もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

【女性必見】ゴルフでダイエットというライフスタイル

2017/11/08|ゴルフウィズ編集部

おじさんの代名詞と言われるゴルフでダイエットと聞けば、えっ?と思う人も多いはず。
ゴルフはウォーキングに腹筋といったダイエットの代名詞と言われるような運動と同等の効果を期待できます。
楽しくダイエットするなら、趣味のゴルフを利用してみてはいかがでしょうか?

スイングは無酸素運動!腹筋を使って鍛えよう

ダイエットに繋がる運動には、有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。
有酸素運動はダイエットの代表的存在で、ウォーキングや水泳などを励んでいる人も多いことでしょう。
無酸素運動は、多くの酸素を必要としない運動を指し、ゴルフではスイングがそれに当たります。

ゴルフスイングのリズムは人によって違いますが、ボールを打つという行為だけを考えれば、3〜5秒ほどで行えるものです。
1時間もあれば、人によっては300球打つのも可能でしょう。
打ちっぱなしでボールを打つ動作は、1球1kcalの消費が見込めるとされています。
300球=300kcal消費は、ウォーキング言う90分1万歩に相当するとも言われています。
ゴルフスイングがダイエットに繋がれば、楽しく簡単に続けられそうですよね。

無酸素運動の代名詞と言えば、お腹を鍛える腹筋。
全く運動していない人がいざ始めようと思っても、なかなか続かず効果も上がらないのが難点です。
また、腹筋を頑張りすぎることで腰痛を患ってしまう人も少なくありません。
腹筋を鍛えるときには、同時に背筋も鍛えなければバランスが取れず腰の負担が大きくなってしまします。
腹筋だけでもキツいのに、背筋まで・・・そうなると少しハードルが上がってしまいますよね。

お腹の部分痩せが期待できる腹筋運動は、ゴルフスイングでも可能です。
むしろ、捻る動作が入ることによりぽっこりお腹だけでなく、くびれにも効果も感じやすくなります。
カロリー消費ばかりに目が行くダイエットですが、お腹を部分痩せしたいという人はかなり多数。
腹筋を意識したスイングは、下半身の安定にも繋がり力強いショットを生み出してくれます。
その結果、飛距離が伸びるという効果も感じられることでしょう。

打ちっぱなしだけではない!コースラウンドでもダイエット

打ちっぱなしでは、無酸素運動でお腹を鍛え、コースラウンドでは有酸素運動で大幅なカロリー消費を目指しましょう。
一般的にゴルフラウンドは、カートを使用したとしても8kmほどは歩くことになり、時間も4〜5時間は必要です。

ウォーキングでの消費カロリーに照らし合わせてみると、1時間=約320kcal消費すると言われていますので、5時間歩けば単純に1,600kcalの消費が見込めるというわけです。

しかし実際は、ショット地点までダッシュすることもありますし、ボールを探したりすればその分カロリー消費に繋げることが出来ます。
ラフや傾斜からのショットは、下半身や腹筋を必要とするため消費カロリーが更に上がることが見込めますよね。

ゴルフでダイエットをする最も大きな利点は、老若男女問わず行えること。
ハード過ぎない運動だからこそ、継続して続ける事が可能です。

ダイエット効果を高めるために必要な事

ゴルフでダイエットをする際には、動きを継続して続ける事が大切です。
有酸素運動は20分以上継続して行う事により、脂肪燃焼が始めるというのを耳にした事はないでしょうか?
これは、20分程度運動を行い、身体を温める事で脂肪分解酵素である、“リパーゼ”の働きを活性化する事が出来るからです。

身体が温まり、うっすらと汗をかき始めた頃が脂肪燃焼スタートのサイン。
だから、ゴルフのような休んで動いてを繰り返す運動ではあまり多くのダイエット効果が上がらないのではという意見もあります。

それを回避するためには、ラウンドスタート前には準備運動をして身体を温め、なるべく徒歩の時間を多くすることがダイエット効果を上げる鍵です。

また、水分補給もダイエットにとても必要な事です。
運動を続けていると汗をかき、体内の血液濃度が高くなってきます。
その状態では上手く脂肪燃焼が出来ないため、適量の水分補給で血液の濃度を正常に戻してあげる必要があります。

汗だくでラウンドすれば、ダイエットしているという実感が湧きやすくなりますが、実は逆効果になってしまいます。
熱中症対策も視野に入れ、水分補給をきちんとするようにして下さいね。

打ちっぱなしで部分痩せ、コースで全身運動を!

ゴルフは息を切らすほどの激しいスポーツではありませんが、全身を動かすダイエットに効果的な運動です。
ゴルフでダイエットは、趣味をしながら同時にダイエットしてしまおうという一石二丁なもの。
年齢と共に痩せにくくなったお腹には、ゴルフスイングの捻転がよく効きます。
腹筋を使ったスイングは下半身の安定にも繋がり、飛距離を伸ばしたい人にもおすすめです。
ぜひ、コースだけでなく打ちっぱなしでもダイエット効果を感じてみましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフコースを回るのに最適なシーズンは?

ゴルフコースを回るのに最適なシーズンは?

ゴルフコースを回るならやっぱり一番快適な時期がいいですよね。気持ちのいい気温で、コースを回れば体力にも余裕が出て、スコアがよくなる可能性もあります。それに、気持ちよく回れれば、またゴルフに行きたいと思 …

2017/08/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフが上手くなるためには何をモチベーションにするべき?

ゴルフが上手くなるためには何をモチベーションにするべき?

何かを上達させるには、高いモチベーションを持つことが大事だと言われます。 ゴルフの場合は何をモチベーションにすればよいのでしょうか。 無意識でも皆それぞれ何かがあるはずです。 ベストスコア?誰かに勝つ …

2022/08/25|ゴルフウィズ編集部

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

実戦的な練習におすすめ!ゴルフのショートコースへ行こう!

みなさんはショートコースは利用したことはありますか? その名の通り1ホールが80ヤードから150ヤード程度と距離が短く、ホール数は9ホールが多くそれを2周まわるコースです。 普通のコースと比べると短く …

2018/04/03|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中の飲酒ってありですか?

ラウンド中の飲酒ってありですか?

あなたはゴルフラウンドをする時に、お酒を飲みますか? もし、車を運転してゴルフ場へ来ているなら絶対飲酒はするべきではありません。 リラックス効果が見込めるとも言われる飲酒ゴルフ、実際の所はどうなのでし …

2018/01/07|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中の「パス」ってなに?

ラウンド中の「パス」ってなに?

セルフプレーが当たり前になってきた最近ではしばしばスロープレーが問題になっています。これはプレーする人の責任だけではなくゴルフ場側にも、またメディアにも問題はあると思います。しかしどんなに頑張っても初 …

2020/11/26|ゴルフウィズ編集部

女性向けゴルフコンペ景品の選び方

女性向けゴルフコンペ景品の選び方

女性の参加者が多いと、男性も盛り上がりますので、全体的にいい雰囲気のゴルフコンペにできます。女性好みの景品を用意することで、参加してくれる女性を増やしましょう。女性に喜ばれる、ゴルフ景品をご紹介致しま …

2018/11/21|ゴルフウィズ編集部

上達して仲間も出来る!女性にオススメなゴルフスクールの選び方

上達して仲間も出来る!女性にオススメなゴルフスクールの選び方

みなさんはゴルフスクールはご存知ですか? 練習場へ行くと何人かが先生に教わっているのを見たことがあると思います。 もし練習していてもなかなか上達しない、と感じている人にはとてもオススメです。 やはり教 …

2018/06/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ショットした際、ゴルフボールがどこへ飛んでいったのかを見失うことがあります。もしも、ゴルフボールがOBやウォーターハザードに入ったのに、気が付かずに進んでしまえば、打ち直しなどかなり面倒です。 そこで …

2017/09/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコンペに参加してゴルフのエンタメを楽しむ

ゴルフコンペに参加してゴルフのエンタメを楽しむ

ゴルフといえばコンペという催し物があります。ゴルフのエンタメ性を大いに楽しめるイベントです。 もちろん友人たちとプレッシャーなくラウンドするゴルフも楽しいのですが、緊張感のあるゴルフコンペもまたゴルフ …

2017/12/22|ゴルフウィズ編集部

ライフスタイルの変化からゴルフにも新しい様式が見えてきた

ライフスタイルの変化からゴルフにも新しい様式が見えてきた

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、今まで当たり前だと思っていたゴルフの環境が変わりつつあります。 新様式として残るものは何でしょうか。 思い出されるのはかつてのバブル崩壊後のゴルフ場のセルフ化や大衆 …

2020/09/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ