もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

冬のゴルフは難しい?

2019/12/25|ゴルフウィズ編集部

雪でクローズなどにならなければゴルフは1年を通して楽しめるスポーツです。ですが、冬場のゴルフは難しいという話を聞いたことはありませんか?
そう冬場のゴルフは実際に難しいのです。では、なにが難しいのでしょうか?
今回はそんな冬場のゴルフのお話です。

ボールが飛ばない

冬場というのは暖かい時期に比べて飛距離が落ちてしまいます。
まず第一に体がうまく動きません。特にアマチュアのゴルフの場合スタート前の練習もあまり時間をかけられませんし、コースが混んでいると毎ホール待ちになってしまいどうしても体が冷えてしまいます。
特にバックスイングが浅くなりがちですので、どうしても飛距離は落ちてしまいます。
また気温が低いということは空気の密度が高いということになりますので、ボールに対する抵抗が大きくなり飛距離が削がれます。
ただし、冬場の方がフェアウェイでランが多く出ますので球質や地形によってはドライバーなどは夏場より飛ぶ場合もあります。

フェアウェイからのショットが難しい

冬場のゴルフが難しいもっとも大きな理由はこれかもしれません。
5月などトップシーズンであれば、フェアウェイの芝は生えそろっているのでボールが地面から浮いています。まるでティーアップしているかのような状態から打てますので多少のミスでもボールが上がってくれます。
しかし冬場は芝が枯れてしまっているのでベアグランドに近い状態から打たなければならないことも少なくありません。少しでもダフるとソールがすべらずに地面に刺さってしまいます。それを意識しすぎるとトップやチョロが出ます。心理的にも暖かい時期よりもプレッシャーがかかりますので、更にミスが出やすくなってしまます。
逆にラフは夏場より易しいといえます。フェアウェイの芝が枯れているということはラフの芝も枯れているということですので、ラフが浅くあまりショットに影響を及ぼしません。ラフもフェアウェイのうち、くらいの気持ちになれれば冬場のドライバーショットはずいぶん気持ちが楽になるのではないかと思います。

グリーンも難しい

なんだか大変ですが、フェアウェイだけでなくグリーンでも注意しなければならないことがあります。
まず冬場の早い時間のスタートの場合ですが、グリーンが凍っていることがあります。凍ってしまっているとアイアンで打った球が跳ねてしまいます。ひどい時はまるでコンクリートの上に落ちたようにコーンと跳ねてしまいます。特に吹きさらしになっているようなグリーンは凍りやすいです。これはもう手前からコロコロといくしかありませんね。
さらに、パッティングの時にも注意点がいくつかあります。
まずは手の感覚。冷えてしまっているとフルスイングのショットではそれほど影響が無くても微妙な距離感を出さなければならないアプローチやパッティングには影響が出ます。特にグローブをしない右手は冷えますので対策をしておきましょう。
また、スタートから時間が経ち凍っていたグリーンの氷が解け始めるとグリーンが水分を含み速さが変わってきます。1番ホールと18番ホールではぜんぜん速さが違うなどということもあります。

集中が難しい

寒い中で風が吹きつけてきたりすると、なかなかアドレスで集中するのが難しくなります。どうしても早く打ってしまいたくなりますので、リズムが狂いがちです。パッティングなどでも集中力が欠如しがちですので、この点は気を付けたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?結構大変、と思われたかもしれません。冬場はまず防寒をしっかりすること。これが基本です。体が冷えているとケガの原因にもなります。
ショットについては暖かい時期のような完璧を求めずに大き目の番手をもち、さらにランを多く使うようなイメージでショットすると良いでしょう。
スコアにはなりにくい時期ではありますが、冬場は料金も安いですし練習のつもりで行くのも良いのではないかと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

体が硬いからと諦めないで!ゴルフは自分に合ったスイングで

体が硬いからと諦めないで!ゴルフは自分に合ったスイングで

体の硬い方がゴルフのスイングを練習しようとすると、無理な体勢になりませんか? 体が柔らかい人がゴルフに向いていて、自分は向いていない?などと頭をよぎってしまいますよね! ゴルフは様々な要因でスコアが成 …

2020/01/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

ゴルフで今すぐやってみたい飛距離アップの裏ワザをご紹介!

ゴルフで飛距離アップを簡単にできる方法はあるのでしょうか。 クラブを変える、スイングを変えるなど王道の方法ももちろんありますが、それは簡単ではないですね。 ここでは労せずに飛ぶと噂される飛距離アップの …

2021/08/26|ゴルフウィズ編集部

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ティーアップの高さはどれぐらいがベスト?

ドライバーショットでは、地面に直接ゴルフボールを置いて、ショットしてもいいですし、ティーアップしてショットしてもいいですが、高さをどれぐらいにすれば、飛距離が出るショットになるのでしょうか?疑問を解説 …

2019/05/16|ゴルフウィズ編集部

ホールインワン保険は入っておくべき?

ホールインワン保険は入っておくべき?

ゴルフを一緒に楽しむ人が多いのであれば、ホールインワン保険が出る確率も低くないので、入っておくのもいいかもしれません。仲間にセミプロに近い上手な人がいれば、ホールインワンプレイが出る可能性もあります。 …

2019/02/04|ゴルフウィズ編集部

女性へのプレゼントに人気があるゴルフクラブ

女性へのプレゼントに人気があるゴルフクラブ

プレゼントに最適なゴルフクラブは、短い距離のショットで使用場面が多い、ウェッジがおススメです。これからゴルフを始める人にも、現在ゴルフを趣味にしている人にも、プレゼントとして、どちらにも最適な贈り物で …

2019/01/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場関係者が嘆くプレイヤーのマナー違反は

ゴルフ場関係者が嘆くプレイヤーのマナー違反は

最近はセルフプレーが主体となっており、ゴルフ場の料金もずいぶんと安くなってきました。一人予約なども充実してきていてゴルフをする環境は昔よりもずっと身近になってきたと思います。しかし、それに伴ってゴルフ …

2020/10/21|ゴルフウィズ編集部

汚れたゴルフシューズのお手入れ方法

汚れたゴルフシューズのお手入れ方法

ゴルフシューズと一言で言っても、素材が様々ありますので、素材によってお手入れ方法が違います。自分が使用しているゴルフシューズの素材を確認して、最適なお手入れ方法により、いつでも新品に近い状態にできると …

2019/06/26|ゴルフウィズ編集部

イメージトレーニングに最適!家庭用ゴルフゲーム

イメージトレーニングに最適!家庭用ゴルフゲーム

ゴルフコースをラウンドした人も、まだコースデビューをしていない人も、コースをリアルに再現してあるゲームなので、ゲームですが勉強になります。この場面で使用する番手はこれがいいなど、イメージトレーニングに …

2018/12/13|ゴルフウィズ編集部

世界を驚かせた大谷翔平選手の飛ばしはゴルフでも参考になる!

世界を驚かせた大谷翔平選手の飛ばしはゴルフでも参考になる!

二刀流での活躍だけでなく、特大ホームランを量産して世界を驚かせている大谷翔平選手。 彼のバットの振りを見るとゴルフに通じるものがたくさんありそうですね! 特に、どうしたらあんなに飛ばすことができるのか …

2021/11/04|ゴルフウィズ編集部

ラウンドの時スマホ1台あればこんなに便利!

ラウンドの時スマホ1台あればこんなに便利!

ラウンドの時にコースにスマホを持ち込む方は多いですね。多くの方はインスタ用の写真を撮影したり、中にはラウンド中でもお仕事のメールやLINEを確認されている方もいらっしゃるようです。しかしそういった使い …

2021/05/20|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ