もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ラウンド中に当たらなくなったら

2019/10/24|ゴルフウィズ編集部

練習場では当たっていたのになぜ。ゴルフ場に来て、そう思ったことの無いゴルファーはいないと思います。また、ラウンド中に突然全然当たらなくなってしまったりするともう途中で放り出して帰りたくなります。
これはプロでも同じ。プロですから突如ダフりばっかりなんてことはありませんが、トーナメントでも65の翌日が73とか74ということもあります。
では、そんなときの心構えについて今回はお話してみたいと思います。

ラウンド中にスイングを直さない

さて、ラウンド中に当たらなくなると、どうしてもスイングを直したくなってきます。なぜスライスしたのだろう。なぜあんなにダフったのだろう。ミスショットのあとにはどうしても考えてしまいます。
そして、レッスンで教わったことを思い出したりネットに書いてあったことを思い出したりしながら、次のショットこそ!と考えるのは無理のないことではあります。
しかし、これはひとつ間違えると泥沼にはまるパターンなんです。
まず第一になぜミスショットが出たのか、自分で正確な原因が把握できることはあまりありません。たまたま身体が止まってチーピンが出た、なんていうのであればハッキリ自覚できますが、そうでない場合は正しい原因はなかなか本人にはわからないものです。
プロですらコーチをつけて、スイングチェックしてもらっているくらいですからアマチュアに簡単にわかるものではありません。
また、第二に万が一考えた原因が正しかったとしてもラウンド中にいきなり直すなんてことができるでしょうか?それができるくらいなら練習場で2球と悪い当たりが続くことは無いことになります。
ダフリを気にしていじったらトップする。それを気にしていじったら今度は右に一直線。どんどんおかしくなってきて最後はどうしたら良いかわからなくなっていく。スコアがぼろぼろになる典型的なパターンです。
良く曲がるならラウンド中は曲がらせておけ、という言い方をしますがラウンド中に変に矯正しようとしてスイングがボロボロになるのを防ぐためです。
曲がるならあきらめて、その球筋に合わせてラウンドしていくようにしていくほう良いということです。

スイング以外の部分をチェックする

とはいえ、普段できていることができなくなっているわけですからどこかに原因があることになります。
スイングというものはそう極端に良くなったり悪くなったりするものではありませんから、コースで急に当たりが悪くなってきた場合、それ以外の部分にミスが出ている可能性があります。
いくつか例をあげてみます。

・アドレスの向き
特に多いのが向いている方向。一般的にアマチュアは右を向く傾向が強いと言われています。コースに出ると特にその傾向が強くなります。
目標の意識と向いている方向がずれるとスイングは崩れます。
練習場と違い、コースでは正しく立つのが大変難しいのでラウンド中特に気を付けたいポイントです。

・傾斜への対応
練習場と違い、コースではさまざまな傾斜があります。それぞれ傾斜によって打ち方が変わってきます。これは知識と経験が無いとなかなか判断が難しい部分です。

・ルーティーン
ゴルフ場で緊張するな、というのは無理な注文ではあります。
その度合いというものは、個人差があるでしょうがよほどラウンド慣れしないと緊張感というのは無くなりません。
そんな中でも少しでも普段のリズムで打てるように、いつもと同じルーティーンを忘れないようにしましょう。

スイングでは無くゴルフを考える

当たらなくなると、どうしても頭の中はスイングのことでいっぱいになってしまいます。その結果どこを狙えば良いのか、グリーン周りにはどんなトラップがあるのか、などコース攻略を考える余裕がなくなってしまいます。
悪いなら悪いなりにスコアをまとめるためには、そういったコースの攻め方をどんな時でも考えられるようにしたいものです。

まとめ

ラウンド中に当たらなくなってくるとホントにイヤになってしまいます。
しかし、急にナイスショット連発に変わることはありません。また、練習場で練習を積めば良いのですから、ラウンド中はその日の状態に合わせて無理なくコースを周るように心がけましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

夏も中盤となりつつある8月は新製品の発表が次々と行われていきます! 1年ごとのモデルチェンジとなるシャフトはこの時期新製品の試打会が多く開催されています。 USTマミヤさんからはアッタスシリーズ9代目 …

2017/10/26|ゴルフウィズ編集部

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

スコアを改善するのなら、ゴルフボールにこだわるのも大切なことです。特にブランドのゴルフボールには独自の技術で飛距離アップなどにも期待ができます。多少値段はかかりますが、一般的なゴルフボールを使用するよ …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

自分にあったボールを選ぶコツとは?

自分にあったボールを選ぶコツとは?

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。 …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

最近、ゴルフをはじめたけどなかなか100が切れない。自分は向いていないのかも…と自信喪失している方はいませんか?実は100を切るというのはそんなに簡単なことではないのです。 多くのゴルファーが100の …

2017/11/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフで100切りするための考え方

ゴルフには100切りの壁というのが存在します。 初心者に立ちはだかる最初の壁ともいえるでしょう。 全18ホール全てボギーで終えることが出来れば18オーバー=90(ゴルフ場により異なる)で上がることがで …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

サービスホール?それとも。距離の短いホールでの考え方

サービスホール?それとも。距離の短いホールでの考え方

距離が長いホールというのは、それだけで難しさを感じますね。特にドライバーやユーティリティーがうまく当たらない初心者、初級者の方ですと距離が長いというだけでプレッシャーもかかってしまいます。その反動で距 …

2019/09/26|ゴルフウィズ編集部

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

実はゴルフはタフなスポーツです。雨天でも行うことがあります。私自身、ゴルフコースを回っている時に、ゲリラ豪雨とは行かないですが、かなりの量の雨が降り出した時も、待機のアナウンスはなく、ゴルフを続けまし …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方次第で、ビギナープレイヤーの方も、飛距離を出せます。ゴルフボールのタイプは2種類あり、「ディスタンス系」と「スピン系」になります。初心者の方の場合、どちらのゴルフボールを選べばいい …

2018/06/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ