もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフの飛距離アップのためにプロテインを取り入れてみる

2020/10/22|ゴルフウィズ編集部

肉体改造に一役買う「プロテイン」。
その市場は現在高齢者からジュニア層まで拡がっています。

アマチュアゴルファーにとっても飛距離アップ、ダイエット、疲労回復の効果があり、摂ることで多くのメリットが生まれます。
どのような取り入れ方をしたらよいのか、迫ってみます!

ゴルファーにとってのプロテインの効果

プロテインを飲むメリットは3つあります。

・ 筋肉増大を助ける
・ ダイエットに役立つ
・ 疲労回復を助ける

プロテインには乳成分由来のホエイとカゼイン、そして大豆由来のソイの3種類があります。
それぞれの特長を生かして、上手に摂取する個度絵、効率よくプロテイン効果を実感できます。

【飛距離アップや疲労回復にホエイ】
体内への吸収スピードが最も速く、2時間ほどで吸収されるので即効性があります。
BCAAと呼ばれるアミノ酸を多く含むため、運動時に摂っておくと疲労回復や動きのパフォーマンスに好影響を及ぼします。

【ダイエットにカゼイン】
吸収速度は7~8時間と遅く、タンパク質がアミノ酸に変わって血中に滞在する時間が長いので、即効性はないですが、じわじわと体に効いてきます。
吸収が遅い分腹持ちはよいですが「摂るとお腹が張る」「眠りが浅くなる」など、日本人には合わない場合があります。

【体脂肪をつけたくない人にソイ】
体への吸収のスピードは遅いですが、時間をかけて体脂肪をつけずに筋肉量をじわじわ増やしたい場合には適しています。
植物由来なので食物繊維が多いのもソイならでは。
大豆イソフラボンは女性ホルモンに変わるので基礎代謝を上げてやせたい女性にもオススメです。

いずれにしても摂取しすぎは逆効果なので初心者は注意したいですね。
タンパク質を摂りすぎると体脂肪に変わり、マッチョボディのはずがぽっちゃりに。
即効性があるホエイは特に注意が必要です。
また代謝が高くなるため臓器の働きが過剰になり、肝臓や腎臓に負担がかかる場合もあります。

プロテインの摂り方

メリットは大きいですが、摂りすぎに気をつけたいタンパク質。
どのように摂ったらよいのでしょうか。

【飲む量】
簡単に言えば、体重をグラムに直したぐらいが1日の必要量になります。
例えば体重60キロだったら60グラム。
筋肉を付けたければその2倍と言われています。

【飲むタイミング】
プロテインを購入するとスプーン3杯などと表記されていますが、律儀に守らなくても大丈夫です。
まとめて摂るよりは分けて摂る方が吸収効率がよくなります。
朝の少量からはじめ、体の様子を見ながら始めてみましょう。

昼はラーメンなどの炭水化物を食べる前にソイプロテインを摂取。
野菜代わりになって、血糖値の上昇を抑え体脂肪にも変わりにくいです。
夕食に炭水化物の代替えとしてプロテインに置き換えてみてもよいです。
就寝直前は体に負担がかかるので、1時間前を目安にしましょう。

【ゴルフでの効果】
プロテインは筋力トレーニング後30分以内に飲むと効果的とされます。
運動量的にハードとはいえないゴルフでも、プロテインの恩恵は受けられます。

ゴルフは消費カロリーは少ないようですが意外と疲れますよね。
計算上では表れないエネルギーの消費があるのです。
プレー後に早めに補給することをオススメします。

プレーの前に飲むならホエイ。
ホエイに入っているBCAAは、集中力を高めたりエネルギーが不足した時にエネルギーの代わりになってくれます。
スタートの1時間前くらいには飲み終えるようにしましょう。

タンパク質の吸収能力には個人差があり、年齢が高くなると吸収能力は落ちますが早い人で2週間で体が変わってきます。
そうでない人も1ヶ月くらいで実感できるでしょう。

まとめ

プロテインを取り入れることで、これまでと違ったゴルフ生活が実感できそうですね。
探すとゴルファー用の商品もあります。

プロゴルファーやトレーナーが開発したものには、ゴルフで重要な疲労回復やエネルギーの補給に役立つものがあります。
疲労だけでなく視力回復にも役立つ商品があります。
自分に合いそうなものを見つけられたら、是非試してみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフクラブの種類と呼び方についてあらためて見てみよう!

ゴルフクラブの種類と呼び方についてあらためて見てみよう!

ゴルフコースでは14本までゴルフクラブを持ち運ぶことができます。 クラブの1本1本は顔も長さも様々ですね。 その中で、例えば1番長いものは1番ウッドで「ドライバー」と呼び、他にもそれぞれ違った呼び名が …

2020/10/02|ゴルフウィズ編集部

スイングのあら探ししていませんか?

スイングのあら探ししていませんか?

練習を続けているのに気が付くと少しもうまくなっていないなんてことはないでしょうか。ゴルフはすぐにうまくなるものではありませんし、だんだんうまくなるというよりも、練習を積んでいるとちょっとしたきっかけで …

2020/10/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

ゴルフという趣味から始まる出会い!ゴルコンって知ってる?

出会いの場は、趣味を通じても得ることが出来ます。 ゴルコンは、ゴルフとうい共通する趣味から、会話するきっかけも掴みやすいイベントです。 今回は、大人の出会いにおすすめのゴルコンについてご紹介します。 …

2017/12/26|ゴルフウィズ編集部

海外のゴルフ場は日本のゴルフ場とどう違う?

海外のゴルフ場は日本のゴルフ場とどう違う?

日本と海外のゴルフ場は、マナーやスタイルの点で違いがあることをご存じですか? 海外ではもっとカジュアルにゴルフを楽しむことが可能で、ゴルフが始めやすい事も特徴です。 海外でのゴルフにも役立つ、日本との …

2018/01/11|ゴルフウィズ編集部

よく聞く「トップアマ」ってどんな人?その条件と練習方法は

よく聞く「トップアマ」ってどんな人?その条件と練習方法は

ゴルフでよく聞く「トップアマ」とはどのような人でしょうか。 とても上手で一般のゴルファーとはほど遠く思えますよね。 普通のゴルファーがなれるのかどうか、その練習内容や条件も気になります。 ゴルフの上手 …

2020/05/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフスイングの目に見えない「軸」というものの真相はこれ

ゴルフのスイング中によく「軸を保って振ること」などと「軸」について言われることがあると思います。 昔からレッスンなどで耳にすることですが、その軸というのは実際には目に見えないものですよね。 自分で感じ …

2022/04/07|ゴルフウィズ編集部

<多摩カントリークラブ>抜群のアクセスと半世紀越の長い歴史

<多摩カントリークラブ>抜群のアクセスと半世紀越の長い歴史

関東地方にはゴルフ場が数多くあります。首都圏には、ゴルフ場銀座という言葉があるほど、たくさんのゴルフ場が密集しているところもあります。ただやはり広大な土地を必要とするので、東京都内には数えるほどしかあ …

2018/01/24|ゴルフウィズ編集部

誰も書かない?初心者の為のゴルフのちょっとした常識

誰も書かない?初心者の為のゴルフのちょっとした常識

初めてゴルフ場に行く方や初心者の方に向けて、ゴルフ場のマナーなどを解説した記事はたくさんありますね。特に服装のマナーやプレー中のマナーについては丁寧な説明がたくさんあります。 しかし、実際にゴルフ場に …

2020/11/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルファー保険ってどんなもの?

ゴルファー保険ってどんなもの?

ゴルファー保険というものがあるのをご存知でしょうか?文字通りゴルファーのための保険なのですがどんな範囲がカバーでき、どんな利点があるのでしょうか?今回はゴルファー保険についてお話してみます。 ゴルフで …

2020/07/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ用品で圧倒的なシェアを誇る製品は

ゴルフ用品で圧倒的なシェアを誇る製品は

毎年毎年数えきれないほどの新製品が発売されるゴルフ用品市場は、かつてに比べれば大幅に縮小したとはいえクラブも含め2500億円近い市場規模があります。 星の数ほど出てくる新製品の多くは数年で市場から消え …

2021/01/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ