もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフウェアのNGって結局何?マナーやドレスコードをまとめます!

2019/06/17|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアには様々な決まりがあります。「ちょっと面倒…」「オシャレができない!」とも言われていますが、最近ではいずれも決まりが緩くなりつつあります。

とは言ってもNGをおかしてしまうと「クラブハウスにプレーを断られる」「入場できない」という話もあり、シビアに感じられる部分です。
また知らずにいて、注意を受けてから気づく…ということもあるかもしれません。

そんなゴルフウェアのNG。つまりマナーやドレスコードについてまとめます!
ぜひチェックして、あらためて確認しておきましょう。

クラブハウスの服装NG

クラブハウスに出入りをする時には、ゴルフウェアなどはNGとされています。またデニムやTシャツ、サンダルなどラフな服装もNGです。
また露出が高いものも控えましょう。キャミソールやミニスカートなども注意が必要ですよ。

こんなにNGならば、何を着ることができるの?と疑問が飛んできそうですが、ちゃんと着ることができる服装はあります。
それは「ビジネスカジュアルの服装」です。

ジャケット着用(期間が定められていることもあります)で、襟付きのトップスにベルト。
女性の場合はピンヒールではない、パンプスが良いとされています。

知らずにクラブハウスに入ると、周りの人からの視線が気になってしまうかもしれませんね。

ですが、最近では緩い決まりとなっている場所も多くありますので、初めて行くゴルフ場の場合は公式サイトなどで確認しておくのがおすすめです。
もし可能ならば一緒に同行する人が、そのゴルフ場に行ったことがある人であれば、服装に関して相談するのがベストです。

なんとなくで向かってしまって、行ってみたら思ったよりも厳しい雰囲気で困った…というのは避けたいところです。
あらかじめチェックしておきましょう!

プレー中のゴルフウェアのNG

プレー中のゴルフウェアのNGは、Tシャツやデニムなどのラフなもの、スポーツにそぐわない服装です。また、トップスは襟付きのものです。
プレー中は相手との試合ですので、ユニフォームという意味合いもあってNGがあります。

また、ゴルフウェアの着崩しにも気をつけましょう。基本的にトップスは裾を入れて、ベルトを着用します。ボタン類などもしっかり留めます。

またクラブハウスと同様に、露出にも注意が必要です。スカートの場合にはストッキングをお忘れなく。下着が見えないようにスコートを着用します。

ちょっと微妙なのがワンピースです。一部の厳しいゴルフ場ではワンピース自体が難しいこともありますので、気をつけましょう。
またワンピースの場合、ベルトは着用しなくても問題ありません。

ストッキングは、虫や葉っぱなどの切り傷から守るものでもあります。UVカットができるタイプもありますので、マナーの観点ではなくとも着用しておきたいアイテムです。

また帽子は紫外線をカットし、熱中症などの予防にもなるだけではありません。後続のプレーヤーに「人がいる」というのを、わかりやすくするためでもあります。
また女性であれば、かがんだ時に髪が邪魔してしまうのを防ぐこともできます。

このように、プレー中のゴルフウェアのNGは、実用性も伴う部分もある事柄が多くありますよ。

その他ゴルフウェアのNG

その他のついやってしまいがちな点としては「タオルを首や腰に引っかける」です。首から下げているのは、ラフな印象になってしまうのでやめておきましょう。

また決まりではありませんが、ゴルフウェアの柄で「迷彩柄」「ドクロ柄」などがあまり好ましいとされていません。
ゴルフブランドから出されているものもありますが、ゴルフ場の雰囲気によっては控えた方が無難です。

まとめ

諸説ありますがゴルフウェアのマナーやドレスコードは、相手を重んじることから始まっているとされています。
海外ではTシャツがOKということもありますが、NGを守ってプレーすること自体を楽しむのもまた醍醐味です。
ゴルフウェアだけに限らず尊敬の気持ちを持って、お互いに気持ちよく楽しくプレーしたいですね!

服装マナーをガチガチに守りすぎないに関することは以下の記事で詳しく紹介しています。こちらも併せてご覧になってみてください。

女子ゴルフウェアのマナーをチェック!ガチガチに守りすぎずに楽しむ!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

初心者必見!ゴルフ中に他人が打っている際のマナーとは?

初心者必見!ゴルフ中に他人が打っている際のマナーとは?

ゴルフにはさまざまなマナーが存在します。その中でついつい意識し忘れてしまうのが、他人が打っている際のマナーです。というのもゴルフコースを知り合いと回っていると、気が抜けてしまうからです。そして、気がつ …

2017/10/15|ゴルフウィズ編集部

夏だからこそ着たい機能性インナー!でもそのマナーとは?

夏だからこそ着たい機能性インナー!でもそのマナーとは?

プレーしやすい春先などのゴルフも良いですが、暑い夏に行うゴルフは一味違った良さがあります。また、暑さと言う状況があるからこそ自分の経験値を上げる事ができますし、他の季節には無い対応が必要になります。 …

2018/06/26|ゴルフウィズ編集部

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

念願のゴルフコースデビュー。大自然の中で思いっきりショットを打つのは快感ですよ。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?そこで聞きたいのですが、必要なものは用意できましたか? 実はゴルフには、持 …

2017/10/21|ゴルフウィズ編集部

2打罰でバンカーの外に! 2019年のゴルフ新ルールを上手く活用しよう

2打罰でバンカーの外に! 2019年のゴルフ新ルールを上手く活用しよう

バンカーショットが苦手なゴルファーにとっては、自分のボールがバンカーに入っているのを見るとなんとも憂鬱な気持ちになっちゃいますよね。「はぁ…うまく出せるかなぁ…」といったショットに対する不安だけでなく …

2019/07/08|ゴルフウィズ編集部

初めてのゴルフデビューに役立つ!レディースウェア準備完全ガイド!

初めてのゴルフデビューに役立つ!レディースウェア準備完全ガイド!

どんなに上手い方であっても、その昔にはゴルフデビューの時があったかと思います。その時には不安な事などもあったかもしれません。特に服装に関しても決まりやマナーが多くあるのがゴルフの特徴でもあります。 そ …

2018/11/26|ゴルフウィズ編集部

名門コースでのファッションマナーを事前に理解しておこう!

名門コースでのファッションマナーを事前に理解しておこう!

ゴルファーにとって憧れである、名門コース。 TPOに合わせて、コースを選ぶ人も増えています。 以前は接待専門だったゴルフ場も、ビジター客を歓迎してくれるようになってきています。 今回は名門コースを訪れ …

2017/11/12|ゴルフウィズ編集部

練習場での女性の服装マナーとおすすめは?行く前に確認しちゃいましょう!

練習場での女性の服装マナーとおすすめは?行く前に確認しちゃいましょう!

ゴルフのコースに出る前に、自分の腕前を磨いておきたい!そのためにゴルフ練習場や打ちっ放しに出かけると言う方も多くいます。いきなりコースに出て、思うような成果を出せると言う方はほとんどいません。地道な練 …

2018/06/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

ゴルフボールをドロップする際の守るべきルールは?

カート道にゴルフボールが入ってしまう、ゴルフボールの目の前に障害物があるなどの理由で救済措置を行うことができます。救済する時は、ルールに従って、適切にゴルフボールをドロップしなければいけません。 もし …

2017/09/11|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ中に「ファー!」という声が聞こえたら注意することとは?

ゴルフ中に「ファー!」という声が聞こえたら注意することとは?

ゴルフ中に隣のコースから「ファー!」という声が聞こえてくることはよくあります。「ファー!」というタイミングはショットしたゴルフボールが、OBになってしまい隣のコースへ飛んでいってしまった時に言われます …

2017/09/15|ゴルフウィズ編集部

2019年からゴルフの2度打ちと自打球が無罰に!知らなきゃ損する新ルール

2019年からゴルフの2度打ちと自打球が無罰に!知らなきゃ損する新ルール

2018年まで適用されていた旧ルールでは、2度打ちと自打球は偶然であっても、有無を言わさずに1打のペナルティが課されていました。もし「納得いかないゴルフルールランキング」や「理不尽なゴルフルールランキ …

2019/07/10|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ