もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

あり?なし?普通と違うゴルフボール選び

2019/10/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに行く!となると当たり前ですがボールが必要です。しかし、いざボールを買いに行くとその種類の多さにビックリしてしまうことでしょう。どんなボールが合うのかネットで検索すればいろいろな記事が出てきます。読んでみるとなるほど、と思うのですがだいたいが機能面重視の説明ですね。そこで今回はちょっと違った視点で見てみたいと思います。

機能面重視の選び方が主流だが

ボールの選び方、といった記事を見るとだいたいどこも同様の説明がされています。かんたんにご紹介すると、ボールは飛距離重視のディスタンス系とスピン性能重視のスピン系に大別されます。さらに、ヘッドスピード別に適正なボールが紹介されるという形ですね。
もちろん間違ってはいないとは思いますが、少し疑問もありますね。20年くらい前の糸巻きボールとツーピースボールの時代であれば、まさにディスタンス系とスピン系という区別は的を得ていたと思います。
しかし、今のボールはそこまでの違いは無いと言っても良いでしょう。本来ゴルフボールは飛んで止まれば一番良いわけですから、各社のフラッグシップ的なモデルはかなり高い次元でそのふたつを実現していると言って良いと思います。
なによりアマチュアの場合はボールの性能云々よりもショットの正確性のほうが影響がはるかに大きいわけですから、ディスタンス系ならはるかに飛ぶということもありませんし、スピン系だからショートアイアンでバックスピンがかかるというわけでもありません。
ではヘッドスピード別は?そもそもこのヘッドスピードというのはドライバーを振ったときのヘッドスピードを表していますが、ほかのショットではどうなるのでしょう?
例えばダスティン・ジョンソンやロリー・マキロイの30ヤードのアプローチのときのヘッドスピードは我々アマチュアとどれほど違うでしょうか?
そうやって考えると、それほど神経質に機能面にこだわらなくても良いのでは無いかと思います。
では視点を変えて、どんな選び方があるか考えてみましょう。

打感で選ぶ

ボールの打感というのは非常に重要で、特にパッティングでは大きな影響があります。パッティングやアプローチなど微妙なタッチが必要なショットでは、打ったときのボールの感触というのが、感覚に強く影響します。
パッティングをして気持ちの悪い打感のボールでは、やはり距離感が合ってきません。フルショットではそれほど影響がなくても小技への影響は大きいのでパッティングしやすいボールを選ぶ、というのも非常に有効な選び方です。
しかし、難点は打ってみないとわからない、という点です。とりあえず一度買ってみるしかないのが、ちょっと困ったところです。

デザインで選ぶ

最近はカラフルなボールも増えて、自分の好きなカラーでラウンドする、というのも気分が上がってオススメです。
あとはロゴマーク。ティーショットやパッティングの時にロゴマークを使ってラインに合わせるようボールをセットする場合、メーカーによってどうしてもあわせにくいロゴっていうのがあります。筆者などもアメリカの有名メーカーの筆記体のロゴがどうしてもダメで使いたくても使えなかったという経験があります。
その他最近では複数のラインが入ったデザインのものや、細かい模様が幾何学模様のように配置されたものなどユニークなデザインのものも発売されていますのでお好みに合わせて選ぶのも良いでしょう。

価格で選ぶ

これが一番説得力があったりしますね。ボールは高いものだと1個600円も700円もします。こんなボールを何個も池に打ち込んでしまっては思わず水に飛び込んで探したくなります。安いボールがまるでダメなのかというと、特に初級レベルではほとんど違いは感じないでしょう。有名メーカーでロングセラーを続けているようなボールは発売から年月も経ち、初期投資が回収できているため価格がかなり下がっているものもあります。まだまだボールを無くしてしまうことが多い間はまず価格、というのもありだと思います。

まとめ

ゴルフのボールって他のスポーツとはちょっと違いますよね。まず数が必要。そして自分が使うボールを自分で自由に選べます。
機能面にこだわるも良し、デザインにこだわるも良し、自分の納得できるボールでゴルフを楽しんでみて下さいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

クラブの重心ってなに?

クラブの重心ってなに?

重心ってなんだろう ゴルフクラブのカタログを見ると、多くのクラブの宣伝に「重心」という言葉が使われています。 「低重心なので初心者でも上がりやすい」とか「重心深度を深くして、スイートスポットを拡大!」 …

2019/08/05|ゴルフウィズ編集部

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

迷ったら参考にしてほしい!オススメゴルフバッグ5選

ゴルフバックはゴルフコースを回るために絶対必要です。ゴルフバックがないとクラブが運べませんからね。ただ、ゴルフバックにはさまざまな種類があります。一体どんなものを選べばいいのかわかりません。今回は、ど …

2017/10/22|ゴルフウィズ編集部

はじめ良ければすべて良し?バックスイングの始め方

はじめ良ければすべて良し?バックスイングの始め方

ゴルフのスイング理論というものはいろいろなものがありますね。日本人は理論好きなのか切り返しのタイミングやインパクトの形までかくあるべきといったお話がネット上にも溢れています。 ただどちらかというと切り …

2019/12/26|ゴルフウィズ編集部

自分の足に合うレディースゴルフシューズの選び方

自分の足に合うレディースゴルフシューズの選び方

疲れないレディースゴルフシューズが、自分の足に合っていると、言ってもいいのではないでしょうか。疲れない靴選びは、抑えておきたいポイントがいくつかあります。足の疲れが軽減できれば、コースを快適に回れます …

2018/10/10|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブのバランスってなんだろう?

ゴルフクラブのバランスってなんだろう?

ゴルフクラブのカタログにはスペック表のようなものがあり、そこにはクラブの各種スペックが記載されています。 ロフト、全長、総重量。これらはなにを現わしているかすぐに想像がつきますね。 しかし、それらのス …

2019/08/14|ゴルフウィズ編集部

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

実はゴルフはタフなスポーツです。雨天でも行うことがあります。私自身、ゴルフコースを回っている時に、ゲリラ豪雨とは行かないですが、かなりの量の雨が降り出した時も、待機のアナウンスはなく、ゴルフを続けまし …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフをしていると、1打目というプレッシャーなどで、ドライバーの調子が悪くなることは頻繁に起こります。コース中にその不調が出てしまえば、早急に対処しなければ、みるみるスコアが下降線になってしまいます。 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ