もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

メガネは不便?ゴルファーのメガネ事情とは

2017/11/10|ゴルフウィズ編集部

あなたはゴルフラウンドや練習時に、メガネを利用していますか?
ゴルフなどのスポーツをする際には、コンタクトに変えていますか?
ゴルフは運動量が多くないスポーツなのに、メガネゴルファーって少ないですよね。
ゴルフにメガネは本当に不便なのかを考えてみました。

メガネゴルファーの悩み

筆者は、メガネ愛用ゴルファーです。
しかし、ゴルフを始めた数年前はコンタクトを使用していました。
ゴルフ時にメガネを使用している人が周りにいなかったため、コンタクトにするのが当たり前のような気すらしていたのです。

プロの世界でもメガネをしている人は少なく、人気のある選手ではリディア・コーくらい。
彼女も最近はコンタクトに変更していますが、他はサングラスを使用している選手がほとんどです。
ゴルフは、球の行く末を追ったり、コースのロケーションや芝目を見るため視力が良いに越したことはありません。

現に、メガネを使用していることでアドレス時に足が浮いたような違和感を感じたり、ボールとの間合いが解らなくなってしまうと言う人もいます。
では、ゴルフにメガネは不向きなのでしょうか?
メガネとコンタクトのメリットやデメリットを考えてみましょう。

メガネとコンタクトのメリットデメリット

サングラスを着用している人は除き、メガネゴルファーが少ないことからもゴルフにメガネは不人気というのが伺えます。
でも、筆者はコンタクトからあえてメガネに変更をし、それなりにメリットを感じています。

♢メガネのメリット
・景色が普段と変わらない
・コンタクトにする手間がない
・ファッションのアクセントになる

♢コンタクトのメリット
・メガネの煩わしさがない
・遠方が見えやすい
・光の反射がない

♢メガネのデメリット
・メガネに光が反射する
・芝目が読みにくい
・メガネがずれる
・汗が気になる

♢コンタクトのデメリット
・目が乾く
・ゴミが入った場合に厄介
・落とす恐れがある
・つけるのが面倒

筆者がコンタクトからメガネに変えたのは、ゴミが入ったときの厄介さからでした。
特に冬の寒風が吹き荒れるゴルフでは、乾燥しコンタクトを外したときの充血が酷く目に悪いと思ったから。
また、アドレスの違和感も常に感じておりメガネにした途端、スコアが10打ほど縮まりました。

これはあくまで筆者の経験ですが、コンタクトをしている事でボールとの距離が思った以上に空いている事が多かったような気がします。
もしアドレスやスイングで違和感を感じるコンタクトゴルファーは、1度メガネで練習場に出掛けて見ると良いかもしれません。

色つきのゴルフレンズの良さ

プロの世界でも、クリアなレンズを使用しているゴルファーがほとんどいないように、ゴルフでは色つきのレンズが有効です。
特に光の反射が気になる場合には、ブラウン系のスポーツレンズを使用するのがおすすめ。

ブラウンレンズはUVカットや遮光だけでなく、芝をクッキリと見せてくれるメリットがあります。
グリーン上で芝目を読みやすくなると言うのが、最大のメリットだと思います。

ゴルフのみに使用するメガネは、ゴルフ場で掛け替えるため不便と思えるかもしれません。
しかし、車の運転もOKな普段使い出来るメガネも販売されていますので検討してみてはいかがでしょうか。

現在、ゴルフ用のメガネはJINSやZoffでリーズナブルに購入することが可能です。
JINSのメガネを例に取ると、通常のメガネ代に+4,000円ほどで作成が出来ます。

JINSアクティブレンズ

引用 https://www.jins.com/jp/st/lens/activecolor/


Zoffカラーレンズ:http://www.zoff.co.jp/about/lensguide/colorlens/

増え続けるサングラスゴルファー

夏の暑い日やファッションだけでなく、ゴルフにサングラスを使用する人が増えています。
ゴルフ用のサングラスは、遮光、UVカットといった基本的要素は当然のことながら、距離感や奥行きを判断する能力を高めてくれるサングラスが多く販売されています。
景色のほとんどが緑色のゴルフ場では、緑色の光りを抑え視界をクリアにしてくれる機能が備わっています。
そんな高機能サングラスには、集中力を高めてくれるという大きなメリットがあります。

ゴルフ用のサングラスで人気が高いメーカーはオークリーの製品。
プロゴルファーの松山英樹選手が使用していることから、とても人気がある製品です。

引用 http://ms-tominaga.com/category/model-oakley/

メガネゴルフはメリットもあり!

普段メガネを着用している人が、ゴルフ時だけコンタクトを使うことで、距離感などに違和感を感じやすくなります。
ショットがイマイチしっくりこないときには、メガネで練習してみるのもおすすめです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

春先のゴルフウェアの注意点!天候が変わりやすい春のウェアをチェック!

春先のゴルフウェアの注意点!天候が変わりやすい春のウェアをチェック!

やっとゴルフシーズンがやって来ましたが、春先は天候が変わりやすいです。特に山あいのゴルフ場では注意が必要ですね。 薄着で体が動かしやすいからと言って、天候が変わった時の準備をせずにいると、急な雨に降ら …

2019/03/15|ゴルフウィズ編集部

秋最初に買うウェアはどれにしますか?まず押さえたい物とは?

秋最初に買うウェアはどれにしますか?まず押さえたい物とは?

どんどん季節が移ろいで、涼しくなって来ると去年のウェアを出したりして衣替えをするのも良いですが、新たなウェアをプラスしたくなる気持ちも出てきますね。新しいウェアは気分も新たにしてくれて、リフレッシュし …

2018/09/07|ゴルフウィズ編集部

とりあえずゴルフウェアは普段のテイストで選べばうまくいく

とりあえずゴルフウェアは普段のテイストで選べばうまくいく

ゴルフウェアは可愛いけれど目立つデザインが多い。 普段着慣れていないテイストはちょっと落ち着かないかもしれません。 ビギナーで目立っているという状況もなんだか恥ずかしかったり。 そんな余計なことを考え …

2022/04/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフシューズを長く使うための工夫!防水スプレーは必要?

ゴルフシューズを長く使うための工夫!防水スプレーは必要?

ゴルフシューズは足の踏ん張りを効かせるためにも、とっても重要なアイテムです。足にしっくり来るかどうかや、履いた時の感触などぴったりな物に出会えたらとっても嬉しいです。 そんなゴルフシューズですが、使い …

2018/07/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ女子の着こなしをシーン別に解説!TPOをチェック!

ゴルフ女子の着こなしをシーン別に解説!TPOをチェック!

紳士淑女のスポーツとして人気が上がっているゴルフですが、ファッションにもドレスコードが細かく決められています。ドレスコードの中で自分らしさを出すのは、おしゃれの中でも上級テクニックですし、楽しんで選ぶ …

2018/10/03|ゴルフウィズ編集部

ゴルフデート時の服装・着替えはどうする?お役立ちポイントをご紹介!

ゴルフデート時の服装・着替えはどうする?お役立ちポイントをご紹介!

大好きな相手とのゴルフデート! 普段からゴルフをしていても、改めてマナーや服装などに気をつけたい時でもあります。また、着替えなどどうしようと考えたりもします。 そんな時に、女性ならではのお役立ちポイン …

2018/12/03|ゴルフウィズ編集部

手首の弱い人におススメ!女性用リストバンド

手首の弱い人におススメ!女性用リストバンド

リストバンドは手首を補強しながら、ファッション性や汗取り機能がある商品もありますし、サポート力がより高い商品もあります。自分に合う商品を使用することで、ゴルフの趣味も長年続けられます。格好いいタイプの …

2019/02/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで競い合うのはスコアとおしゃれ!一歩先行く小物たち

ゴルフで競い合うのはスコアとおしゃれ!一歩先行く小物たち

スコアを競うのがゴルフですが、おしゃれだって負けられません。 人より一歩先に行くために、ゴルフウェアを個性的にするのもよいのですが、小物にも気をつかってみましょう! そうすると「細部までおしゃれが行き …

2022/09/08|ゴルフウィズ編集部

逆に迷ってしまうドレスコードフリーのゴルフ場では何を着る?

逆に迷ってしまうドレスコードフリーのゴルフ場では何を着る?

ゴルフコースへ行くと決まった時に戸惑うことのひとつがドレスコード。 今度行くコースでどのような決まりがあるのかはサイトなどで確認できますが、色々な決まりがある一方、近頃ではドレスコードがないゴルフ場も …

2022/01/20|ゴルフウィズ編集部

no image

レッグウォーマーは朝の冷え込み対策に◎マナー違反にはならない?

レッグウォーマーは使ったことありますか?以前は普段着としても流行しましたし、特に寒暖差がある時などには使いやすいアイテムでもあります。足元の冷えを手軽に解消しやすいのが良い点ですが、マナー違反にはなら …

2018/10/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ