もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

日米のゴルフメーカーのDNA

2020/02/28|ゴルフウィズ編集部

最近はアメリカのメーカーのクラブが人気が高いようです。
PING、キャロウェイ、テーラーメイド、タイトリストなどの主要メーカーのクラブは日本のプロでも多くの契約プロがいます。
また日本のメーカーでもブリヂストン、ダンロップ、ミズノなど歴史のある有名ブランドが多く存在します。
もちろんメーカー毎、またラインアップ毎に製品の特徴は変わって来ますが、日本のメーカーとアメリカのメーカーは元々の考え方、いわばDNAに少し違いがあるようです。
今回はそんなお話をしてみたいと思います。

感性の日本、合理主義のアメリカ

まずものすごく乱暴にわけてみました。日本のメーカーでも合理的な物作りを得意とするメーカーはあるでしょうし、アメリカといっても例えばVOKEYのウエッジのようにシェイプが美しいクラブもありますから日米の差として断じるのは確かに乱暴なのですが、やはりメーカーの歴史的な部分などを見てみると、それほど的外れではないように思います。
少し個別に見ていきましょう。

・PING
カーステンソルハイムが作ったこのメーカーは、パターのスイートスポットがこんなに狭いのはおかしい、という発想の元、トゥヒールに重量を配分したヘッドを作りました。
いまでこそむしろクラシカルなイメージですが、T字やL字が全盛だった時代に発売されたパターとしては奇妙な形状であったのは間違いありません。しかし、実際に使ってみると確かにスイートスポットが広く、世界中に受け入れられていきます。

・テーラーメイド
パーシモンのドライバーが当たり前だった時代にステンレスのメタルヘッドを発売します。
当時のメタルは体積も小さく球離れも早かったのでパーシモンと同じような形状ではボールが掴まらず、かなりのフックフェースでした。
金属製でカキンカキン言うわ、やたらとフェースは左を向いているわ、で日本では当初なかなか受け入れられず、完全に初心者向きの道具と捉えられていました。
しかし、ジャンボ尾崎選手が使いだしたことで流れが一気に変わります。
メタルなんてクラブじゃない!と言っていた上級者も使いだし時代はメタル全盛に変わります。

・キャロウェイ
初代のビッグバーサーは、まさに合理的な思考の産物でした。
ヘッドのスイートスポットを広げ真ん中に持ってくるにはネック部分の重量が邪魔だということでネックを無くしてしまいます。ネックが無いならヘッドに穴空けてソールまでシャフト入れれば良いよ、というまさに画期的な発想。これも最初は気持が悪いとか音が変だとか、なかにはガマガエルに似てるなんて評判まであり最初は受け入れられませんでした、性能の良さが認められるにつれ市場を席捲します。

上級者の感性にこだわった日本のメーカー

日本のメーカーの特徴といえば、どこまでもプレイヤーの感性に応えることに重点を置いた点ではないでしょうか。
いまだに名器と言われるミズノのTN87やホンマのアイアンなどの見事なまでのトップエッジの処理、リーディングエッジの丸み、ネックのオフセットの調整などはトッププロの繊細な感性にマッチし、芸術品と言っても良い出来栄え。それらのプロに憧れるゴルファーにも広く受け入れられます。

まとめ

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

スイングの力を抜く、を覚えよう

スイングの力を抜く、を覚えよう

ボールを打つ時に力が入る。どうしてもリキむ。アマチュアゴルファーの多くが抱える悩みですね。 また、自覚がなくても明らかにリキんでしまっている、というケースもあります。 昔からいろいろな格言もありますが …

2019/12/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに使用する女性用アンブレラ選ぶポイント

ゴルフに使用する女性用アンブレラ選ぶポイント

ゴルフコースをラウンドする際に、どのようなタイプのアンブレラがあると、お買損がなく便利で活躍シーンが多い商品を選べるのか、ポイントをご説明致します。アンブレラはいろんなタイプの商品がありますので、最適 …

2019/03/14|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフシューズの選び方

ゴルフシューズの選び方

最近はカートでのラウンドが増えてきたとはいえ、ゴルフは非常に長い距離を歩くスポーツです。 またショットの際は、傾斜地や砂地でアドレスをしなければならないこともあり足元の重要性は高くなります。 そんな重 …

2019/08/20|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

初心者ゴルフ考察「108の壁を越えよ」

最近、ゴルフをはじめたけどなかなか100が切れない。自分は向いていないのかも…と自信喪失している方はいませんか?実は100を切るというのはそんなに簡単なことではないのです。 多くのゴルファーが100の …

2017/11/27|ゴルフウィズ編集部

失敗しないアプローチの考え方

失敗しないアプローチの考え方

ドライバーやアイアンがそこそこ打てるのにあがってみればダブルボギーやトリプルボギー。そんな方が意外と多いのではないでしょうか。もちろんパッティングも重要ですがなんといってもスコアをまとめるための肝はア …

2019/12/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/08/21|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/05/07|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ