もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

本格ゴルフデビューの予行演習!気軽にショートコースを体験

2022/08/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフを始めたけれど、本格的なコースに行くのは少々不安。
それなら予行演習としてショートコースでラウンド体験をするのがオススメです。
距離が短いので手軽に楽しめるし、ちゃんと芝の上で打つ楽しさも味わえます。
そこでショートコースを利用するポイントをご紹介します。

ショートコースの特徴

練習場に通ってある程度は打てるようになったのに、ラウンドデビューをしたら練習通りに打てず、散々なスコア…。
その原因は練習場のマットと芝との違いがあると言われています。
そのギャップを埋める練習にちょうど良いのがショートコースで、次のような特徴があります。

【プレー時間が短い】
18ホールの本コースではプレー時間は4時間半が目安と言われていますが、9ホールのショートコースはパー3が中心なのでおよそ1時間半で回れます。

【アイアンだけで回れる】
1ホールの距離は150ヤード以内が多く、ティーショットで使用するのはアイアンかウェッジ。
一部のショートコースではドライバーも打てます。
クラブはアイアン、ウェッジ、パターの3本だけでも十分回れます。

【到着順で予約不要】
ほとんどのショートコースは当日受付でOK。
回り放題プランや練習場とのセットプランを用意しているところも少なくないです。

【気兼ねなくプレーできる】
プレー人数の最大は4人なのでそれは本コースと同じですが、ショートコースだと1人で回れるところも多いです。
練習場の帰りに寄ることもできますね。
またドレスコードも厳しくないので、Tシャツに短パンといった服装で回れるところがあります。
ただしシューズはゴルフ用がオススメです。

【使用するボールは本球】
ショートコースでも、もちろん本球でプレーします。
本コースと比べるとボールを無くすことは少ないので、3個ほど持って回る人も多いです。

ショートコースを活用して上手くなろう

距離が短い9ホールはラウンドの予行演習として最適です。
実際のコースを短い時間で体験できるので、その感覚のまま練習場に行くこともできますね。

【オススメのルーティーン】
オススメなのは、ショートコースで芝の上から打つ感覚を覚えることに徹すること。
そこでは特に30ヤード以内に自信を持てるように意識して打ってみましょう。
そしてまだ体力が余っているラウンド後は、練習場でボールを打ってみます。
芝から打ったアイアンやウェッジの感覚を忘れないようにスイング練習。
マットの上で滑らせるのではなくボールをクリーンに打ってみましょう。

そしてラウンドの前後にはパッティング練習を。
ラウンド時に外したライン、外した距離をしっかり意識しながら復習しましょう。

このように練習グリーン→ショートコース→練習場→練習グリーン、とトライアングルのように行うと、いつものなんとなく打つ練習から脱出できて、本格ラウンドにも自信が持てるようになります。

【コースならではの状況で苦手を克服】
ショートコースは芝の上から打つ感覚を覚えるのに最適です。
そのチャンスをいかして、大叩きの原因となりがちな傾斜とラフを克服しましょう。

例えばビギナーの苦手な傾斜地。
最初は難しいことを考えずに、傾斜に沿ってヘッドを出すことだけを意識します。
下りでも上りでも左足の前までヘッドを滑らせるように打てばOK。
低い軌道でヘッドを滑らせればロフト通りにボールが上がるので、まずはその打ち方を覚えましょう。

そしてラフ。
グリーン周辺のラフから寄せる時は、インパクトの瞬間からヘッドが手元を追い越して、フォローのときにはヘッドが先行するように打ちましょう。
この打ち方が出来れば、たとえラフからでもふわりとボールを浮かせて打つことができます。

まとめ

本格ラウンドの予行演習にショートコースは最適です。
距離が短い分気持ちに余裕もできるし、なんといっても芝の上から打てるのが嬉しい。
それでもただフルショットするだけではオーバーしてしまうので、自然と短い距離の打ち方も身につきます。
練習グリーン→ショートコース→練習場のトライアングルが組めれば、上達間違いなしですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフをスコア80台でラウンドするための攻略法と思考法はこれ

ゴルフをスコア80台でラウンドするための攻略法と思考法はこれ

ゴルフで80台のスコアを出すなんて夢のまた夢。でも90を切ると考えれば近づけそうな気もします。 高いスコアを作るコツは、リスクを避けてプレーすることに尽きるのですが、これは決して消極的な策ではなく、ス …

2022/02/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ関連の返礼品が色々ある「ふるさと納税」をチェック

ゴルフ関連の返礼品が色々ある「ふるさと納税」をチェック

応援したい地域に寄付をするふるさと納税。納税することでゴルフ関連の返礼品が貰える地域が豊富にあります。応援する地域に貢献できて大好きなゴルフ関連の返礼品がもらえるとは、ゴルファーにとって魅力的な納税方 …

2022/06/13|ゴルフウィズ編集部

わかりにくいルールの用語を解説

わかりにくいルールの用語を解説

ゴルフは審判がいませんので、自分で自分に裁定を下さなくてはなりません。そこでルールを理解しようと思っても、この用語がなかなか手ごわいもので難解なものも多くあります。さらにルール改正があったため従来と用 …

2020/06/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの打ちっぱなしの料金体系の種類と特徴は?

ゴルフの打ちっぱなしの料金体系の種類と特徴は?

ゴルフを練習するのには打ちっぱなしが最適です。まだゴルフ経験がない初心者の場合、ゴルフがどういったものなのかを知るのには最適な場所です。まだ使ったことがないクラブを試しに打ってみたり、ゴルフボールを使 …

2017/09/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをやる「目的」を見失っていませんか?

ゴルフをやる「目的」を見失っていませんか?

ゴルフをはじめたら誰しもうまくなりたいと思うものです。 それは当たり前のことなのですが、前のめりになりすぎてしまってかえって苦しくなってしまっている人もいるようです。 自分はどのようにゴルフを楽しみた …

2021/01/20|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中の飲酒ってありですか?

ラウンド中の飲酒ってありですか?

あなたはゴルフラウンドをする時に、お酒を飲みますか? もし、車を運転してゴルフ場へ来ているなら絶対飲酒はするべきではありません。 リラックス効果が見込めるとも言われる飲酒ゴルフ、実際の所はどうなのでし …

2018/01/07|ゴルフウィズ編集部

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのゴルフは、普段見られない一面が知れたりしてとっても素敵ですが、そういった場で粗相があってしまっては相手のお顔に泥を塗ってしまうかも知れません。 そんな時に気になるのは第一印象 …

2018/03/23|ゴルフウィズ編集部

<若洲ゴルフリンクス>東京都内で爽やかな海風は貴重です!

<若洲ゴルフリンクス>東京都内で爽やかな海風は貴重です!

「若洲ゴルフリンクス」の名前を聞いたことがありますか?東京でオリンピックが開催されることになり、ゴルフも新たな競技種目となっていることから、開催候補地として名前が挙がりました。なぜなら、ここはパブリッ …

2018/01/19|ゴルフウィズ編集部

<ロペ倶楽部>宿泊プランが大人気のインスタ映えリゾートコース

<ロペ倶楽部>宿泊プランが大人気のインスタ映えリゾートコース

「ゴルフは楽しいんだけど最近マンネリ気味なんだよね~。ちょっと違う楽しみ方があれば…あ!ゴルフ旅行をしてみようかな!」 と思ってこのページにたどり着いた方も多いかもしれません。 知ってのとおり、いま、 …

2019/06/04|ゴルフウィズ編集部

<房総カントリークラブ>雄大な自然に抱かれる!PGAツアーも!

<房総カントリークラブ>雄大な自然に抱かれる!PGAツアーも!

房総半島は千葉県にあり、東京湾と太平洋に囲まれています。房総カントリークラブは、海から少し入ったところで、近くをいすみ鉄道が走っています。この辺りは、年間を通じて温暖で、春が来るのも関東で一番早いエリ …

2018/01/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ