もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

普通と違うの?マッチプレイってなんでしょう?

2019/09/09|ゴルフウィズ編集部

普段ゴルフをする時は毎ホールのスコアを記録していき、18ホールで何打打ったのかを競っていますね。テレビで見るプロのトーナメントもほとんどがこの形式です。
これをストロークプレイ、と呼んでいます。実はこれ以外にマッチプレイという競技方法があるんです。アマチュアが普段プレイするチャンスはほとんどありませんが、ゴルフの原点と言われている競技方法でもあります。
では、どんな競技方法なのでしょうか。

1対1で勝敗を決めるマッチプレイ

ストロークプレイが18ホールを通して最終的なスコアで優劣を決めるのに対して、マッチプレイは1ホールごとに勝ち負けを決め、最終的に勝ったホール数が相手を上回った方が勝ちとなるゲーム方法です。
基本的には2サムでプレイをして、一緒にプレイする相手と勝負していきます。
単に勝ったホール数の勝負ですので、途中でいくつ叩こうが関係がありません。相手のバーディーに対してパーで負けようがダブルボギーで負けようが1ホールの負け、という記録になるだけです。
途中相手に対して1ホール勝っている状態を1UP(ワンアップ)、2ホールなら2UPという言い方をし、負けている場合は逆に1DOWN(ワンダウン)、2DOWNといった言い方をします。
18ホールでアップしたほうが勝ちになるルールですので、18ホールに到達する前に決着がつくケースも少なくありません。
例えば、17番ホールまでで2UPしていた場合は18番ホールの結果に関わらず勝利が確定しますので、18番ホールはプレイしません。
2アップで1ホール残して勝利が確定した場合「2and1」での勝ち、という言い方をします。16番で3UPした場合は「3and2」となります。
したがって18番までプレイするのは17番まででどちらかが1UPの状態、またはイーブンの時だけということになります。

マッチプレイ独特のルール

マッチプレイの場合、ストロークプレイには無い独自のルールがあります。
それがコンシードと呼ばれるルールです。
ちょっと面倒くさい言い方をすると、プレイヤーは相手の次のストローク、ホール、マッチをコンシードでき、コンシードされたストロークで相手は終了となるということなのですが、一般に目にするのは簡単に言えば「OKパット」みたいなものです。
相手のバーディーパットがカップの縁で止まって、もう次で必ず入るとなったらコンシードします。この場合相手のスコアは当然パーです。
その他相手のティーショットがフェアウェイど真ん中で、自分がOBだったような場合、そのホールをギブアップするためにコンシードすることもあります。

マッチプレイはどんな時におこなわれるのか

マッチプレイというのは、純粋に目の前の相手との勝負をするプレイ方法ですので、普段プレイすることはほとんどありませんね。
プロでも多くの大会はストロークプレイで行われます。
当然ストロークプレイのほうが多くの選手が参加できますので、マッチプレイの大会は多くはありません。
マッチプレイは、むしろアマチュアの試合の方で多く行われています。
身近なところでは、メンバー制のゴルフ場で毎年おこなわれるクラブチャンピオンを決める試合などはマッチプレイで行われるのが一般的です。

まとめ

マッチプレイはストロークプレイとは違った駆け引きがおこなわれます。
例えば、相手より先に2打目を打ってグリーンに乗せて相手にプレッシャーをかけたいためにティーショットはわざと距離を抑えるなどといったこともあります。
それだけコクがあるゲームともいえますが、やはりシングルクラスの力が無いとできない形式でもあります。
プレイする機会は無いかもしれませんが、テレビで見ることがあったら今回の記事を思い出しながら観戦してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場の食事は、スキー場と並んで高くてイマイチと思っている人はいませんか?! 実は今、食事に力を入れているゴルフ場が増えてきているんです! 美味しい食事と楽しいゴルフ、両方を楽しめるゴルフ場をご紹介 …

2017/12/27|ゴルフウィズ編集部

<房総カントリークラブ>雄大な自然に抱かれる!PGAツアーも!

<房総カントリークラブ>雄大な自然に抱かれる!PGAツアーも!

房総半島は千葉県にあり、東京湾と太平洋に囲まれています。房総カントリークラブは、海から少し入ったところで、近くをいすみ鉄道が走っています。この辺りは、年間を通じて温暖で、春が来るのも関東で一番早いエリ …

2018/01/25|ゴルフウィズ編集部

意外と簡単に始められる!?ゴルフを始めたいあなたへ。

意外と簡単に始められる!?ゴルフを始めたいあなたへ。

鋭く振り抜かれたクラブが風を切る音、空を切り裂くように飛んでいくボール、そして、プレイヤーの真剣な表情。ゴルフは見ているだけでかっこいいスポーツです。 しかし、敷居が高いと感じてしまって、なかなか始め …

2017/11/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

ゴルフ場にやさしいプレーヤーになろう!紳士淑女に必要な配慮とは?

私たちゴルファーにとって、無くてはならないゴルフ場。 しかし、ゴルファーの中には“お客様は神様です”神話をいつまでも引きずっている人も少なくありません。 ゴルフ場あってこそのゴルファーということを、忘 …

2017/12/31|ゴルフウィズ編集部

コースデビューはいつ頃?はじめてのコース選び

コースデビューはいつ頃?はじめてのコース選び

ゴルフをはじめて、ある程度練習場で打てるようになると、いよいよコースデビューです。 しかし、デビューの時期やコース選びを間違えてしまうとせっかくのコースデビューがつまらないものになってしまいます。 今 …

2019/05/24|ゴルフウィズ編集部

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

念願のゴルフコースデビュー。大自然の中で思いっきりショットを打つのは快感ですよ。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?そこで聞きたいのですが、必要なものは用意できましたか? 実はゴルフには、持 …

2017/10/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフが上手く見えるかも!?練習場で使えるアイテムとは?

ゴルフが上手く見えるかも!?練習場で使えるアイテムとは?

ゴルフの練習場への持ち物は、クラブやシューズだけですか? ゴルフ練習場では、目的に合った練習アイテムの使用もおすすめ。 持っているだけで、なんとなく上手く見えてしまう練習場で使えるアイテムをご紹介しま …

2017/12/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフでショートホールを回る際気をつけるべきことは?

ゴルフコースを回ると必ずショートホールに出くわします。大きさは長くても200ヤードほどのコースです。1打目からグリーンオンが狙いやすく、チャンスが生まれやすいコースでもあるので、慎重にプレイしたいです …

2017/09/02|ゴルフウィズ編集部

<坂東ゴルフクラブ>フラットで広いフェアウェイが爽快感抜群

<坂東ゴルフクラブ>フラットで広いフェアウェイが爽快感抜群

坂東ゴルフクラブは、ゴルファーのわがままを実現してくれるクラブと言ったら言い過ぎでしょうか。インターから近く、フェアウェイが広く、アップダウンもなく、カートをフェアウェイに乗り入れることができます。そ …

2018/01/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ大好きなので1人でもプレイできるゴルフ場

ゴルフ大好きなので1人でもプレイできるゴルフ場

技術の差とかゴルフに使う趣味の予算など、人それぞれ違いますので、いつも何人かラウンドする友人を集めるのは、実際難しいでしょう。1人で予約できるのであれば、当日初めて会う人ではありますが、組になってコー …

2018/12/17|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ