もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

フルスイングのフォームはチェックするのに・・・

2021/08/09|ゴルフウィズ編集部

止まっているボールをうまく打つにはスイングのフォームが重要なのは皆さん認識されているでしょう。動画サイトを見ればありとあらゆるフォームの解説動画がアップされ、Webではポイントごとの分解写真つきレッスンなどが人気です。それを見ながら一生懸命自分のフォームチェックをしている方が多いのですが、なぜかほとんどの方がフルショットのフォームだけしかチェックしていません。しかしそれで良いのでしょうか?

スコアはショートゲームで決まる

ゴルフのスコアの良し悪しはショートゲームで決まると言われているのはご存じかと思います。

ロングゲームというのはドライバーやフェアウェイウッドに限らずフルショットのことで、ショートゲームというのは主にアプローチのことを指します。
アプローチの場合はボールを落とす地点が近く、グリーンまわりなどはすぐ目の前にボールを落とすだけです。曲がったしまって林の中に行くこともなければOBになることもボールがロストすることもありません。

そのためフルショットと違い「慣れ」でなんとかなると考えがちです。
確かに必ずしもその考え方は間違えとは言えません。ショートゲームの最たるものであるパッティングなどは極論すれば「入ればなんでも良い」のであって、フォームなんて好きで良いというのもあながち間違えとは言い切れないでしょう。

しかし、ゴルフに限らずスポーツにせよ楽器の演奏などにせよ自己流で上手くなるには類まれな才能かとんでもない練習量が必要です。
それがわかっているからこそドライバーのスイングなどは一生懸命動画を見て学んでいるはずです。
ましてやアプローチはほんの数ヤード落としどころがずれれば、もう1打をロスすることに繋がります。
一番曲がり幅や距離のズレが許容されるのはドライバーで、いちばんシビアなのがアプローチなのです。

大きなミスを防ぎ再現性を高めるには正しいフォームが必要

アプローチでザックリしたり、トップしてグリーンの反対側まで転がってしまうような大きなミスを減らすにはやはり正しい打ち方、フォームを習得する必要があります。

またアプローチの場合ドライバーなどと違い縦距離のコントロールもシビアです。手先の感覚だけでなんとなく打っていると、ショートやオーバーのミスをしたときに自分の感覚が間違っていたのか当たりに問題があったのかもわかりません。

さらに、アプローチの場合スピン量のコントロールも必要になってきます。
もちろんプロのように低く出してスピンで止めて、なんてことは我々アマチュアにはできませんが、それでもうまく打ててスピンが入ったときと当たりが悪くスピンがほどけてしまっている時では同じキャリーでもボールが止まる位置は大きく異なります。

多少のミスは許されるロングゲームと違いショートゲームはシビアですので、正しいフォームを身に着けることは必須といえます。

初心者はまずふたつのことを気をつけよう

アプローチの打ち方なども動画でプロがいろいろと解説していますので、それらで勉強することが可能ですが、初心者の方の場合まずはふたつのことに気をつけていただくと良いかと思います。

まずはアドレスです。アプローチの場合基本的にはアドレスは狭くしましょう。
もちろん傾斜の状態などによって広くアドレスを取らなければならないケースはありますが、飛ばす距離が短くなればなるほどアドレスは狭くなります。自分では狭くしているつもりでもかなり広い初心者の方が多いので注意が必要です。

次に打つときに注意したいのが右手のフリックです。これはインパクトの時に右手が手のひら側に折れる現象のことですが、いわゆるしゃくり打ちの原因になります。
フォームで打たずに手で打つと、どうしても利き手を使うので右手が手のひら側に動きます。これはダフリやトップの大きな原因になります。

まずはご自分のフォームを動画撮影してみて、最低限このふたつが正しいかどうかチェックしてみてください。

まとめ

ゴルフはカップから遠くなればなるほどミスの許容度は高くなります。ドライバーで横に10ヤードずれてもたいした問題ではありませんがパターで10ヤードずれたら大変です。
にも関わらずカップから遠いクラブほどフォームを気にして直そうとするのが普通です。

もちろんドライバーでフォームが狂えばとんでもなく曲がりますから、遠くに飛ばすクラブほどフォームが大切なのは間違いありません。
しかし短い距離だからフォームがどうでも良いわけではないのだということを認識していただくだけでも、今後の上達の役にたつのは間違いありません。

ぜひショートゲームのフォームもチェックするクセをつけてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

芝や砂などの障害物ごとショットする機会も多いウエッジは、苦手とする方が多いクラブの1つです。「可能であれば使用したくない」と思う方もいるかもしれませんが、コースでのウェッジ使用率は高く、スコアを縮める …

2017/12/08|ゴルフウィズ編集部

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

飛距離の悩みを解決!女性にオススメのドライバー3選!

女性ゴルファーの方から、ドライバーの飛距離アップに悩んでいるという声を良く聞きます。 それはもしかすると、自分に合っていないドライバーを使っているからかもしれません。 今回は女性にやさしいドライバーを …

2018/02/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのキャディバッグはカート型とスタンド型どちらを選ぶ?

ゴルフのキャディバッグはカート型とスタンド型どちらを選ぶ?

ゴルフのキャディバッグを購入する時に迷うのが、まずカート型とスタンド型、二つの形状のどちらにするかではないでしょうか。 どちらにもメリットデメリットがあるので、何を優先するかによって自分に合ったものを …

2021/10/28|ゴルフウィズ編集部

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

あきらめなくても大丈夫!たとえ車がなくてもゴルフはできる

あきらめなくても大丈夫!たとえ車がなくてもゴルフはできる

車を持っていないとゴルフはできないのでしょうか。 ゴルフは車で行くイメージがありますが、その気になれば問題なく練習場やコースにも行けます! 車を持っていないことでゴルフを躊躇するのはもったいないですよ …

2020/08/05|ゴルフウィズ編集部

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの種類というとマレット型、ネオマレット型、そしてピン型といった区分けが一般的です。それぞれパターヘッドの形状を元につけられた名称ですが、ピン型だけはメーカー名が一般名称として使われています。パタ …

2020/11/11|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

スイングの流行を考える

スイングの流行を考える

世の中何事にも流行というものがあります。ゴルフでもクラブやスイング理論というものに、流行があるようです。クラブの場合は工業製品なので、流行というよりも進化という面もありますが、スイング理論というのはど …

2020/01/20|ゴルフウィズ編集部

球を左右に打ち分けてみよう

球を左右に打ち分けてみよう

ついつい追い求めてしまうのが一切曲がらない真っすぐなボール。1度打ててしまうと、再現しよう、一度打てたのだからもう一度打てたはず。と、欲はどんどん高まっていきます。 しかし、一方のプロはどうなのでしょ …

2017/10/05|ゴルフウィズ編集部

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

2008年に登場し、多くのゴルファーに愛されツアーでも実績があるテーラーメイドの「スパイダーパター」。 今では他メーカーからもその特徴をいかしたパターが発売されています。 「スパイダー型」とも言われ定 …

2020/10/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ