もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフの初心者でも110切りはシンプルに考えれば難しくない

2022/01/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの初心者だとスコアでよくあるのが、前回と今回のラウンドで10打も違うこと。
それは裏を返せば初心者だったらスコアを10打も縮めるポテンシャルが十分あるということです。
打ち方とクラブ選択を少し見直すだけで110を切るのは簡単です!
その方法をご紹介します。

クラブ選択とティショット

初心者の場合クラブをすべて使いこなすのは至難の業。
そこで「スコアを縮める」というしっかりとした目的を持てば準備が整います!

【クラブを5本に絞る】
初心者の場合、同じ番手を何度も打つ方がミスが減ります。
オススメなのは使用クラブを、ドライバー、5番ユーティリティ、7番アイアン、アプローチウェッジ、パターの5本に絞ることです。

5本のクラブを使いまわすことで、徐々にタイミングが合ってきます。
例えばパー5の2打目から3番ウッドや5番ウッドを使い分けようとしてもミスをするだけ。
それならば7番アイアンを2回打つ方がはるかに安全です。
110を切るまではこの方法を基本として、どうしてもならパー3の1打目で必要なクラブを使うくらいにとどめましょう。

【1打目は左端から打つ】
緊張するティショットで初心者はスライスする確率が高いのですが、真ん中に立っているとフェアウェイの右半分しか許容範囲がありません。
しかし左端から打てばスライスしてもフェアウェイの横幅全部が使えます。

それから左端に立てば左側の林が死角になるため、真ん中に立つよりフェアウェイが広く見えます。
片方の林を視界から消すことで心理的プレッシャーが軽減されます。

【トラブルを重ねない】
初心者がはまってしまうのが、トラブルにトラブルを重ねること。
ティショットを林に打ち込んでしまったら、ウェッジやショートアイアンで脱出させるのがセオリーですが、初心者だったらダフるのが目に見えています。
そこで確実なのがパターを使うこと。
パターはウェッジに比べて短いので振りやすいし、打ち込んだりグリーンに近づけようという、いい意味で欲もなくなるので、割り切ったショットができます。

このように林に入れたらパターで確実にフェアウェイに戻すことを繰り返せば、大叩きするホールは絶対に減ります。

フェアウェイからグリーンまで

落ち着いて乗り切りたいフェアウェイからグリーンまで。

【ラフ・フェアウェイはここを見て】
クラブ選択でよくあるのが、ラフからはアイアン、フェアウェイからはユーティリティという選び方ですが、それは間違っています。
ボールが浮いているか沈んでいるかをまず見ること。
ラフからでもボールが浮いていれば、ユーティリティの方が打球も上がりやすくてミスヒットにも強いです。
逆にフェアウェイでもディポット跡などでボールが沈んでいたら、アイアンの方が打ちやすいです。
目安としてはボールが半分以上沈んでいたらアイアンにしましょう!

【ショートゲームはAWのピッチ&ラン】
SW(サンドウェッジ)はボールを上げるウェッジですが、初心者には必要はありません。
グリーン周りの30ヤード以内であれば花道でもラフでもピッチ&ランでOK。
低い弾道でキャリー6対ラン4で転がして打つのが理想。
それをやりやすいのがAW(アプローチウェッジ)です。
小さい振り幅で打てるしSWにありがちなフェースがボールの下を潜ってしまうミスも防げます。

【グリーン上はマンホールをイメージ】
110を切れない方はパターだけで50打以上打つことも少なくありません。
特に3パット以上するのは傾斜があるグリーン。
傾斜を読めないからと、適当に打ってしまう方が多いようです。
そこでラインの途中に直径60㎝のマンホールがあって、そこを通すイメージを持ちます。
そうすればプレッシャーも軽減する上に、十分寄せることも可能です!

まとめ

初心者が上級者のような感覚でプレーすることはまだまだ難しいです。
なのでそこは無理をせずにクラブの本数を絞ったり、林に入ったらパターで出すだけ、グリーン上では傾斜がわかったらそのラインの途中にマンホールをイメージするなど、できる範囲でプレーしてみましょう。
これらを駆使してまず110の壁を越えましょう!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

みなさんはショートコースは利用したことはありますか? その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。 普通のコースと比べると短く …

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを回る手段は2つあります。カートを利用するか、歩きで回るかです。基本的にはカートを利用する方が多いです。しかし、プロの試合を観てみると、ほとんどが歩きで回っています。 私は高校時代にゴルフ …

2017/08/30|ゴルフウィズ編集部

良いコースはどう判断?設計面から見た評価されるゴルフコース

良いコースはどう判断?設計面から見た評価されるゴルフコース

良いゴルフコースと言われ、「日本のベスト100コース」など評価される基準はどこにあるのでしょうか。 全体的に見れば、アクセスや食事、クラブハウスの設備なども気になるところですが、ここでは設計面にこだわ …

2021/11/01|ゴルフウィズ編集部

冬のゴルフウェアをしまう時の注意点!適当にしまうと後悔するかも…

冬のゴルフウェアをしまう時の注意点!適当にしまうと後悔するかも…

面倒に思いがちな衣替え。ですが、冬の素材はニットなどがあるため、虫食いになってしまうと修復が難しく致命的になってしまいます。 また、シルクなどのデリケートな素材の場合には、シワなどがつかないようしまい …

2019/02/28|ゴルフウィズ編集部

スマホでOK!ゴルフ場での映える写真とその撮り方をご紹介

スマホでOK!ゴルフ場での映える写真とその撮り方をご紹介

SNS映えの写真を撮るのに好都合な場所。そのひとつがゴルフ場ではないでしょうか。自然の中でプレーするので、景色はもちろん、可愛いゴルフウェアを着ている人物も映える写真がスマホでも撮りやすいです。そのち …

2022/10/17|ゴルフウィズ編集部

<成田ヒルズカントリークラブ>飽きることのない美しくタフなコース

<成田ヒルズカントリークラブ>飽きることのない美しくタフなコース

成田空港の近くにあり、都心からのアクセスは抜群です。その割には飛行機の音もほとんどなく、航空機の姿も見えず、むしろ閑静と言えるほどです。ここの特徴は、まずはピート・ダイの設計による戦略性の高さでしょう …

2018/01/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ゴルフレッスンアプリを利用して楽しく上達

ご紹介のゴルフレッスンアプリは、基本的に無料で利用することができます。ダウンロードすればすぐ使用できますので、気軽にゴルフ上達に役立てることが可能です。自分では気づくことができなかった、スィングのフォ …

2018/09/05|ゴルフウィズ編集部

夏ゴルフの対策

夏ゴルフの対策

ゴルフは自然の中で楽しむスポーツです。良い時もあれば天候が悪い時もあります。また季節により暑さ寒さの対策が必要になってきます。冬は「寒い」のでスコアが悪くなるとか寒さで辛いといった問題がありますが、夏 …

2020/08/06|ゴルフウィズ編集部

もしもゴルフの会員権を買うなら押さえるべきポイントがある

もしもゴルフの会員権を買うなら押さえるべきポイントがある

密にならないスポーツとしてブーム再燃となったゴルフ。 その証拠に会員権の問い合わせも増えているそうです。 今や女性が会員権の購入をするというのもめずらしいことではないですね。もし購入を考えたなら押さえ …

2022/06/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをすることで楽しみながら健康になれる!

ゴルフをすることで楽しみながら健康になれる!

ゴルフを楽しんでいる世代はとても幅広いですね。10代で大活躍する選手も多いですし、60代でも素晴らしいプレーをする方はたくさんいます。10代と60代が一緒にラウンドして勝負できるのです。他のスポーツで …

2017/12/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ