もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

強風のゴルフはあえて風を利用すればスコアメイクが楽になる

2022/05/30|ゴルフウィズ編集部

風の影響をモロに受けるゴルフ。
自然の中でプレーするので仕方がないとはいえ困っている方も多いのでは。
何かと影響を与える風は、逆に上手に利用することでスコアメイクが楽になります!
アゲインスト、フォロー、それぞれの打ち方をご紹介しますので参考にしてみてください。

アゲインストの風対策

ついつい風に負けないように力が入ってしまうアゲインストの風。
実は力むほど飛ばなくなってしまいます。
カギになるのはスピン量です!

【低スピンボールで効率よく飛ばす】
アゲインストの時は、ティアップを低くして、低い弾道を打つことがセオリー。
ただ、それだと打ち込んでしまって、スピン量が増えてふけあがる可能性が出てきます。
効果的な対策は、むしろティアップを高くすること。
その目的はフェースの上目に当てるためです。

今どきのドライバーは、基本的に低スピンになるように設計されていて、フェースの上目に当てると、その効果がさらに高まります。
低スピンになると直進性が高くなるので、アゲインストの影響を受けにくくなるのです。

【力まずスイング】
風が強くなるほど力みやすくなるので、大きく振れないようなアドレスを作るのが効果的。
アゲインストが強かったら、ボールの近くに立って大振りできないようにしましょう。
その時クラブを短く持つことも効果的。

それから風に負けないようにと思うと、腕に力が入ってスイングのリズムが速くなるので、背中を動かすイメージを持ちましょう。
球を打つというよりも、背中を動かすことを意識すると力まなくなります。

【ひと工夫してみる】
それから風が強い日ほど、重いもので素振りをしてみましょう。
クラブを2本持つなどして素振りをすると、切り返しの間を感じやすくなってリズムよく振れます。
また、手先で下ろす動きを防げるので打ち急ぎも防げます。

フォローの風対策

風に乗れば飛距離が伸びるフォローなのに、意外と飛ばなかったということがよくあります。
原因は球の高さが足りていないから。
今どきのクラブで必要な球の上げ方は、胸を回してハンドファーストで当てること。

【ティアップは低い方が〇】
フォローの時は球を高く上げ風に乗せて飛ばしたいですよね。
そう思うと、ほとんどの人はティアップを高くして、高弾道を打とうとします。
それだと低スピンになりすぎて、逆に風に落とされて全然飛ばなくなってしまいます。

高さを確保するには、ある程度のスピン量が必要。
そこでティアップを低くして、打ち込みやすくしましょう。
そうすると体の正面でインパクトしやすくなって、フォローでしっかり押し込めます。
インパクトのイメージは、ドライバーでもハンドファースです。

またボールを上げようとして体が右に傾くと、あおり打ちになってしまいます。
それだとボールはフォローの風に乗らなくなってしまうので、気を付けてください。

【注意すること】
低めにティアップした時に注意したいのが、体が突っ込みすぎないようにすること。
打ち込む度合いが強くなると、インパクトが詰まった状態になるので逆効果。
身体が突っ込まないように胸を回すことを強く意識しましょう。

【スピンの増減を意識する】
また、フォローにしてもアゲインストにしても、身体の重心を下げるとスピンが増えて、上げるとスピンが減る、ということを覚えておきましょう。
重心を低くすると入射角が鋭角になるので、スピンは多めになり、逆にボールの近くに立って重心を高くするとスピンを抑えられます。

まとめ

ゴルフでスコアを左右する風。
いやだな~と思ってしまいますが、その風を味方にすることでスコアメイクが可能です。
アゲインストでは、フェース上目に当てて低スピンボールを打ちましょう。
フォローだったら胸を回してハンドファーストで当てる。

またヨコ風ということもありますね。
その場合はアドレスの向きに気を付けて、風と喧嘩させるために対角線に狙うのがポイントです。
それで距離は落ちますが、曲がらないことを優先しましょう。
強風の日も楽しんでプレーできるように、ご紹介した対策を取り入れてみてくださいね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

大叩きを避けたい!ラウンド中のアプローチミス修正法はこれ

大叩きを避けたい!ラウンド中のアプローチミス修正法はこれ

ゴルフのラウンドでドライバーやアイアンで気持ちよくナイスショット! ところが、その先グリーン周りからのアプローチでミスを連発すると、大叩きの可能性が高まってしまいます。 これからご紹介するアプローチの …

2022/08/01|ゴルフウィズ編集部

少ない練習量と分かりやすい練習方法でゴルフを上達させよう!

少ない練習量と分かりやすい練習方法でゴルフを上達させよう!

ゴルフの上達に近道はなく、とにかく練習を重ねるしかない。 ところが実際、練習をしなければゴルフは上手くなりませんが、練習したからといって上達するとも限らないですね。 そこで少し立ち止まって、少ない練習 …

2021/07/08|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

フェアウェイウッドを使いこなすにはスイングのコツをつかむ

ゴルフで意外と難しいのがフェアウェイウッドではないでしょうか。 ドライバーショットと違って芝の上から直接打つことが多いので、ダフってしまいミスショットなんてことも。 正しいスイングのコツをつかみながら …

2020/04/22|ゴルフウィズ編集部

アプローチのザックリを無くそう

アプローチのザックリを無くそう

100切りを目指す場合、もっとも効果が高い練習がアプローチとパターだと言われます。しかしなかなかコースではうまくいかないものです。特にショックなのがグリーン周りでのザックリ。目の前にピンがあり、うまく …

2020/07/09|ゴルフウィズ編集部

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

都心部で車が無い方必見!バスツアーでゴルフに行ってみた

ゴルフに行くときに車が無いのはなにかと不便です。仲間同士のラウンドであれば誰かが車を出してくれることもあると思いますが、最近流行りの一人予約でゴルフに行こうとするとちょっと困ってしまいます。 電車でゴ …

2020/08/12|ゴルフウィズ編集部

注目の国内メーカー!ダンロップのゼクシオとスリクソン

注目の国内メーカー!ダンロップのゼクシオとスリクソン

海外ブランド3強が勢いづいているゴルフクラブ界。 その中で国内メーカーでは「ダンロップ」が奮闘しています。 テーラーメイド、ピン、キャロウェイに次ぐイメージのダンロップですが「ゼクシオ」や「スリクソン …

2021/03/29|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ウェッジでスピンをかけたいならフェースの溝に注目しよう

ゴルフクラブに見られるフェース面の溝(スコアライン)。 ドライバーでは消えつつある中で、ウェッジのフェース面はスコアライン+ミーリング仕上げがほぼ標準仕様となっています。 溝で性能の違いが出るのか出な …

2021/11/25|ゴルフウィズ編集部

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ティグラウンドから見えないドッグレッグホールはこう攻める

ゴルフでやっかいなホールのひとつがドッグレッグホールですね! 正確なショットが求められるのはもちろん、攻め方がスコアのカギになります。 最短距離で攻めるのか、思い切って刻むのか。 大きな失敗を避けるた …

2021/01/08|ゴルフウィズ編集部

これがわかれば物知りなゴルフのギア選びに登場する用語

これがわかれば物知りなゴルフのギア選びに登場する用語

ゴルフのギアの性能をあらわす様々な用語。 よく耳にはするけれど、独特なものが多くて意味がわからずそのままスルー、ということがあるかもしれませんね。 しかしその意味を知っておけば、自分に合ったギアを選ぶ …

2023/05/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでミスショット!イライラはこうして抑えよう

ゴルフのコースでラウンド中イライラを引きずることはありませんか? せっかく練習して準備しても、ミスショットから出た怒りの感情でラウンドが楽しめなくなるのは残念ですね! そのイライラは、たった90秒感情 …

2020/06/02|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ