もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

フルスイングのフォームはチェックするのに・・・

2021/08/09|ゴルフウィズ編集部

止まっているボールをうまく打つにはスイングのフォームが重要なのは皆さん認識されているでしょう。動画サイトを見ればありとあらゆるフォームの解説動画がアップされ、Webではポイントごとの分解写真つきレッスンなどが人気です。それを見ながら一生懸命自分のフォームチェックをしている方が多いのですが、なぜかほとんどの方がフルショットのフォームだけしかチェックしていません。しかしそれで良いのでしょうか?

スコアはショートゲームで決まる

ゴルフのスコアの良し悪しはショートゲームで決まると言われているのはご存じかと思います。

ロングゲームというのはドライバーやフェアウェイウッドに限らずフルショットのことで、ショートゲームというのは主にアプローチのことを指します。
アプローチの場合はボールを落とす地点が近く、グリーンまわりなどはすぐ目の前にボールを落とすだけです。曲がったしまって林の中に行くこともなければOBになることもボールがロストすることもありません。

そのためフルショットと違い「慣れ」でなんとかなると考えがちです。
確かに必ずしもその考え方は間違えとは言えません。ショートゲームの最たるものであるパッティングなどは極論すれば「入ればなんでも良い」のであって、フォームなんて好きで良いというのもあながち間違えとは言い切れないでしょう。

しかし、ゴルフに限らずスポーツにせよ楽器の演奏などにせよ自己流で上手くなるには類まれな才能かとんでもない練習量が必要です。
それがわかっているからこそドライバーのスイングなどは一生懸命動画を見て学んでいるはずです。
ましてやアプローチはほんの数ヤード落としどころがずれれば、もう1打をロスすることに繋がります。
一番曲がり幅や距離のズレが許容されるのはドライバーで、いちばんシビアなのがアプローチなのです。

大きなミスを防ぎ再現性を高めるには正しいフォームが必要

アプローチでザックリしたり、トップしてグリーンの反対側まで転がってしまうような大きなミスを減らすにはやはり正しい打ち方、フォームを習得する必要があります。

またアプローチの場合ドライバーなどと違い縦距離のコントロールもシビアです。手先の感覚だけでなんとなく打っていると、ショートやオーバーのミスをしたときに自分の感覚が間違っていたのか当たりに問題があったのかもわかりません。

さらに、アプローチの場合スピン量のコントロールも必要になってきます。
もちろんプロのように低く出してスピンで止めて、なんてことは我々アマチュアにはできませんが、それでもうまく打ててスピンが入ったときと当たりが悪くスピンがほどけてしまっている時では同じキャリーでもボールが止まる位置は大きく異なります。

多少のミスは許されるロングゲームと違いショートゲームはシビアですので、正しいフォームを身に着けることは必須といえます。

初心者はまずふたつのことを気をつけよう

アプローチの打ち方なども動画でプロがいろいろと解説していますので、それらで勉強することが可能ですが、初心者の方の場合まずはふたつのことに気をつけていただくと良いかと思います。

まずはアドレスです。アプローチの場合基本的にはアドレスは狭くしましょう。
もちろん傾斜の状態などによって広くアドレスを取らなければならないケースはありますが、飛ばす距離が短くなればなるほどアドレスは狭くなります。自分では狭くしているつもりでもかなり広い初心者の方が多いので注意が必要です。

次に打つときに注意したいのが右手のフリックです。これはインパクトの時に右手が手のひら側に折れる現象のことですが、いわゆるしゃくり打ちの原因になります。
フォームで打たずに手で打つと、どうしても利き手を使うので右手が手のひら側に動きます。これはダフリやトップの大きな原因になります。

まずはご自分のフォームを動画撮影してみて、最低限このふたつが正しいかどうかチェックしてみてください。

まとめ

ゴルフはカップから遠くなればなるほどミスの許容度は高くなります。ドライバーで横に10ヤードずれてもたいした問題ではありませんがパターで10ヤードずれたら大変です。
にも関わらずカップから遠いクラブほどフォームを気にして直そうとするのが普通です。

もちろんドライバーでフォームが狂えばとんでもなく曲がりますから、遠くに飛ばすクラブほどフォームが大切なのは間違いありません。
しかし短い距離だからフォームがどうでも良いわけではないのだということを認識していただくだけでも、今後の上達の役にたつのは間違いありません。

ぜひショートゲームのフォームもチェックするクセをつけてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

スタートのティーショットがうまくいかない人へ

スタートのティーショットがうまくいかない人へ

練習場でのショットがコースで出せない人は大勢います。いや、むしろツアープロも含めてゴルファーは全員コースでの難しさを痛感していることでしょう。とりわけアマチュアが苦手なのは朝一番、スタートのティーショ …

2020/11/02|ゴルフウィズ編集部

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

林の中に打ち込んでしまったら

林の中に打ち込んでしまったら

ゴルフをやっていて、林の中に打ち込んだことが無いという方は一人もいないでしょう。上級者、シングルさんも打ち込みます。タイガー・ウッズだってローリー・マキロイだって打ち込みます。 打ち込むのは当然なので …

2020/08/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフのスイング中によく「軸を保って振ること」などと「軸」について言われることがあると思います。 昔からレッスンなどで耳にすることですが、その軸というのは実際には目に見えないものですよね。 自分で感じ …

2022/04/07|ゴルフウィズ編集部

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

みなさんはアプローチは得意ですか? アプローチはスコアアップする上で大切だと言われますが、グリーン周りから打つ練習はなかなか機会が少なく、どうしてもミスしてしまう方は多いのではないでしょうか。 そこで …

2018/07/02|ゴルフウィズ編集部

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

スコアアップが目指せるゴルフグッズの選び方

ゴルフを上達させるためには、打ちっぱなし練習場などで練習することになりますが、練習の状態が良くないと上手になりません。スコアアップできる練習をするためには、ゴルフグリップ選びにこだわり、しっかりクラブ …

2018/07/04|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

ゴルフはボーリングと並んで自分が使うボールを自分で選ぶことができるスポーツです。しかしいざ選ぼうとするとメーカーの説明を読んでいるだけでちょっと眩暈がしてきます。いくつかのボールの説明を読んでいるとも …

2020/09/15|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ