もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

2021/04/08|ゴルフウィズ編集部

初心者、初級者の方は最初100切りを目指して練習を続けられることと思います。はじめてコースに出るとだいたい120くらいは打ってしまうでしょうが、そこから経験を積んでいくと少しスコアが良くなっていきますね。
しかし、ある程度のところでスコアが頭打ちになってしまうというお悩みはありませんでしょうか。一生懸命に練習に励みスイングを矯正し、家でも素振りをしたりパターの練習をしたりしてもなかなかスコアが良くなりません。それはなぜでしょうか?
実はアマチュアが壁にぶつかったときにそれを乗り越えるためにはたったひとつのことに注意すれば良いのです。

その努力は決して間違ってはいませんが

よくTwitterなどで初心者の方がスコアが良くならないというツイートをしています。だいたいそういった初心者の方は自分のスイングを反省していてご自身のスイング動画をアップロードしたりしています。曰く切り返しで下半身リードができてないとかハンドファーストでインパクトができていないといった分析と共に。
それらはいちいちもっともだといえます。しかし、往々にしてスイングの細かな部分にスポットを当てすぎていて、ややもするとそれらのことができないとスコアが良くならないという勘違いをなさっているようにも感じます。

もちろん、スイングを矯正する努力は長い目で見れば絶対に必要なことです。アマチュアに限らずプロでもスイングの矯正、修正はゴルフをやっている限り一生続いていきます。
しかし、ベストスコアを出すためには必ずしもスイングが良くなるという必要はありません。
長期的にみれば良いスイングを身に着けずにスコアを良くしていくことは困難です。アベレージ100のゴルファーがアベレージ80になる、70台を出す、ということであればスイングを身に着けずに達成することは難しいでしょう。
しかし、110がベストスコアという人が100を切る、1打でも2打でも良いので100よりも少ないスコアであがる、ということであれば今と同じスイングでも十分に達成が可能です。

技術面だけに目がいっていないか

では、それはアプローチですか?パッティングですか?ということになると思うのですが、そうではありません。
もちろんアプローチやパッティングが上達すればスコアは間違いなく縮まります。しかし、一般のアマチュアはショートゲームを練習する環境がありません。
練習場に多少の設備があるところはあるでしょうが、特にインドアで練習する都心部のゴルファーなどはコースに行った時しかショートゲームの練習する機会がないのが実情です。
つまりスイングの矯正以上に難しいのがアプローチやパッティングの練習だといえます。
スイングじゃないですよショートゲームですよ、ではむしろ習得のための難易度があがってしまうので本稿の目的とはかけ離れてしまいます。

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこととは

では、ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこととはなんでしょうか?
それは「欲をかかない」ということです。

ちょっと拍子抜けした方もいるかもしれませんが、実は非常に重要なことなのです。
ベストスコアを10打も15打も縮めようとするのであれば技術的な面の進歩は不可欠ですが、とりあえずベストの更新であれば「欲」をコントロールするだけで達成可能です。
たとえばティーショットで必ずドライバーを持つのは何のためでしょう?
距離が欲しい?スカッとするから?ほかのクラブじゃ格好悪い?
どの理由にせよ、いずれもスコアには関係がありません。距離は出れば次は楽ですがそのような欲を出すと曲がります。

林から少しでも距離を稼ごうとしてさらにトラブルになったり、バンカーからグリーンに乗せようとしてあごの高いほうに打って出なかったり。いずれも欲をコントロールできなかったための失敗です。100を切るくらいならオールボギーペース、さらに2ホールに1ホールはダボで良いわけです。
それがトリプル、ダブルパー、といったスコアが何ホールか出てめちゃくちゃになるのは、ほとんどの場合欲をかいてできないことをしようとしたためではないでしょうか。

もちろんできることが少ないからスコアが出ないといえるでしょうが、欲をかいて無茶をしなければそうそう大崩れすることはありません。
ボギーペースで良いと考えればパー4をパー5と考えられます。するとパーオンは3オンです。無理に狭いホールでドライバーを振る必要も、曲げたときに無理にグリーン方向に打つ必要も無くなります。
欲をコントロールできれば無理をして大きなトラブルをまねく可能性は格段に下がります。そうすればスコアは格段に良くなるはずです。

まとめ

ゴルフは精神面のコントロールが非常に難しいスポーツです。しかも普段テレビなどで見ているのはトッププロのゴルフ。曲がらない人たちの攻略法ですから我々アマチュアとは根本的に考え方が異なってきます。曲がる前提、ミスショットする前提で攻略を考えるだけでスコアはグッと良くなってくるはずです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

これが打てれば初級卒業?あこがれのドローボール

これが打てれば初級卒業?あこがれのドローボール

中上級者や女子プロの球筋を見ていると力強いドローボールを目にすることがよくあると思います。 普段力のないスライスに悩まれている方は、うらやましく思われるのではないでしょうか?しかし、ドローだけではなく …

2019/12/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフを始めると最初のスコア目標は100ぎりです。すべてのホールがボギーでも100をきることはできるのですが、これがなかなかの難関です。OBをしたり、3パットするとあっという間にダブルボギーやトリプル …

2018/01/14|ゴルフウィズ編集部

作って楽しい!もらって嬉しい!オウンネームのゴルフボール

作って楽しい!もらって嬉しい!オウンネームのゴルフボール

ゴルファーへの贈り物でオススメの一つが、オウンネームのゴルフボールです! ゴルフボールは必需品ながらも意外と出費がかさみますね。 いくつあっても嬉しいですし、そこに特別な印刷がしてあればプレゼントとし …

2019/12/04|ゴルフウィズ編集部

スイングの力を抜く、を覚えよう

スイングの力を抜く、を覚えよう

ボールを打つ時に力が入る。どうしてもリキむ。アマチュアゴルファーの多くが抱える悩みですね。 また、自覚がなくても明らかにリキんでしまっている、というケースもあります。 昔からいろいろな格言もありますが …

2019/12/27|ゴルフウィズ編集部

車が無い!キャディバッグの運び方

車が無い!キャディバッグの運び方

ゴルフに行くのに車が無いのはかなり不便ではあります。なかでもキャディバッグをどうやって運ぶかは頭を悩ませるところです。そこで今回は車が無い方のキャディバッグの選び方、運び方についてアドバイスをさせてい …

2020/11/16|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

スコアを改善するのなら、ゴルフボールにこだわるのも大切なことです。特にブランドのゴルフボールには独自の技術で飛距離アップなどにも期待ができます。多少値段はかかりますが、一般的なゴルフボールを使用するよ …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフも注目!東京オリンピックの会場と代表選考の概要は?

ゴルフも注目!東京オリンピックの会場と代表選考の概要は?

いよいよやってくる2020年東京オリンピック。 前回のリオオリンピックで復活したゴルフにも期待が高まっていますね。 2020年度のJOC強化指定選手も発表され、オリンピックについても誰に可能性があるの …

2020/03/10|ゴルフウィズ編集部

球を左右に打ち分けてみよう

球を左右に打ち分けてみよう

ついつい追い求めてしまうのが一切曲がらない真っすぐなボール。1度打ててしまうと、再現しよう、一度打てたのだからもう一度打てたはず。と、欲はどんどん高まっていきます。 しかし、一方のプロはどうなのでしょ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

距離計使っていますか?

距離計使っていますか?

ゴルフのラウンドも今やセルフが主体になってきました。なんども訪れているコースであればあまり困りませんが、はじめてのコースだとレイアウトやハザードの位置、そしてなによりも距離がわからなくて困ります。その …

2020/08/07|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ