もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ルールブックにはない初心者ゴルファーのためのマナー大全

2021/12/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場は服装に厳しいから、プレー中のマナーも色々ありそう。
でもどこまで誰にきいていいかもわからないし、いちいち調べるのも面倒ですよね。
そんなビギナーゴルファーのために、ルールブックには載っていない大事なマナーをまとめてみました。
参考にしてみてください。

スタート前~ティーイングエリアのマナー

緊張する朝イチのティショット。
その日一日気持ちよくプレーするためのマナーは抑えておきましょう。

【スタート前の準備】
ティショットを迎える前の準備は次の通り。

・スタート1時間前にコースに着き10分前にはスタートホールに集合
・スタート前にスマホをマナーモードにする
・ボールは少なくとも1.5ダースは用意しそのうち3個を持ち歩く
・自分のボールと番号を覚えておく

時間に遅れないことなど、他の人の迷惑にならないよう準備をしましょう。

【ティーイングエリア】
ティーイングエリアで同伴者が打つ際、基本的にはプレーヤーの正面か背中側で待ちます。
最も避けたいのは「中途半端に視界に入る位置」。
プレーヤーにとって、スイングの途中で何かが目に入ると気になってスムーズに振れないからです。
他に気を付けることは次の通り。

・気持ちよく回れるようにスタート前に挨拶
・素振りはスタートホールで2回、以降は1回までがベター
・ボールを探す手助けのために同伴プレーヤーの球の行方を見る
・「ナイスショット」や大きく曲がった時の「ファー」の声を

色々気にすると自分のプレーに集中できないかもしれませんが、ポイントを抑えれば難しくないので、気負わずに!

ラウンド中に抑えたいマナー

ラウンド中に必要なのは、スムーズな進行、危険を避ける、コースを守るためのマナーです。

【フェアウェイ編】
打ったボールが跡(ディポット跡)に入ったら他のプレーヤーのために必ず土で埋めましょう(目土といいます)。
やり方は事前に調べたり、先輩ゴルファーに確認しておきましょう。
他に気を付けることは、

・打つ人よりも進行方向側に立つのはNG
・ボールのところへはクラブを2~3本持っていく

よく自分のボールを探しに行ってそのまま打つ人の進行方向にいる人がいますが、ボールはどこに飛ぶかわからないので、その立ち位置は絶対やめましょう。
また、セカンド地点でクラブの選択違いのためカートに戻るのは同伴者を待たせることになるので、あらかじめクラブを2~3本持って向かいましょう。

【バンカー編】
バンカーでは打つのが精いっぱいで、脱出したらホッとして後始末を忘れがちですが、ショットの後はみんなが気持ちよく使用できるようにレーキで平らにならしましょう。
ただ新型コロナの影響でレーキを使用せずということもあるので、あらかじめ確認をしておきましょう。
またバンカーでは、

・ボールに近くても高いところから入らない
・バンカーから出るときにシューズの砂を落とす

バンカーはボールの近くから入るのが基本ですが、アゴが高い場所の急斜面から入ると、転倒したりバンカーのフチが崩れる恐れもあるので、その場合は無理をせず低い場所でできるだけボールに近いところから入りましょう。
そしてシューズについた砂は、クラブなどで叩いて落とすように。

【グリーン編】
繊細さが求められるグリーン上のマナーをご紹介しますが、「邪魔をしない」「グリーンを守る」ことさえ守ればOKと思ってください。

・自分の影がライン上にかからない位置に立つ
・ボールマークをグリーンフォークで直す
・グリーン上では足を引きずらない走らない
・カップの30センチ以内を踏まない
・カップのふちを崩さない

忘れ物がないか確認し、ホールアウト後同伴者への挨拶を終えたら、シューズに着いた芝や砂をエアーガンで落としましょう。

まとめ

ゴルフではさまざまな場面で守るべきマナーがあります。
ルールすらあやふやなのにマナーまでとなるとハードルが高そうですが、それほど難しいことでもありません。

基本になるのは、周りの人を不快にさせないことと、コースを傷つけないこと。
それさえ気を付けていればOKです!
必要以上に身構えることなくゴルフを楽しみましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

2019年に変更になったゴルフ新ルールとは?

2019年に変更になったゴルフ新ルールとは?

ゴルフボールの救済措置の内容が、ゴルファーに優しい内容にルール変更されたり、プレイに関しては競技時間が、短縮できる内容に変更されています。又、コースの各名称についても、変更になっている箇所があり、早め …

2019/04/19|ゴルフウィズ編集部

女子プロゴルファーのルーティーンはアマチュアの良いお手本

女子プロゴルファーのルーティーンはアマチュアの良いお手本

練習場では良いのにゴルフコースに出ると全然ダメになる。 そのような悩みを抱えるアマチュアゴルファーは多いですよね。 解決には一定のルーティーンを取り入れることです。 そこで女子プロゴルファーを参考にし …

2020/12/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフと眼鏡について

ゴルフと眼鏡について

最近プロゴルファーで眼鏡をかけている選手を見なくなりました。かつてはトム・カイトや中嶋常幸といった名プレーヤーも眼鏡をかけていましたね。 筆者はゴルフの時だけ眼鏡をしていますがゴルフと眼鏡についてちょ …

2021/01/27|ゴルフウィズ編集部

ゴルフとグルメを同時に楽しむと充実度アップ

ゴルフとグルメを同時に楽しむと充実度アップ

ゴルフをプレーする日の一番の楽しみはもちろんゴルフをすることでしょう。期待に胸を膨らませて前日の夜はほとんど眠れなかったという経験はあるのではないでしょうか。 コンペであれば当日に向けてかなりの練習を …

2017/10/20|ゴルフウィズ編集部

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

みなさんはショートコースは利用したことはありますか? その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。 普通のコースと比べると短く …

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンドでは黙々とプレーしないほうがうまくいく!

ゴルフのラウンドでは黙々とプレーしないほうがうまくいく!

ゴルフでよいスコアを出したいなら、一緒にプレーする方とおしゃべりをした方が上手くいきます! 集中して黙々とプレーする方がよさそうですが、残念ながら眉間にしわ寄せても集中は難しく、スコアにもつながりませ …

2020/05/20|ゴルフウィズ編集部

スマホでOK!ゴルフ場での映える写真とその撮り方をご紹介

スマホでOK!ゴルフ場での映える写真とその撮り方をご紹介

SNS映えの写真を撮るのに好都合な場所。そのひとつがゴルフ場ではないでしょうか。自然の中でプレーするので、景色はもちろん、可愛いゴルフウェアを着ている人物も映える写真がスマホでも撮りやすいです。そのち …

2022/10/17|ゴルフウィズ編集部

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

念願のゴルフコースデビュー。大自然の中で思いっきりショットを打つのは快感ですよ。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?そこで聞きたいのですが、必要なものは用意できましたか? 実はゴルフには、持 …

2017/10/21|ゴルフウィズ編集部

危険が多いゴルフ場のピンチを回避するための基礎知識はこれ

危険が多いゴルフ場のピンチを回避するための基礎知識はこれ

楽しいはずなのに、思いのほか危険なことが潜んでいるゴルフ場。 ゴルフは自然の中でプレーするので色々なことがあって、ときには人工物が凶器になることもありますよね。 もしもの時のために対処法を覚えておくと …

2020/06/19|ゴルフウィズ編集部

知らないと損をする、新ルールの使いたい変更点

知らないと損をする、新ルールの使いたい変更点

2019年にゴルフのルールが大幅に改定されました。いくつかの変更点といったレベルではなく全体に非常に大きな変更が加えられています。 この変更は複雑だったゴルフのルールをわかりやすくすること、プレーを速 …

2020/06/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ