もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

パッティング上達のコツ

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティングの上達は不可欠です。今回はそんなパッティング上達のコツについてお話してみたいと思います。

まず意識すべきこととは

普段の練習でパッティングの練習をする機会はほとんどありませんね。ましてや芝の上となるとコースに行った時のスタート前くらいにしか練習ができないと思います。
これで上達しろというのは土台無理な話ではあるのですが、限られた環境の中でも上達する人しない人の差が出ます。
そこで、普段どういったことを心がければ良いのかを考えてみたいと思います。
普段の練習はどんな練習をなさっているでしょうか?
よくあるのはパターマットを買って、自宅でマットのカップに向かってパッティングをしてボールを入れる練習でしょう。
この練習が悪いとは言いませんが、意識すべきポイントがあります。
それは「芯に当てる」ということです。
ドライバーやフェアウェイウッドの違い、自宅でのパッティングなどではボールがあっちこっちに散らかってしまうようなことはありません。そこそこまっすぐは転がりますし、ある程度の強さで打てばカップにも入るでしょう。
しかし、コースでのパッティングでは「芯に当てる」ことが非常に大切になってきます。
芯に当たっているかどうかは、手の感触でしかわかりませんしウレタンカバーの柔らかいボールを使っている方は多少芯を外れても感触がそれほど鈍くならなかったりしますが、とにかく手の感触に神経を集中して確実に芯に当てることを意識しましょう。
芯にキチンと当たるようになれば、コースでは距離も合いやすいですし、ショートパットが入る確率も確実に上がってきます。
漫然とマットの先にあるカップにボールを放り込んで、入ったからそれで良しとする練習ではコースではあまり役には立ちません。

ボールの転がりを意識したことありますか

もうひとつ意識したいのは、ボールの転がりです。
よく言われるように、パッティングしたボールには順回転の回転の力が強くかかっているほうが芝目に負けず、良いとされています。
実際にはボールが転がっている以上逆回転がかかっているわけではないのですが、打ち出した時に素直な順回転がかかっていると、まっすぐ綺麗に転がるボールになります。
パターのフェースがダウンブロー気味に入っていくと、バックスピンはかからないまでも、前に転がる回転は少なくなってしまいます。出だしから前への推進力があるボールに比べるとどうしても微妙に曲がりやすい転がりになってしまいます。
ただあまりこすりあげるように打つと、パターにも実はロフトがついているので出だしでボールが浮きすぎてしまいます。
練習でどの位置にボールをおいてどのようにストロークすると綺麗に転がるか、自分なりの方法を見つけると良いでしょう。

コースでは

朝の練習ではとにかく距離感を合わせるようにします。
もちろん練習グリーンと本番のグリーンでは速さが違いますが、練習グリーンで5mなら5mの距離感をしっかりとつかんでおけば、あとはその感覚をアジャストするだけです。
最後にコースでのショートパットのコツをひとつ。
それはボールの行方を見ないことです。
入ったかどうか気になると顔がカップを向きます。顔がカップを向けば身体もストロークもそちらを向いてしまいます。
いわゆるアマチュアラインに外れることになりますので、とにかく我慢して下を見ていてください。1mなんて入ったかどうか音で判断するくらいのつもりで良いと思います。

まとめ

良くアマチュアがパッティングが上達しないのは練習量が足りないからだと言われます。
確かにもっともなのですが、練習場を含めて練習する環境があまりにも少ないので無理のないことでもあります。
しかしスコアを良くしようと思えばパッティングの上達は必須事項をいえます。
まずはポイントをしっかり抑えて練習に取り組んでみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフをする上で、サンドウェッジの存在は外せません。グリーンから小〜中距離ぐらいの範囲で最も使用頻度の高いアイアンです。なので、サンドウェッジの精度を上げるのは必須となっています。 私も、サンドウェッ …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

この秋、ビビッドなマットカラーボールで目立とう!

この秋、ビビッドなマットカラーボールで目立とう!

マットカラーボールとは? 引用元 https://www.instagram.com/p/BN-eq8UAxaH/?hl=ja&taken-by=volvikgolf カラーボールを使ってい …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

自分の飛距離を知っていますか?

自分の飛距離を知っていますか?

7番アイアンで150ヤード、ドライバーは250ヤード。と、自分の飛距離を把握している方! その距離はどこで把握したものでしょうか。コースでの飛距離と自分の持っているポテンシャルが引き出す飛距離には誤差 …

2017/10/11|ゴルフウィズ編集部

パッティングのプロライン、アマチュアラインってなに?

パッティングのプロライン、アマチュアラインってなに?

パッティングが外れた時に、よくプロラインに外した、とかアマチュアラインに外した、という言い方をすることがあります。良くわからない方でも、なんとなく「プロ」ラインのほうが「アマチュア」ラインよりも言葉の …

2019/11/13|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルファーもヘッドスピードを知って飛距離アップ

レディースゴルファーもヘッドスピードを知って飛距離アップ

レディースゴルファーがドライバーの飛距離を伸ばすのに何が有効でしょうか。 スイングの基本を身につけるのは大切ですね。 加えてヘッドスピードについて知るのが有効です。 ヘッドスピードというとレディースゴ …

2020/09/14|ゴルフウィズ編集部

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

ゴルフクラブを選ぼうと思った時、意識しているにせよ無意識にせよメーカー、ブランドである程度絞り込むという作業を皆さんしているのではないかと思います。無数にあるクラブを横一線で比較することは事実上不可能 …

2020/12/10|ゴルフウィズ編集部

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

女性におススメ!ミスを撲滅する転がしアプローチのコツ

みなさんはアプローチは得意ですか? アプローチはスコアアップする上で大切だと言われますが、グリーン周りから打つ練習はなかなか機会が少なく、どうしてもミスしてしまう方は多いのではないでしょうか。 そこで …

2018/07/02|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/08/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ