もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

2020/05/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。
ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね!

ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中間のクラブです。
アイアンと同じような打ち方で問題ないようですが、イメージが固まらないことがありますね。
その解決方法を考えて得意なクラブにしていきましょう!

なぜか上手く打てないユーティリティ

初心者にも助けになる便利なユーティリティですが上手く打てなくて逆に苦手クラブとなってしまうことがあります。
その原因を見ていきます。

【イメージが固まらない】
応用範囲の広い便利なユーティリティ。
フェアウェイウッドとアイアンの中間のクラブということで、どちらのスイングのイメージも持ってしまって、スイングイメージが固まらないということがあります。
そこでミスを起こすことから苦手意識を持ってしまう人が多いようです。

苦手意識を持たないためには、フェアウェイウッドかアイアンで得意な方のスイングイメージを持つとよいでしょう。
フェアウェイウッドが得意なら、コントロールしやすいショートウッドをイメージします。
アイアンが得意なら、緩やかなダウンブローを意識すれば、スイングリズムがつかめます。

【ドライバーのように打ってしまう】
ウッドのようなユーティリティは多く見られますよね。
そうなるとウッド系が苦手な人にとってはこの型は苦手なイメージを持つかもしれません。

ユーティリティは基本的に地面から打つクラブです。
そのためスイートスポットはドライバーのようにフェースの真ん中からやや上ではなく、アイアンのように真ん中より下にあります。
アイアンのように緩やかなダウンブローで最下点手前でインパクトを迎えるよう打ってみてください。

そしてボールの位置もドライバーを基準に右側にずらすのではなく、ミドルアイアンをイメージしてそれと同じかボール半個ほど左に置いてアドレスをとってみてください。
自分のボールの位置を再確認してみましょう。

【シャフトが合わない】
飛距離や高さがロフト通りに出ない場合、原因はシャフトにあるかもしれません。
もしかしたらフェアウェイウッドやユーティリティはなんとなく選んでいることがあるかもしれません。

ドライバーやアイアンが先調子なのに、ユーティリティだけ中調子とか、他のクラブはしっかり目なのに、ユーティリティはやわらか目という場合も。
バランスが悪く思い通りのショットが出ないのかもしれませんね。

基本的にアイアン寄りのスペックが合うという方が多いですね。
アイアンと同じシャフトでもフレックスをひとつ柔らかめにするなど工夫が必要です。
そうすると長くても楽に振れてボールも上がりやすくなります。
このようにスイング以外の原因もあるので一度確認してみてください。

ユーティリティのメリットを知って積極的に使おう

ユーティリティは万能クラブなので、その良さを知るともっと使いたくなります!
あらためて使うメリットとデメリットを見てみます。

【メリット】
・ ミスショットの許容範囲が大きい
・ ロングアイアンに比べて、ボールを上げやすい
・ ヘッドスピードが遅くても使える

ミスをしてもある程度狙い通りの飛距離が出せるので、ロングアイアンでミスをしたときの大幅に飛距離がショートしてしまうことと比べると断然お得な感じがします。

【デメリット】
・ ボールが沈んでいるライでは使いづらい
・ 操作性がロングアイアンに比べて落ちる

万能とはいえ状況によってはやはり使えない場面はありますが、ミドルアイアンやショートアイアンでカバーができるので大きなダメージにはなりませんね。

まとめ

ユーティリティはプロゴルファーでも多用する万能なクラブです!
上手く使えるようになればスコアアップに確実に繋がりますね。

なぜこのクラブを使うのかメリットとデメリットをおさえて、打つイメージを固めましょう。
そして再度チャレンジしてみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

良いクラブ、ってどんなクラブ?

良いクラブ、ってどんなクラブ?

ゴルフというスポーツは他のスポーツに比べて道具に対する依存度が非常に高いスポーツです。そのためより良いクラブを求めていろいろなクラブを試したり買い替えたりすることが多くなりますね。メーカーも毎年のよう …

2020/03/03|ゴルフウィズ編集部

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

スコアを改善するのなら、ゴルフボールにこだわるのも大切なことです。特にブランドのゴルフボールには独自の技術で飛距離アップなどにも期待ができます。多少値段はかかりますが、一般的なゴルフボールを使用するよ …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。 な …

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

はじめ良ければすべて良し?バックスイングの始め方

はじめ良ければすべて良し?バックスイングの始め方

ゴルフのスイング理論というものはいろいろなものがありますね。日本人は理論好きなのか切り返しのタイミングやインパクトの形までかくあるべきといったお話がネット上にも溢れています。 ただどちらかというと切り …

2019/12/26|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフ中にイライラした時の対処法は?

ゴルフをしていると当然、ミスが起こります。1回だけならいいのですが、何回も続くと徐々にイライラが積もってきてしまいます。すると、周りの空気も悪くなってしまい、せっかくのゴルフが楽しめません。 さらに、 …

2017/09/16|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットを上達させるためには

バンカーショットを上達させるためには

ゴルフのラウンドをすると、つま先上がりの傾斜だったり、左足下がりの傾斜だったり、なかなか平らな地面でショットをさせてもらえません。その中でも練習場と大きく異なるのが「バンカーショット」です。 ゴルフの …

2017/11/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフをする上で、サンドウェッジの存在は外せません。グリーンから小〜中距離ぐらいの範囲で最も使用頻度の高いアイアンです。なので、サンドウェッジの精度を上げるのは必須となっています。 私も、サンドウェッ …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

引用元http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/newreport/article.aspx/70267/1/?car=top_nw_t10 「捕まり系の大本命」ブリジス …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ