もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

初心者が動画を参考にスライスを直そうとはしてはいけない理由

2021/09/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをはじめたての初心者は、ほぼ例外なくスライスに悩まされるものです。
地面にある硬いボールを遠くに飛ばそうとするとスライスするような振り方になるのがある意味自然なので、これは仕方がありません。
しかしなんとかスライスを直したいと思うのは当然。そこで動画サイトでレッスン動画を見まくってあれこれと試してみる方が多いでしょう。動画サイトで「スライスの直し方」と検索するとあっという間にヤマのような動画がヒットします。

ただ、これらの動画を見てスライスを直そうとするのは非常に危険です。ひとつ間違えると上達を大幅に遅らせることに繋がります。
今回はそのことを考えたいと思います。      

現象は同じでも原因はさまざま

本来基本的なスイングが出来上がってくればボールはフック回転するのが普通です。
初心者のうちは、その「基本的なスイング」ができていないためにスライスをするのですがスライスするという現象はみな同じでも、その原因は人によって違います。
グリップやアドレスに原因がある人もいるでしょう。バックスイングに原因がある人もいるでしょう。切り返しがちゃんとできる初心者もあまりいません。
そういった数多の原因の中から自分のスライスの一番の原因はなにか?ということを初心者が見極めるのはほとんど不可能です。

また、たとえばバックスイングに原因があるようにみえてもそのバックスイングになるのはアドレスやグリップが悪いからだといったようにいろいろな原因が絡み合っているのが普通ですからこれはもう初心者ではわかりません。

動画は不特定多数に向けたもの

では動画の内容そのものが有益なものでないかというと、けっしてそんなことはありません。
むしろ多くのプロが惜しげもなく情報を公開してくれており視聴する我々はその知識を無料で得ることができるわけですから本来非常にありがたく貴重なものであることは間違いがありません。

ただ、動画は特定の誰かに向けて作成配信されているわけではなく不特定多数の視聴者に向けたものですからどうしても一般論に近い内容になってしまいます。
その中から自分の原因に適したものを選んで視聴するというのは事実上不可能です。

次々の試してめちゃくちゃに

さらにたとえば自分にあったひとつの方法が運よく見つかって試してみたらうまくいったとしましょう。

しかし、一度の練習でうまくいっても次の練習では全然当たらなくなったなんてことが普通に起きてしまいます。
これは当然で新しいことを覚えようとした場合、身体がしっかりと覚えるまでは数か月かかるのが普通だからです。
でもここでまた悩みます。やっぱり違うんじゃないだろうか、と。
そして次の動画を見てまた試します。あとはこれの繰り返し。いつまでたっても身体はなにも覚えてくれません。これはなにも初心者だけに限ったことではなく中級者も陥る罠のループです。
偉そうに言っている筆者も過去に何度もこの罠のループにはまっています。それ以来あまり技術系の動画は見なくなりました。

レッスンが一番

自分で自分の欠点の原因が特定できない以上、人に見てもらうのが一番。ということで結局はレッスンを受けるのが早道だということになります。
これはなにも教室に通わなければならないというわけではありません。
練習場では30分いくら、といったピンポイントのレッスンを受け付けているところも多くあります。
そもそも社会人ゴルファーはあれこれ直すほど練習時間は取れません。ピンポイントのレッスンで自分のスライスの一番の原因を指摘してもらい、それを克服するための練習を教わったら、あとはひたすらその練習を繰り返しましょう。浮気はいけません。
数か月それができれば確実にステップアップしているはずです。

まとめ

動画サイトは非常に便利ですが、ややもすると情報過多になってしまいます。ましてや初心者のうちはなにが正しくてなにが間違っているか取捨選択することは難しいものです。
昔の諺で生兵法は大怪我の基という言葉もあります。やはり最初はきちんと人に見てもらうのが上達の早道といえるでしょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

とにかくまっすぐドライバーで飛ばしてフェアウェイキープ!

「ゴルフは飛ばし合いではない」とわかっていても、ドライバーを手にするとつい飛距離が気になりますよね。 しかしスコアを求めるなら、ボールをまっすぐ曲げないことが重要になってきます。 ドライバーでまっすぐ …

2020/11/25|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

日米のゴルフメーカーのDNA

日米のゴルフメーカーのDNA

最近はアメリカのメーカーのクラブが人気が高いようです。 PING、キャロウェイ、テーラーメイド、タイトリストなどの主要メーカーのクラブは日本のプロでも多くの契約プロがいます。 また日本のメーカーでもブ …

2020/02/28|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

バンカーやラフなどから脱出する際に使用するウェッジは、リカバリーしやすいものを選ぶことが大切です。リカバリーしづらいウェッジを使い続けたりバンカーやラフに合っていないクラブを使い続けたりすると、失敗経 …

2017/12/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで手首はどのように使うべきなのか

ゴルフのスイングで手首はどのように使うべきなのか

ゴルフでは安定してナイスショットをするために、体の動かし方を一定にしなければなりません。出来る限り同じ力の入れ方で、同じ軌道のスイングが繰り返しできることが重要です。 ただし、体の中では動かさない部分 …

2017/11/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフ中に無理な体勢でショットを打つ際意識することは?

ゴルフをしていると、山肌に近いラフでショットを打つことが多くあります。山肌に近いということで傾斜も相当あり、かなり打ちづらいです。しかし、OBではないので、打たなければいけません。その際、無理な体勢や …

2017/09/18|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/04/20|ゴルフウィズ編集部

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ