もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

【女性必見】ゴルフでダイエットというライフスタイル

2017/11/08|ゴルフウィズ編集部

おじさんの代名詞と言われるゴルフでダイエットと聞けば、えっ?と思う人も多いはず。
ゴルフはウォーキングに腹筋といったダイエットの代名詞と言われるような運動と同等の効果を期待できます。
楽しくダイエットするなら、趣味のゴルフを利用してみてはいかがでしょうか?

スイングは無酸素運動!腹筋を使って鍛えよう

ダイエットに繋がる運動には、有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。
有酸素運動はダイエットの代表的存在で、ウォーキングや水泳などを励んでいる人も多いことでしょう。
無酸素運動は、多くの酸素を必要としない運動を指し、ゴルフではスイングがそれに当たります。

ゴルフスイングのリズムは人によって違いますが、ボールを打つという行為だけを考えれば、3〜5秒ほどで行えるものです。
1時間もあれば、人によっては300球打つのも可能でしょう。
打ちっぱなしでボールを打つ動作は、1球1kcalの消費が見込めるとされています。
300球=300kcal消費は、ウォーキング言う90分1万歩に相当するとも言われています。
ゴルフスイングがダイエットに繋がれば、楽しく簡単に続けられそうですよね。

無酸素運動の代名詞と言えば、お腹を鍛える腹筋。
全く運動していない人がいざ始めようと思っても、なかなか続かず効果も上がらないのが難点です。
また、腹筋を頑張りすぎることで腰痛を患ってしまう人も少なくありません。
腹筋を鍛えるときには、同時に背筋も鍛えなければバランスが取れず腰の負担が大きくなってしまします。
腹筋だけでもキツいのに、背筋まで・・・そうなると少しハードルが上がってしまいますよね。

お腹の部分痩せが期待できる腹筋運動は、ゴルフスイングでも可能です。
むしろ、捻る動作が入ることによりぽっこりお腹だけでなく、くびれにも効果も感じやすくなります。
カロリー消費ばかりに目が行くダイエットですが、お腹を部分痩せしたいという人はかなり多数。
腹筋を意識したスイングは、下半身の安定にも繋がり力強いショットを生み出してくれます。
その結果、飛距離が伸びるという効果も感じられることでしょう。

打ちっぱなしだけではない!コースラウンドでもダイエット

打ちっぱなしでは、無酸素運動でお腹を鍛え、コースラウンドでは有酸素運動で大幅なカロリー消費を目指しましょう。
一般的にゴルフラウンドは、カートを使用したとしても8kmほどは歩くことになり、時間も4〜5時間は必要です。

ウォーキングでの消費カロリーに照らし合わせてみると、1時間=約320kcal消費すると言われていますので、5時間歩けば単純に1,600kcalの消費が見込めるというわけです。

しかし実際は、ショット地点までダッシュすることもありますし、ボールを探したりすればその分カロリー消費に繋げることが出来ます。
ラフや傾斜からのショットは、下半身や腹筋を必要とするため消費カロリーが更に上がることが見込めますよね。

ゴルフでダイエットをする最も大きな利点は、老若男女問わず行えること。
ハード過ぎない運動だからこそ、継続して続ける事が可能です。

ダイエット効果を高めるために必要な事

ゴルフでダイエットをする際には、動きを継続して続ける事が大切です。
有酸素運動は20分以上継続して行う事により、脂肪燃焼が始めるというのを耳にした事はないでしょうか?
これは、20分程度運動を行い、身体を温める事で脂肪分解酵素である、“リパーゼ”の働きを活性化する事が出来るからです。

身体が温まり、うっすらと汗をかき始めた頃が脂肪燃焼スタートのサイン。
だから、ゴルフのような休んで動いてを繰り返す運動ではあまり多くのダイエット効果が上がらないのではという意見もあります。

それを回避するためには、ラウンドスタート前には準備運動をして身体を温め、なるべく徒歩の時間を多くすることがダイエット効果を上げる鍵です。

また、水分補給もダイエットにとても必要な事です。
運動を続けていると汗をかき、体内の血液濃度が高くなってきます。
その状態では上手く脂肪燃焼が出来ないため、適量の水分補給で血液の濃度を正常に戻してあげる必要があります。

汗だくでラウンドすれば、ダイエットしているという実感が湧きやすくなりますが、実は逆効果になってしまいます。
熱中症対策も視野に入れ、水分補給をきちんとするようにして下さいね。

打ちっぱなしで部分痩せ、コースで全身運動を!

ゴルフは息を切らすほどの激しいスポーツではありませんが、全身を動かすダイエットに効果的な運動です。
ゴルフでダイエットは、趣味をしながら同時にダイエットしてしまおうという一石二丁なもの。
年齢と共に痩せにくくなったお腹には、ゴルフスイングの捻転がよく効きます。
腹筋を使ったスイングは下半身の安定にも繋がり、飛距離を伸ばしたい人にもおすすめです。
ぜひ、コースだけでなく打ちっぱなしでもダイエット効果を感じてみましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ビジターゴルファーの自分に合ったゴルフ場選び

ビジターゴルファーの自分に合ったゴルフ場選び

最近はメンバーコースを持たないゴルファーが多く、ビジターとしてゴルフ場を利用している人が多数。 一昔前はメンバー同伴でなければラウンド出来なかったゴルフ場も、近頃はビジターのみの受入もしてくれる場所が …

2017/09/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

ゴルフ初心者がぜったいに知っておくべきスイングの基本を紹介!

ゴルフ初心者の方にスイングの基本について紹介します。 コースデビューする前に、まずは自宅や練習場でしっかりと基本スイングを身につけ、楽しいゴルフライフを送りましょう。そのためには、クラブの握り方から、 …

2017/09/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをするときのファッションのルールとは

ゴルフをするときのファッションのルールとは

ゴルフはマナーを問われるスポーツでもあります。常に審判が見つめているわけではありません。自己申告や自己判断を信頼して成り立っている要素もあるのです。ですからゴルフのプレイヤーには紳士、淑女であることが …

2018/01/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ショットした際、ゴルフボールがどこへ飛んでいったのかを見失うことがあります。もしも、ゴルフボールがOBやウォーターハザードに入ったのに、気が付かずに進んでしまえば、打ち直しなどかなり面倒です。 そこで …

2017/09/04|ゴルフウィズ編集部

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

海外では当たり前?エンターテイメント型ゴルフ練習場

「TOP GOLF」という名前のゴルフエンターテイメント企業をご存じでしょうか? 2016年にアメリカツアーとの提携が発表され、アメリカ国内で21箇所展開する、エンターテイメント型ゴルフ練習場です。 …

2018/01/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフボールが林に入ってしまった時の注意点とは?

ゴルフをしていると、ゴルフボールが林に入ってしまうがよくあります。林の中はフェアウェイやラフとは違い、悪条件のオンパレードです。整っていない地面はもちろん、根っこが飛び出していたりしており、厄介です。 …

2017/09/10|ゴルフウィズ編集部

<軽井沢高原ゴルフ倶楽部>爽やかな風に吹かれる高原ゴルフ

<軽井沢高原ゴルフ倶楽部>爽やかな風に吹かれる高原ゴルフ

軽井沢と言うと、夏の高級避暑地です。歴史もあり、由緒正しい人が集まるイメージがありませんか。今では若い人を魅きつけ、夏の時期には、都会の街中よりも人が集まり、賑やかさが増しているそうです。 そんな軽井 …

2018/01/23|ゴルフウィズ編集部

女性にオススメ!練習場に行きたくなる3つの技

女性にオススメ!練習場に行きたくなる3つの技

みなさんは練習場に行くのは楽しいですか? なかなか上達しないと、練習しても疲れとイライラが残るばかり。 しかも単調でもくもくと打っているだけだと楽しくはありませんよね。 そこで今回は練習場で楽しく上達 …

2018/05/11|ゴルフウィズ編集部

女性もクラブハウスに入る時には普段着はNG?適した服装とは

女性もクラブハウスに入る時には普段着はNG?適した服装とは

以前まではゴルフ場は男性の行く場所というイメージが強かったですが、最近は女性のゴルファーも増えていますね。ダイエットにも良いとも言われていたりします。 まだ女性のドレスコードがしっかり定まっていなかっ …

2018/03/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフはコースによって難易度が変わる!

ゴルフはコースによって難易度が変わる!

何年かゴルフを続けている中堅ゴルファーなら、コースによって違う難易度に苦戦する事もあるでしょう。 ゴルフの楽しみのひとつ、ベストスコア更新も難易度の高いコースであれば喜びもひとしおです。 今回はコース …

2017/11/14|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ