もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

自分に合うレディースパターを選ぶポイント

2018/10/19|ゴルフウィズ編集部

パッティングは人それぞれ、癖がありフックしたりスライスして、思うようにコントロールするのが、難しい場面もあります。なので、自分の癖を軌道修正してくれる、パターを探してきてパターに助けてもらいましょう。

ゴルフショップで試打してみてフィーリングが合うパターを選ぶ

パターを選択するにあたり、クラブと違ってあまり力を必要としないため、女性用のパターだけにこだわらず、男性用のパターも含めて、自分に合う商品を探すといいでしょう。ゴルフショップに行きますと、試打することができますので、実際ゴルフボールを転がしてみて、フィーリングが合うパターを選びます。

フェースの部分は安定感を得るために、ある程度重みがあるパターが良いとされていますが、重くて上手く振れなかったり、持ち運びだけで疲れてしまっては、パタープレイでミスが出る確率が上がるため、自分が扱えるパッティングしやすいパターを、選ぶといいでしょう。フェースの形状としては、大きく分けて3種類あります。

長方形が特徴のピン型は、定番の形状で使用している人が多いタイプです。パッティングをしますと、緩やかな弧を描く軌道になりますので、安定感を求めたい人には、少し不向きなタイプかもしれません。自分が思う方向へ、自在にパッティングできる、どちらかと言えばベテランゴルファーに最適なパターです。

かまぼこ型が特徴のマレット型は、真っ直ぐに打ち出したい人に、おススメのパターです。特に初心者であれば、安定してストレートにパターを打ち出す技術は難しいため、パターに助けてもらうといいでしょう。この中で最もヘッドが大きいのがネオマレット型で、ヘッドが大きいためブレが少ないです。短い距離のパターが苦手な人や、パッティングがブレてしまう人に向いています。

パターはネックの形状も3種類あり、曲がっている形状が特徴のパターを、クランクネックと言います。ゴルフボールを中央に置いて、パッティングしたい人に最適です。ヘッドの中央にあり、ストレートネックが特徴なパターは、センターシャフトです。左足近くにゴルフボールを寄せ、パッティングしたい人に向いています。少しだけ曲がっている形状のパターがクランクネックで、フェースの中央にゴルフボールを当てたい人にいいでしょう。

パターをしっかり握るためグリップで調整

男性は握力があるため、どのようなタイプのパターでも、ある程度使いこなすことができます。ですが女性は男性に比べて、握力が弱いためグリップをしっかり握れるかが、上手くパッティングするポイントになってきます。硬い素材でできているグリップは、女性でも握力が強い人に向いています。ソフトグリップは摩擦効果があるため、握力が弱い人におススメです。女性に向いているタイプになります。

ラバーグリップは天気が良く、晴れている日に摩擦効果があり、握力が弱くてもしっかり握れます。雨天時は、おススメではありません。雨の日はコードグリップが、コード材が滑りづらくきちんと握ることができます。グリップは簡単に付け替えることができますので、自分に合うタイプに交換するといいでしょう。又、太いタイプと細いタイプがあり、パターの場合は太めの方が、上手くパッティングできます。スーパーストロークの、極太タイプもあります。

まとめ

パターは工夫されて開発してある商品が充実しているので、自分のパッティングの欠点をカバーしてくれる、レディースパターを探すことができるでしょう。女性は握力が弱いため、自分に合うパターが、スコアアップするポイントになってきます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

パットをする上で一番緊張する距離が約1mです。カップから離れているわけではないのですが、近いわけでもなく非常に微妙な距離です。なので、力加減も難しく、外せないという緊張感も相まって、外しやすいです。 …

2017/09/05|ゴルフウィズ編集部

ラインの読み方総まとめ

ラインの読み方総まとめ

パットを打つ際、ラインを読まずに打つ方はいないと思います。誰しもラインを読むのですが、ラインの読み方は人それぞれです。 ここでは様々なラインの読み方を羅列していきます。   まずは山がどこに …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

パターが上達する正確な芝目の読み方

パターが上達する正確な芝目の読み方

自然を相手にスポーツをプレイするのが、ゴルフの醍醐味でもあります。カップにゴルフボールを入れる競技なだけに、パッティングはすごく重要です。上達するためには、正確に芝目を読むことができるかが、ポイントに …

2018/10/26|ゴルフウィズ編集部

スコアアップにパットの上達は不可欠!やればやるほど自信になる練習方法

スコアアップにパットの上達は不可欠!やればやるほど自信になる練習方法

「ドライバーイズショウ パットイズマネー」という言葉を知っていますか?南アフリカ出身のゴルファーで全英オープン4回優勝のボビー・ロックの名言として知られています。 意味はそのままで、「ドライバーショッ …

2017/11/17|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフ初心者のパッティング上達方法

ゴルフでラウンドすると一番使用頻度の高いクラブはどれになるのでしょうか。ドライバーは14回くらいでしょうか。ピッチングウェッジやサンドウェッジだってそれぞれ10回くらいかもしれません。そんな中でパター …

2017/11/05|ゴルフウィズ編集部

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはス …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ