もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

決まりはない?ゴルフ場での帰りの服装について考えてみる

2020/01/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは、プレー中だけでなく来場するときから服装を気をつけなければなりませんね。
ゴルフ場によって、クラブハウスに入るのにドレスコードを規定している場合もあり、満たしていないと利用できないこともあります。

来場時はジャケット着用という規定なら、帰りの服装は何でも良いのでしょうか。
そこで服装規定について考えてみます!
 PHOTO:アスリスタゴルフ

来場時のゴルフ場での服装規定

プレー中の服装だけでなく、ゴルフ場の来場時にクラブハウスごとにルールを設けている場合があります。

【ゴルフ場が定める来場時の服装】
元々男性の利用が中心だったゴルフ界では、男性向けの規定がありました。
よくある、「入場時にはジャケット着用」というものです。
そして、今では以下のようなことがよく言われています。

・ ジャケット着用で猛暑の場合は腕に欠けても可
・ 襟付シャツ、スラックスやチノパン、革靴を着用
・ 女性も男性に準じるが、ストッキングやタイツ着用ならスカートやワンピースも可。
・ 女性はパンプスや低いヒール

NGなのはこれらの逆の服装ですね。
例えば襟なしシャツに短パン、サンダルやスニーカーです。
それでは来場時の規定があるということは、帰りの服装は何でも良いということでしょうか?

【ゴルフ場で帰りの服装は自由とも言わない理由は】
ゴルフ場でジャケット着用という規定があるのは日本に限ったことで、欧米ではそのような規定はありません。
昔英国の上流階級の人達がゴルフを楽しんでいた頃、スーツにネクタイのような姿だったようですね。
米国ではそういった服装が気候的に合わない地域もあり、柔軟にポロシャツのみに変更したゴルフ場も出現しています。

日本では紳士の振るまいとして英国のそれを真似て「受付時、入場時にジャケットを着用」となったのかもしれません。
帰りの服装も、ゴルフ場のメンバーの方を不快にさせないのが暗黙の了解のようです。
わざわざ言及しなくてもわかるでしょう、というところかもしれません。

ゴルフ場内でのマナーを重視した帰りの服装は

ゴルフ場の規定で、特に帰りの服装に触れていない場合はどうしたらよいでしょうか。

【周囲を見て判断する】
日本でゴルフ場を利用する場合、ジャケット着用と言われても戸惑う場面もありますね。
シャツ一枚でも暑い季節から、コートやダウンジャケットでも物足りない季節もあります。
基本的に室内に入る時にはコートなどは脱ぐことになっています。
ゴルフ場の荷物置き場や玄関口のような所で脱いでから受付を済ませる、というのが一般的です。

よその家を訪問したときを想像してみるとわかりやすいですね!
そうなると、帰りは清算後に防寒用の身支度をします。
ただし他の利用者を見て、ロッカーから防寒具を来ているようなら、それに習ってもよさそうです。
ゴルフ場によって暗黙の了解になっていることがあるので、ビジターならば従ってみてください。

【各ゴルフ場が定めた来場と帰りの服装規定に従う】
服装の規定は、そのゴルフ場が独自に決めたものであって、実はゴルフ共通のマナーというわけではありません。
ジャケットを着用というのも外国から見ると驚かれるようです。
昔の英国の上流階級の人達は別として、アメリカなどでは、ゴルフ場の来場時に特別なルールはありません。

外国ではプレー中の服装もコースによってまちまちです。
日本のように襟なしシャツとジーンズが禁止されているところもあれば、Tシャツにジーパンでも可というカジュアルなゴルフ場も多いようですね。

ただ、日本において来場時にドレスコードがあるならば、帰りも含めた規定だと理解しておくのがよさそうです!

まとめ

ゴルフ場には服装の規定を設けているところがあります。
そこで来場時にジャケット着用を求められているならば、帰りのときも同じ服装にするのが無難ですね。

日本はオリンピックの開催国となったこともあって、海外からのゴルファーが増えるでしょう。ゴルフ場での規定も、グローバルスタンダードへと向かって変わるかもしれません。
それまでは、そのゴルフ場の規定と周りのゴルファーの様子を見て「従う」ことが気持ち良くゴルフをしていくことになりますね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

キャップかバイザーか?ゴルフでかぶるのにオススメなのは?

キャップかバイザーか?ゴルフでかぶるのにオススメなのは?

ゴルフのラウンドでかぶるキャップやバイザー。 無くてもルール違反ではありませんが、安全面と健康面から考えると必需品ですね! ゴルフ場によっては着用するように決められているところも。 そうなるとキャップ …

2020/05/18|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェアにブルゾンはアリ?マナーのポイントまとめ!

レディースゴルフウェアにブルゾンはアリ?マナーのポイントまとめ!

普段着として人気の高いブルゾン。カジュアルに着こなしたり、キレイ目とミックスしたりと幅が広いです。ですが、ゴルフウェアとして着用するのはアリなのでしょうか? ゴルフウェアでは、ドレスコードやキレイ目な …

2019/04/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアの隠れた便利。小さな工夫がこんなにあった!

ゴルフウェアの隠れた便利。小さな工夫がこんなにあった!

ゴルフウェアを使うときや、持ち運ぶ時にとっても不便ではないけど、少し気にしている事ってありませんか?ゴルフを行う時に、大幅にプレーしやすくすると言うものは、多くの方が既に手にしている可能性がありますが …

2018/08/03|ゴルフウィズ編集部

お悩みをカバーしてくれる切り替えデザインのゴルフウェア!

お悩みをカバーしてくれる切り替えデザインのゴルフウェア!

ゴルフウェアでも耳にする「切り替え」デザイン。 これは気になる体形のお悩みカバーに一役買ってくれます。 ゴルフウェアはスイングしやすい形をしていますが、体型カバーの面からすると気になって集中できないこ …

2021/06/21|ゴルフウィズ編集部

秋冬におすすめの柄物ファッション!アーガイルはやっぱりかわいい!

秋冬におすすめの柄物ファッション!アーガイルはやっぱりかわいい!

ゴルフウェアならでは定番の柄と言うのは多くあります。そんな柄物を使いやすいのは、やっぱり秋冬です。秋冬の方が単純に重ね着が増えると言うのもありますが、柄物の雰囲気にぴったり合うと言うのもあります。 そ …

2018/09/03|ゴルフウィズ編集部

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのコンペ。ウェアはどうするべき?

取引先の方や会社の上司とのゴルフは、普段見られない一面が知れたりしてとっても素敵ですが、そういった場で粗相があってしまっては相手のお顔に泥を塗ってしまうかも知れません。 そんな時に気になるのは第一印象 …

2018/03/23|ゴルフウィズ編集部

紫外線量が急上昇の季節!ゴルフにはどの日焼け止めが最適?

紫外線量が急上昇の季節!ゴルフにはどの日焼け止めが最適?

ゴルフが存分に楽しめるシーズン。 でもその時期は紫外線急上昇の季節でもあります。 ゴルファーなら日焼け止めも強力なものが必要ですが、だからといって重たい日焼け止めではプレーにも支障が出そうですね。 そ …

2022/05/19|ゴルフウィズ編集部

仲間内で楽しくゴルフするときのカジュアルなゴルフウェアの選び方

仲間内で楽しくゴルフするときのカジュアルなゴルフウェアの選び方

仲間内での軽い練習場などに行く時の、カジュアルなゴルフファッションって、バッチリ決めた雰囲気のウェアよりも選び方など迷ってしまう事もあります。かと言ってバッチリなウェアもちょっと思った時には、せっかく …

2018/04/09|ゴルフウィズ編集部

no image

レッグウォーマーは朝の冷え込み対策に◎マナー違反にはならない?

レッグウォーマーは使ったことありますか?以前は普段着としても流行しましたし、特に寒暖差がある時などには使いやすいアイテムでもあります。足元の冷えを手軽に解消しやすいのが良い点ですが、マナー違反にはなら …

2018/10/23|ゴルフウィズ編集部

ゴルフに行く前にウェアをチェック!衣替え時の服のケア方法!

ゴルフに行く前にウェアをチェック!衣替え時の服のケア方法!

ゴルフに行く前には、誰しもウェアを用意する時に、様々なチェックを行うかと思います。 そろそろ春先のアイテムを、使い始めるという方も増えてきます。 全身春先のコーデにしてしまうと寒いですが、ワンアイテム …

2019/01/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ