もあります。
集中できないことでスコアに影響するかもしれません。

無くさないよう気をつけることが負担にならなければ、あっても良いでしょう。
また普段の保管時や移動の時は、あった方がきちんとした感じがあります。

ちなみに上級のゴルファーはしていないのがほとんどのようです。
でもこのことで悩むのは、道具を大事にする気持ちからです!
それはゴルフをする上でとても大切なことです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

あなたのゴルフにもおもしろアイテムを取り入れてみませんか?

ゴルフコンペの景品であれば、やっぱりゴルフにちなんだおもしろアイテムの方が記念になりますし、盛り上がります。現代にはいろいろな種類のおもしろアイテムが製品化されていますので、選択肢も豊富です。 公式の …

2017/12/21|ゴルフウィズ編集部

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

最近、ゴルフをはじめたけどなかなか100が切れない。自分は向いていないのかも…と自信喪失している方はいませんか?実は100を切るというのはそんなに簡単なことではないのです。 多くのゴルファーが100の …

2017/11/27|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

ルーティンを取り入れているか

ルーティンを取り入れているか

ゴルフスイングにおいて、理想は「ロボットになることだ」と、言われることがあります。この言葉の意味は毎回同じスイングができることがよいとされていることからきている言葉かと思います。 しかし、打つのは人間 …

2017/09/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフ初心者でもスコアを伸ばす練習方法とは?

ゴルフを始める年代も今は社会人になってからというものでもなく、小学生や未就学児の段階でも始める人も多くなってきました。どんなスポーツでも同じようにゴルフも今は誰でも気軽に始めれるスポーツとして人気を集 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢や …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

ゴルフをする上で戦略は欠かせません。コースの長さに合わせどうすれば打数を減らせるのかを考えるのは楽しいですよね。それで、100以下のスコアを出せれば最高です。 ただ、戦略が立てられるほどゴルフクラブを …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。 初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。 全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることがで …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ