もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

スコアにこだわり過ぎないでゴルフを楽しもう

2021/08/30|ゴルフウィズ編集部

最近は若い人でゴルフを始める方も増え、ブームの兆しが見えていますね。
動画サイトなどでもゴルフに関連する動画が多数あがっていますが、そのほとんどが技術的な解説動画です。

確かにゴルフは初心者には難しく、はじめはなかなかうまく打てないものですし、ましてやコースとなるとそこそこ打つのは大変です。
しかしあまりにも技術面にフォーカスしすぎてスコアにこだわりすぎるとややもするとゴルフが苦しくなってしまうかもしれません。
今回は少しそんなお話をしてみたいと思います。

100切りできる人は30%くらい

初心者向けの記事などには必ずと言って良いほど「100切り」という文言が出てきます。ゴルフをはじめたからには100は切りたい、100が切れれば初心者卒業という概念が出来上がっている感じもしますが、とある調査によると全ゴルファーのうち100が切れる人の割合というのは30%程度ということです。
つまり大多数の人が100は切れていないことになります。

100が切れれば1人前といった風潮もあるようですが、そうすると70%のゴルファーは「半人前」のままということにもなります。
アスリートゴルファーや競技を目指す人を除いた一般ゴルファーだけで考えればその比率はもっと上がるでしょう。
仕事をしながら余暇を楽しむ趣味で、大多数の人が到達できない目標に達しないと半人前というのはそもそもおかしな話です。

もちろん上手く打てれば楽しいですし、少しでも上手くなりたいと考え少しづつでも達成できたことの喜びを感じるのはゴルフの大きな楽しみのひとつですが、それはあくまでも楽しみの「ひとつ」です。
にも関わらずあまりにも技術的な上達にこだわってしまうとゴルフそのものが少しつまらないものになってしまう危険もあります。

上級者至上主義の日本のゴルフ

ゴルフ業界にいた筆者が感じていたことですが、日本のゴルフを取り巻く環境はかつて上級者至上主義的なムードがありました。
簡単にいえば上手いひとはエライ人なのです。
少し極端な言い方をすれば上手い人は優越感を感じ下手な人は少し卑屈になるような環境がありました。

それはクラブに対する考え方にも反映されていました。難しいクラブを使う人は上手い人でエライのです。一昔前は簡単な上がりやすいアイアンやスポットの広い大型のドライバーを使うことは上級者にあるまじき行為で「恥ずかしいこと」とされていました。
いまではそんなことはありませんが、それは合理的な考え方でゴルフをするアメリカのプロが簡単なクラブを使ったからだんだんと変わっていっただけです。その名残は今でも残っています。その証拠にドライバーのロフト12度なんてクラブは売れないのでメーカーは出しません。多くのアマチュアはそのほうが打ちやすいのに、です。ですので12度のロフトのクラブに10.5度と刻印を打って販売したりしています。

スコアだけがゴルフじゃない

ゴルフにはハンデキャップというものがあります。なぜかハンデキャップは上手い人と下手な人を区分けするもののような感じがありますが、本来はどんな腕前の人も一緒に楽しむために設けられているものです。
最近はゴルフ業界も少しだけ変わってきて、若いゴルファー向けにウェアに力を入れたり会員権を買わずともほとんどのゴルフ場でプレーができるようになっています。
プレーフィーもかつての半額以下になりセルフプレーが主体になっています。
もちろんスロープレー問題やメンテナンス上のマナーの問題などがあるのですべてそれが正しいとは言いませんが、1日広大な緑の中で過ごせて仲間とワイワイやりながら過ごす時間というのは代えがたいものがあるはずです。大人になるとそうそう自然の中で1日過ごす遊びはありませんしね。
ちょっとくらいミスしても崖下や池にボールを奉納しても良いではないですか。あまり目くじらたてずに楽しく過ごそうと考えてみるのは大事なことではないでしょうか。

まとめ

ゴルフを始めた以上上手くなりたいのは当たり前、筆者もそう思っています。
しかし、社会人のゴルフはある意味「遊び」なのですからもう少し肩の力を抜いてバランスを失わないようにしないとゴルフそのものがつまらなくなってしまいかねません。
スコア以外にも楽しむポイントはたくさんある、それがゴルフの素晴らしさでもあります。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

よく聞く「トップアマ」ってどんな人?その条件と練習方法は

よく聞く「トップアマ」ってどんな人?その条件と練習方法は

ゴルフでよく聞く「トップアマ」とはどのような人でしょうか。 とても上手で一般のゴルファーとはほど遠く思えますよね。 普通のゴルファーがなれるのかどうか、その練習内容や条件も気になります。 ゴルフの上手 …

2020/08/18|ゴルフウィズ編集部

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

快適にラウンドするためにキャディーさんを活用

キャディーをつけてラウンドすると、今まで自己判断で気付くことができなかった、戦略方法やコースの状態など、答えを教えてもらうように、良く理解できるのでおススメです。有名選手のノウハウも知っているので、上 …

2018/10/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブの綺麗をキープ!簡単お手入れと保管する場所は

ゴルフクラブの綺麗をキープ!簡単お手入れと保管する場所は

ゴルフに限らず、一流のプレーヤーは道具をとても大事にしています! 彼らは、道具を大切に扱うことがプレーに役立つことがわかっているからですね。 ゴルフクラブであれば、その寿命を延ばし性能を最大限に発揮さ …

2019/11/18|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ドライバーのリシャフトをしてみたいけど自分で出来るの!?

ゴルファーの中には、ドライバーでもっと真っ直ぐ、そして飛距離を出すためにリシャフトを検討する方もいるでしょう。 工賃が高いのもあって、自分でリシャフトが出来るならば、やってみたいですよね。 そこで、気 …

2019/11/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで怪我をしやすいのはどこの部分?その予防法を考える

ゴルフで怪我をしやすいのはどこの部分?その予防法を考える

スポーツの中でも、ゴルフは年齢を重ねてもできるというイメージがありますね! 体に負担も少なく怪我もしづらい印象があります。 テニスやサッカーなどのようにダッシュしたり、バスケットボールのように人とぶつ …

2020/03/12|ゴルフウィズ編集部

コースデビュー!はじめてガイド

コースデビュー!はじめてガイド

最近はゴルフがブームになってきており、ゴルフをはじめる人が増えているそうです。ゴルフの場合ほかのレジャーと違って、いきなりコースに行くことはできません。ある程度練習を積んで、少し打てるようになってはじ …

2021/06/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフを始めよう!初心者ひとりで始めるゴルフ練習場のススメ!

ゴルフを始めよう!初心者ひとりで始めるゴルフ練習場のススメ!

ゴルフを始めたい!でも、何から始めれば?と悩んでいる人は、ゴルフ練習場へ足を運んでみるのがオススメ。 ゴルフ練習場では、初心者に優しいレンタルシステムや、レッスンを利用することが可能です。ゴルフ練習場 …

2017/09/12|ゴルフウィズ編集部

どこを鍛える?ゴルフ上達のための気軽に取り組める筋トレ

どこを鍛える?ゴルフ上達のための気軽に取り組める筋トレ

ゴルフで18ホール回るには、思った以上に体力を使いますよね! 余裕を持ってラウンドするために、筋トレを検討してみてください! 必要な筋肉を鍛えたなら、動きに無駄がなくなり疲れにくくなります。 その上、 …

2019/10/18|ゴルフウィズ編集部

まるで別天地!リゾート感溢れる関東のゴルフ場

まるで別天地!リゾート感溢れる関東のゴルフ場

ゴルフの魅力はたくさんありますが、広大な緑に囲まれた自然の中で1日が過ごせるのもその魅力のひとつでしょう。そんな中でも特にラグジュアリー感を強く演出したリゾートタイプのゴルフ場はまさに別天地!今回はそ …

2019/12/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフのスイングで意識するポイントは?

ゴルフでスイングを上手に行うことは良いスコアを出すには重要な点です。上手にスイングができれば、ゴルフボールにミートさせやすくなり、ショットが安定するようになります。ショットが安定すれば、狙った場所や方 …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ