もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

夏の強い紫外線を防ぐUVカットアイテム

2018/07/06|ゴルフウィズ編集部

紫外線の影響があると目が悪くなりますし、皮膚が日焼けにより皮膚病になるかもしれません。UVカットアイテムを使用すれば、熱中症や脱水症状を、軽減するにも役立ちます。UVカットアイテムで、上手く防ぎます。

紫外線を防ぐキャップは基本アイテム

真夏は紫外線が強いので、UVカットクリームなどを肌に塗り、なるべく日に焼けないようにするのが、基本の防ぐ方法です。これに紫外線を防ぐアイテムを、プラスして使用することで、よりUVカット効果を高めることができます。中でもキャップは、頭の真上に直接降り注ぐ紫外線を、防ぐためのアイテムです。真夏は頭もかなり汗をかくため、夏用のキャップを選ぶといいでしょう。

メッシュになっていて風通しがいいものや、汗を吸収できるドライタイプの素材で作られている帽子です。汗で蒸れたりベタつくと気持ちが悪いので、UVカット効果と合わせて、選ぶといい機能です。その他には、熱中症になるのを防ぐ効果もあります。又、キャップをかぶることで、他の人の打ったボールが、飛んできて頭に当たり、怪我をするなどを防ぐ役目もしてくれます。

サングラスを使用して紫外線より目を守る

ファッション性が高いサングラスなので、格好いいのでかけているという人もいますが、強い紫外線より目を守るのに、最適なアイテムです。1つ持っていれば、自動車の運転中や日常でも、使用すればいいアイテムなので、あると便利でしょう。レンズの色は濃いと、グリーンやボールがうまく見えず、ショットやパタープレーなどの、妨げになるかもしれません。

なのでレンズの色は、薄い色がついているサングラスがおススメです。帽子をかぶりますと、目の辺りが日陰になりますので、薄い色のレンズの方が暗くなりすぎず、ゴルフコースもよく見えます。紫外線カット効果が高いサングラスを、選ぶ基準はレンズの色と言うより、紫外線透過率になります。紫外線透過率1.0%以下のサングラスであれば、紫外線を99%以上カットします。

なので、ゴルフをプレーするのに最適な、サングラスを選ぶ際には、レンズの色が薄くて紫外線透過率1.0%以下の、商品を選ぶといいでしょう。紫外線を直接目に浴び続けますと、白内障・黄斑変性症・角膜炎などの病気になりますので、サングラスを上手く利用して、目の病気になるリスクを減らしましょう。

腕の日焼けが気になる人はアームカバーでUVカット

半袖のポロシャツなどを着ていると、腕の部分は直射日光が降り注ぎます。UVカットクリームを塗っても、日焼けが心配な人は、アームカバーでUVカットするといいでしょう。着用したり外したりが、手軽でいいですし、UVカット機能にプラスして、接触冷感機能があるアイテムもあるので、クール感も得られて快適にラウンドできます。

プレー中もUVカットしたい人には、腕にフィットするタイプのアームカバーを。歩いている間だけUVカットしたい人は、緩めのタイプのアームカバーが重宝します。日常では、自動車や自転車の運転中や、ウォーキングの際などにも利用でき、あると便利なアイテムです。

まとめ

UVカットアイテムの中でも、キャップやサングラス、アームカバーは出番が多いアイテムです。これ以外にも、UVカットパラソルやサンバイザーなどありますので、自分に合うものをチョイスして、紫外線対策しながらラウンドしましょう。接触冷感の機能もあれば、ほどよく体を冷やして、快適にプレーできます。晴れの日だけでなく、曇りの日や雨の日も、夏は紫外線が多いので、身に着けていると安心感があります。目の病気や皮膚病などにならないよう防ぎます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

大事なのは発想の転換!考え方を変えるだけで100は切れる

大事なのは発想の転換!考え方を変えるだけで100は切れる

00切りできれば一人前。そんな言葉もあるくらい初心者の方にとって100切りはひとつの大きな目標といえるのではないでしょうか。 しかし、何年やっても100が切れないという方も少なくありません。 十分練習 …

2019/06/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブの綺麗をキープ!簡単お手入れと保管する場所は

ゴルフクラブの綺麗をキープ!簡単お手入れと保管する場所は

ゴルフに限らず、一流のプレーヤーは道具をとても大事にしています! 彼らは、道具を大切に扱うことがプレーに役立つことがわかっているからですね。 ゴルフクラブであれば、その寿命を延ばし性能を最大限に発揮さ …

2019/11/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ雑学「コンドル」とは?接待にも役立つ豆知識

ゴルフ雑学「コンドル」とは?接待にも役立つ豆知識

ゴルフの打数には鳥の名称がついていますので、「コンドル」を説明することで何故鳥の名称がつけられているのか、理解もできて楽しい雰囲気でゴルフをラウンドできるといいです。めったに達成できない記録なので、知 …

2019/04/12|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中の飲酒ってありですか?

ラウンド中の飲酒ってありですか?

あなたはゴルフラウンドをする時に、お酒を飲みますか? もし、車を運転してゴルフ場へ来ているなら絶対飲酒はするべきではありません。 リラックス効果が見込めるとも言われる飲酒ゴルフ、実際の所はどうなのでし …

2018/01/07|ゴルフウィズ編集部

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

プレー直後のケアが分かれ道!?ニットのゴルフウェアのケア方法!

屋外で行うスポーツだからこそ、防寒のために暖かい服装をするのは、とっても重要です。冬の定番であるニットは、セーターであったりカーディガンだったり、または帽子だったりと幅広くアイテムとして使われています …

2018/12/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを回る手段は2つあります。カートを利用するか、歩きで回るかです。基本的にはカートを利用する方が多いです。しかし、プロの試合を観てみると、ほとんどが歩きで回っています。 私は高校時代にゴルフ …

2017/08/30|ゴルフウィズ編集部

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

汗ばむ季節に向けてゴルフプレイの脱水症対策

暑くなりますと脱水症で、突然倒れてしまう人もいます。誰でも自分が倒れるなんて思っていませんが、ゴルフコースは交通不便な自然の中に作られていると、救急車もすぐ到着しません。自分で行う脱水症対策が必要です …

2019/03/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースにいる昆虫と対策グッズ

ゴルフコースにいる昆虫と対策グッズ

ゴルフコースは自然の中でスポーツするのが、気分がリフレッシュできていいですが、春から秋までの季節は昆虫が活発になる時期で、刺されたりしますとプレイに集中できません。対策をして虫刺されを防ぐといいでしょ …

2019/06/25|ゴルフウィズ編集部

<成田ヒルズカントリークラブ>飽きることのない美しくタフなコース

<成田ヒルズカントリークラブ>飽きることのない美しくタフなコース

成田空港の近くにあり、都心からのアクセスは抜群です。その割には飛行機の音もほとんどなく、航空機の姿も見えず、むしろ閑静と言えるほどです。ここの特徴は、まずはピート・ダイの設計による戦略性の高さでしょう …

2018/01/21|ゴルフウィズ編集部

冬のゴルフは難しい?

冬のゴルフは難しい?

雪でクローズなどにならなければゴルフは1年を通して楽しめるスポーツです。ですが、冬場のゴルフは難しいという話を聞いたことはありませんか? そう冬場のゴルフは実際に難しいのです。では、なにが難しいのでし …

2019/12/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ