もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アプローチの打ち方を「効き目」で変えてみるとダフらない!

2021/08/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンド中、アプローチでどうもダフってばかり。
そのような経験がある方は効き目によるアプローチの打ち方を考えてみましょう。
効き目が右か左かでボールの見え方が違うので、打ち方も変えてみましょうということです。ご紹介しますので参考にしてみてください。

効き目で違うアプローチ

効き目によるアプローチの打ち方は2タイプ。

・ 体の回転で打つ打ち方
・ 手首を積極的に使う打ち方

効き目が右目ならボールを右から見るため体を回して、打球を追うようにルックアップしながら打つ動きが合います。
また効き目が左目ならボールを左側から見るので、頭を残しリストターンを使って打つ動きが向いています。

【効き目がわかるテスト】
そこで自分の効き目をチェックする方法をご紹介します。
両手の指先を合わせて作った三角形の真ん中に対象物を置いて、まずは両目で見ます。
そして次に片目ずつをつぶって見て、その時に両目と同じように見える方が効き目です。
距離測定器や望遠鏡を覗く目でもあります。

【効き目が右目なら顔を回しても】
右目が効き目だと、頭を残すとなんだか窮屈に感じて左に振りづらくなります。
無理に残すより、ルックアップしながらボディターンした方が動きやすいです。
その時フェースの開閉は少なめになります。
このタイプなら、フルショットでも体と顔を回してボディーターン主体で打ちます。

【効き目が左目なら頭を残す】
効き目が左目だと左からボールを見やすく頭を固定して打ちやすいです。
インパクト時点で頭が動かないのは、ボールを左目で見ているから。
なので頭を残してリリースする打ち方がマッチします。
軸が固定されるので確実にミートできます。

体のターンが少ない分手首が使いやすくなって、ルックアップに比べるとフェースの開閉は大きくなります。

自分の効き目とそれに合う打ち方がわかれば、アプローチショットでの凡ミスが減るのです。

効き目にあった打ち方をやってみる

そこでアプローチにおける効き目に合う打ち方をご紹介します。

【ミスしないグリップは効き目で違う】
右目が効き目でルックアップをするタイプなら、フックグリップが合います。
体を回して手首を使わない打ち方なので、フックに握ってフェースの向きを固定するのがベター。
この打ち方だとスピン量も安定して弾道が一定になりやすいです。
そしてボールの位置を真ん中か、やや右よりにして、構えをオープンにすると体を回しやすくなります。

一方、左目が効き目で頭を残すタイプだとスクエアグリップが合います。
ボールを左から見てリストワークでヘッドをターンさせるので、手首を動きやすくしておく必要があるからです。
頭を動かさずに打つので、やや左足体重にして左軸のイメージで構えてもOK。
壁を作りやすいクローズに立つのもアリです。

【効き目によるスイングのポイント】
右目が効き目のルックアップタイプはボールの下手投げのイメージで動きます。
腕と体を連動させ、目標方向を見ながらボールを投げるのと同じように、アプローチショットでも体を左に回し腕を連動させるのです。
結果的に下から上にクラブを振る格好になるので、弾道も高くなります。
距離のコントロールは振り幅で行います。

そして効き目が左目の頭を残すタイプの場合、手首を横に動かすヒンジコックを使います。
左手首を手のひら側に折りながら上げた後、頭を残すため左手首を甲側にリリースしてヘッドを走らせるのです。
左の壁をイメージして打つと良いでしょう。
フェースを開閉させようとアームローテーションを意識すると手打ちになりやすいので注意しましょう。

まとめ

ゴルフのアプローチでしっくりこない場合は、効き目に合う打ち方をしてみましょう。
これまでの常識だとルックアップはダメ、という感じでしたが、効き目が右ならルックアップが打ちやすいです。
一方効き目が左目ならこれまでの常識通り頭を残した方が打ちやすいです。

ルックアップなら、手前から滑らせてボールを打つ。頭を残すなら、左の壁をつくってクリーンに打つ練習をすると更に効果があります。
是非試してみてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。 ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね! ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中 …

2020/09/03|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/04/22|ゴルフウィズ編集部

一途な人ほどバンカーが苦手!?うまく切り抜ける方法はこれ

一途な人ほどバンカーが苦手!?うまく切り抜ける方法はこれ

ゴルフのバンカーショットのミスで、今までのリズムを崩してしまうことがあります。 よいスコアを出したいと思う一途な人ほどその傾向が多いのではないでしょうか。 ゴルファーにとって大きな課題となるバンカーシ …

2021/08/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフでメンタルテクニックが必要なのはその競技性から!

ゴルフはメンタルのスポーツとよく言われますね。 待ち時間が多くを占める、ゴルフならではの競技性がメンタルテクニックを求めています。 やることがないと人は余計なことを考えてしまいネガティブになることも。 …

2020/12/16|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/09/01|ゴルフウィズ編集部

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

ゴルフの現在のアイアンの主流とも言える「キャビティバック」。 外観はバックフェースが削られていているものですが、対するマッスルバックアイアンも人気は上昇中です。 どちらにも魅力があるので、選ぶとなると …

2020/06/24|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったキャディバッグの選び方

自分に合ったキャディバッグの選び方

ゴルフのギアの中で、スコアになんの影響も及ぼさない、ショットに影響がなにもない唯一のものと言って良いのがキャディバックです。 ゴルフギアというよりも、むしろウェアに近い選び方ができるものですので、初心 …

2020/08/27|ゴルフウィズ編集部

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

ゴルフのショットを意図的にフックさせる「インテンショナルフック」。 これが打てるようになるとプレーの幅が広がります。 今までボールを曲げて目標を狙うということをしていなかったとしても、コツがわかると打 …

2020/07/31|ゴルフウィズ編集部

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ゴルフでやっかいなホールのひとつがドッグレッグホールですね! 正確なショットが求められるのはもちろん、攻め方がスコアのカギになります。 最短距離で攻めるのか、思い切って刻むのか。 大きな失敗を避けるた …

2021/01/08|ゴルフウィズ編集部

体が動かない朝のゴルフ!スタートホールで無事発進するコツ

体が動かない朝のゴルフ!スタートホールで無事発進するコツ

ゴルフの朝イチのスタートホール。 気持ちよく始めたいのに、まだ体が目覚めていないのと緊張で、いきなり大叩きをしてしまうこともありますよね。 無事にスタートホールを発進するには準備が必要です。 大叩きし …

2021/03/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ