もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフで痛めやすい身体の箇所はどこ?

2020/12/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは運動としては激しい動きが少なく、いくつになっても楽しめる、いわば生涯スポーツではあります。しかし、ある程度スイングを整えようと練習を積んでいくと身体を痛めてしまうことが少なくありません。普段ほとんど運動をすることが無く、たまの休みを楽しみたい社会人ゴルファーさんなどは特に身体を痛める危険性がありますので、この記事を参考にしていただき、ぜひ予防に努めてください。

左手親指

初心者の方にはあまり多くありませんが、中級以上の方からプロゴルファーまで非常に痛めやすい箇所が左手の親指です。
痛みは親指の付け根のあたりに発症することが多く、かなり強い痛みになることがあります。
トップオブスイングからインパクトにかけて、強めのコックが維持された状態でクラブが振り降ろされたときに、遠心力で強い力が左手の親指にかかることが原因です。初心者の方はあまりダウンスイングでタメが出来ずに早くコックがほどけてしまい、いわゆるアーリーリリースになってしまうため、痛める確率は高くはありませんが練習量の多い方などは注意が必要です。
痛めた場合は、無理をせず早めにお医者様を受診すべきです。慢性化してしまうと治すのは大変で、この親指の痛みが原因で、グリップをベースボールグリップに変更する方もいらっしゃいます。ベースボールグリップであれば親指はグリップの上に来ずに他の指と同様にグリップを握りこみますので、負担はかかりません。
しかし、グリップを変えるというのは、ゴルフをイチから覚えなおすくらい大変です。特にアプローチの感覚を掴むのは時間がかかりますので、普段から予防に努めましょう。
少し痛みがあるなという段階で休むのが本来は一番良いのですが、そうもいかない事情がある場合は、練習前にテーピングをするようにすると良いでしょう。
細めのスポーツテーピング用のテープをドラッグストアなどで入手していただき、親指の付け根から第二関節の両側を包むようにクロスして貼ります。また親指に縦に1本テープを追加すると良いでしょう。詳しくはネットで検索していただけばいろいろな貼り方が見つかると思います。いずれにせよ、簡単に考えていると重症化しやすい箇所ですので充分注意してください。

背中

背中も非常に痛める危険性の高い場所といえます。ゴルフクラブを速く振ろうとした場合、トップからは背筋でクラブを引き下ろすことになりますので、負担はかなりかかります。
デスクワークやパソコン作業が多い仕事の場合、どうしても背筋、特に肩甲骨の内側の柔軟性はかけてきます。姿勢が良い方であればまだしも、やや猫背気味にデスクワークしている筆者のような場合は肩甲骨が開いた状態で身体が凝り固まってしまっているため、スイングをしたときに痛める危険が高くなってしまいます。
普段から姿勢を正す、肩甲骨周りの柔軟性を確保するなどを心がけておきましょう。

腰を痛めてしまうと、普段の生活にも非常に支障が出てしまいますし、重症化すると歩くことも辛くなってしまいます。
特に重いものを持ったわけでなくても、ゴルフのスイングでギックリ腰を発症してしまうことがあるので油断は禁物です。
特に一昔前にスタンダードとされていた逆C型フィニッシュをとるスイングの場合、腰の周りに非常に負担がかかってしまいます。なるべくアドレス時の腰の前傾角度を変えずにフィニッシュでき、逆Cにならずまっすぐ立てるようなスイングのほうが負担は少なくなりますので、可能であればそのようなスイングを心がけると良いでしょう。

セルフプレーで乗用カートを使うことが多い最近では、かつての歩きのラウンドよりは負担は減っていると思いますが、それでも普段特に運動をしていない方にとっては脚への負担は少なくありません。特に山岳コースや丘陵コースで球を曲げてしまうと、坂を登ったり下ったりを繰り返すはめになるので負担は想像以上です。
そしてスイングの時にはかなりの力で身体が流れないようにスイングを支えますので、運動不足の脚は悲鳴をあげてしまいます。
筋肉系のトラブルは比較的起きにくい箇所ではありますが、膝の裏の筋などに影響が強く出ますのであまり軽く考えないほうが良いでしょう。

まとめ

ゴルフは激しい運動ではありませんので、どうしても身体の負担を軽く考えてしまいがちです。しかし、油断すると大きな怪我に繋がりかねませんので必ず十分な準備運動をしてプレーに臨むようにしてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフクラブお手入れの仕方

ゴルフクラブお手入れの仕方

お手入れ用品はお金もかからないので、打ちっぱなしの練習をした後や、ラウンドした後すぐ綺麗にすることを、習慣づけて行います。日付が経過しますと、汚れが落ちなくなるかもしれません。早めのお手入れを心掛けま …

2018/11/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールの行方が見えない!?視力回復でスコアアップ!

ゴルフボールの行方が見えない!?視力回復でスコアアップ!

ゴルフでナイスショットの手応えを感じたのに、自分の眼で追え なったような気がする。 テレワークやスマートフォンの利用時間が増えたことで眼の不調は若い世代にまで及んでいます。 そこで視力の衰えを「こんな …

2020/09/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

スィングフォームにすでに癖がついているので、改善が難しいと思うかもしれませんが、ご紹介の改善方法を実践すれば、ミスショットを少なくすることができます。ゴルフボールをショットする際の姿勢を改善しましょう …

2019/04/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の理想のスイングと練習法

ゴルフ初心者の理想のスイングと練習法

ゴルフスイングの流れ テレビのゴルフ番組を観ていると、プロゴルファーのスイングがコマ切れで映されることがあります。一度よく注目してみてください。観察してみると、クラブのフェイスが球に当たるよりも先に左 …

2017/10/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでコースを回る際やっては行けないマナー違反は?

ゴルフでコースを回る際やっては行けないマナー違反は?

ゴルフとは紳士のスポーツです。そのため、ルールを守る以上に、マナーを守ることも大切とされています。 それほど、マナーはゴルフにとって大きな意味を持ちます。プレー中のマナー、そして来る際の格好も指定され …

2017/09/01|ゴルフウィズ編集部

みんなの憧れ?シングルプレイヤーってどんな人?

みんなの憧れ?シングルプレイヤーってどんな人?

ゴルフの超上級者の代名詞「シングル」これはハンディキャップが一桁のゴルファーのことを指します。プラスハンデというのもありますが、それを除けばハンデ0から9までの人たちです。一般のアマチュアにはなかなか …

2019/09/11|ゴルフウィズ編集部

上達して仲間も出来る!女性にオススメなゴルフスクールの選び方

上達して仲間も出来る!女性にオススメなゴルフスクールの選び方

みなさんはゴルフスクールはご存知ですか? 練習場へ行くと何人かが先生に教わっているのを見たことがあると思います。 もし練習していてもなかなか上達しない、と感じている人にはとてもオススメです。 やはり教 …

2018/06/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

ゴルフは脳を活性化できる最適なスポーツ

脳とは言ってもいろんな部位に分かれていますが、特に前頭連合野を鍛えることが、脳を活性化させるポイントです。ゴルフも上手くなり、頭も良くなりますので、役立つスポーツの種類と言えますし、いつでも実践できま …

2019/05/15|ゴルフウィズ編集部

もしゴルフでOBをしてしまったら?OB後にやることを説明

もしゴルフでOBをしてしまったら?OB後にやることを説明

ゴルフにミスはつきものです。ドライバーを思いっきり振ったらOBになることはよくあります。OBになるとペナルティーが加算され、スコアに大きく影響してくるため、落ち込んでしまいます。OB自体は残念なことな …

2017/09/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで痛めやすいのは

ゴルフで痛めやすいのは

ゴルフはスポーツの中では激しい動きなどがなく身体への負担が低いものではあります。しかし、それでも常に一定の場所に負荷がかかりますので油断をしていると身体を痛めてしまいます。初心者の方ですと筋肉痛などに …

2020/06/30|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ