もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

カートの運転は誰がする?気持ちよくラウンドするためのマナー

2022/12/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで意外と戸惑うのが、便利なはずのカートの扱い方やマナー。
カートには、自分で運転するものの他に、リモコンを使うものやコースに乗り入れるものなどがあります。
プレーにしっかり集中するためにも、それらの扱いは誰がするのか、どう扱うのかを知っておきましょう!

カートの種類と注意点

実は乗用カートに関して、明確なマナーやルールはありません。
重要なのは「同伴者が気持ちよくプレーするためにどうするか」ということです。
まずは色々なカートの種類をおさらいしましょう。

【手動運転カート】
手動運転カートは、プレーヤーがハンドルを握って手動で運転します。
コースによって、決められたカート道しか走ってはいけない場合と、フェアウェイまで乗り入れることができる場合とがあります。
いつもならフェアウェイまで乗り入れられても、天候によって入れない場合もあります。

【リモコン式カート】
リモコン式の自動運転カート。
カートはリモコンのスイッチによって発進、停止をします。
決められた経路を自動で動いてくれるので、離れた場所にいてもカートを動かせるのが便利なところですね。

【手引きカート】
昔ながらの手引きカート。
歩いてラウンドする場合にゴルフバッグを積み込んで手で引くカートです。
距離の短いコースなどでよく見られますね。

【基本的な注意点】
基本的な注意点は次の通り。

・ 安全運転
・ カートの音に注意
・ カートを止める位置に注意

当然と言えば当然ですが、車なので安全第一。
急発進や急ブレーキを控えて安全面に気を配りましょう。
クロスしているカート道もあり、カート同士の衝突事故も発生しています。
普段の自動車の運転と同じように気をつけましょう。

またリモコンの場合、スイッチを入れカートが動き出す際に音がします。
これから打とうとしている人に迷惑をかけないようにタイミングに配慮を。
そしてカートの停止位置についても、プレーヤーの邪魔にならないようにしましょう。
ただ、難しくもあるのですが、後方に止めると後続プレーヤーに影響が出るので、適度にカートを進ませる必要もあります。

カートを運転する時のマナー

さてゴルフ場でカートは誰が運転するのでしょうか。
自発的にするべきなのか、遠慮をするべきなのか、マナーについても戸惑うところです。

【カートはだれが運転する】
カートは誰が運転するのかの決まりは特にありません。
仕事仲間だったら、年下や部下が担当することもあるでしょうが、上手な人がハンドルを握ることも多いです。
理由は簡単、上手な人は余裕があるからです。
もし自分が初心者だったら、まず運転を任されることはないのでご安心を。

【カートではどこに座る】
カートに乗る時に迷うのが、どこに座るか。
決まりはないですが、普通の車のように、後部座席を上座とする説や、景色が良く見える助手席を上座とする場合もあります。
迷ったら、自分は最後に空いているところに乗るということを心がけてみましょう。

【カートでは気遣いが大事】
カートの運転は気遣いが大事です。
打つ人の前に止めてはいけないけれど、後続に迷惑もかけられない。
みんなで乗り込む際に、誰かクラブを忘れていないか確認を促す必要もあります。
経験のあるゴルファーだったらそのあたりは任せられますね。
その先輩の姿を見て自分も経験を積んでいきたいですよね。

また自分がビギナーだったら、思いもよらぬ方向へ打球が飛びます。
その状態でカートにいつも乗ろうとすると時間のロスになるので、常にクラブを数本持って走るという心構えも必要です。

まとめ

色々と悩んでしまうカート問題ですが、ビギナーのうちは余裕のある先輩の行動を見て自分が運転する時の参考にしましょう。
もちろん先輩が運転手といっても、自走式の場合、先輩より自分がカートに近い場合は率先して運転して先へ進めること。
最初は緊張することも多いでしょうが、そういった場面をひとつひとつクリアすることで、ゴルフを存分に楽しめるようになります!
ご紹介したことを参考にしてみてくださいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

初心者必見!ゴルフ中に他人が打っている際のマナーとは?

初心者必見!ゴルフ中に他人が打っている際のマナーとは?

ゴルフにはさまざまなマナーが存在します。その中でついつい意識し忘れてしまうのが、他人が打っている際のマナーです。というのもゴルフコースを知り合いと回っていると、気が抜けてしまうからです。そして、気がつ …

2017/10/15|ゴルフウィズ編集部

コースで困ったときに速攻で使えるゴルフ超お得技のあれこれ

コースで困ったときに速攻で使えるゴルフ超お得技のあれこれ

楽しいはずなのにプレッシャーを感じることも多いゴルフコースでのプレー。 練習場で打つ時と違って、ミスショットが目立ったり想定外のトラブルに直面したりすることもありますよね。 そのような場面で、助けにな …

2023/01/12|ゴルフウィズ編集部

新型コロナウイルスの影響を受けたゴルフはその後どうなった

新型コロナウイルスの影響を受けたゴルフはその後どうなった

コロナ渦のゴルフシーンを振り返ると、ゴルフ場は安全で気分転換にもなることから、他のスポーツやレジャーに比べてあまり影響を受けなかったかもしれません。 それ以上にゴルフ人口は増えているといいます。 これ …

2022/02/21|ゴルフウィズ編集部

雨の日のラウンドに対応するポイントは?

雨の日のラウンドに対応するポイントは?

ゴルフは自然を相手にするスポーツなので、雨の日救済のゴルフルールがあります。自分で雨の日用のスィングを工夫したり、レイングッズを上手く活用するなどして、晴れの日と同じぐらい良い状態で、ラウンドできると …

2019/02/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの楽しみのひとつ。関東近郊ゴルフ場のランチご紹介

ゴルフの楽しみのひとつ。関東近郊ゴルフ場のランチご紹介

最近は本州のゴルフ場でもスループレーが増えていますが、まだまだほとんどのゴルフ場ではハーフで食事休憩が入ります。このゴルフ場でのランチもゴルフの楽しみのひとつ。今回は関東のゴルフ場の素敵なランチをいく …

2020/07/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの会員権を取るメリットなどを解説

ゴルフの会員権を取るメリットなどを解説

ゴルフ場は会員制度を用意している場所がほとんどです。中には会員制でしか入れないところもあるほど。もちろん会員にならなくても利用できるゴルフ場はたくさんあるのですが、会員になった方がお得なことがあるのも …

2017/09/07|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中の「パス」ってなに?

ラウンド中の「パス」ってなに?

セルフプレーが当たり前になってきた最近ではしばしばスロープレーが問題になっています。これはプレーする人の責任だけではなくゴルフ場側にも、またメディアにも問題はあると思います。しかしどんなに頑張っても初 …

2020/11/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフにはランニングが効果的!その理由と取り入れ方はこれ

ゴルフにはランニングが効果的!その理由と取り入れ方はこれ

ゴルフに効果的なスポーツのひとつはランニングではないでしょうか。 ゴルフもランニングも個人スポーツという共通点があって取り組みやすいですね。 どちらも「我慢」という言葉がふさわしく、練習にごまかしがき …

2020/08/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを回る手段は2つあります。カートを利用するか、歩きで回るかです。基本的にはカートを利用する方が多いです。しかし、プロの試合を観てみると、ほとんどが歩きで回っています。 私は高校時代にゴルフ …

2017/08/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをするときのファッションのルールとは

ゴルフをするときのファッションのルールとは

ゴルフはマナーを問われるスポーツでもあります。常に審判が見つめているわけではありません。自己申告や自己判断を信頼して成り立っている要素もあるのです。ですからゴルフのプレイヤーには紳士、淑女であることが …

2018/01/13|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ