もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

これであなたも理想のドローボールが打てる

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。

ドローだと最上空に達した時点で勢いが止まるので、落下してからランがほとんどでません。ボールが止まるイメージです。グリーンにのせるアイアンショットなどで有効です。フックは最上空に達しても勢いが止まらず、地面に落ちてからも転がり続けます。

どうやったらこのようなドローボールを打つことができるのでしょうか。特にティーショットがスライスしがちな方は必見です。

ドローボールの回転

ショットをすると球にバックスピンがかかります。この縦回転がやや右の傾くとドローボールになります。さらに傾くとフックボールです。逆に左に小さく傾くとフェードボールとなり、大きく傾くとスライスボールになります。

ドローボールの場合、左に曲がって落ちて右に跳ねます。フェードボールは逆に右に曲がって落ちて左に跳ねます。どちらも大きく曲がるわけではなく、ショットした地点と目標地点を結ぶラインに戻ってくる感覚です。低く打ち出すことになるので風の抵抗を受けにくく、アゲンストの風であっても飛距離がでます。

ドローボールの打ち方

クラブフェイスが開いた状態でインパクトすると、球にはスライス回転がかかります。かといってフェイスを閉じすぎるとフックしますので注意が必要です。

アドレスについては、クローズスタンスになります。この場合、スクエアな状態から後ろ足を少し下げます。左に曲げたいのに右を向くことに最初は違和感があるかもしれません。スイングの軌道はインサイドアウトになります。球の位置はやや右脚寄りになります。左脇が開くとこのスイング軌道にはならないので、左脇を締めることを意識してください。体重移動は幾分右脚にウェイトが残るイメージです。

この状態でもヘッドが走っていないといけません。ヘッドの重みを感じながら下半身主導で大きくスイングしましょう。しっかりと振り切り、フィニッシュの位置を高めにすることもポイントのひとつになります。

間違ってもインパクトのときの手首の返しや、クラブフェイスの閉じ加減だけで打つことはやめましょう。引っ掛けた打球になり、OBゾーンに飛んでしまう危険性があります。

ドローボールが打てるようになると右のOBゾーンやハザードを気にせずに攻めることができるようになります。ぜひ練習から実践してみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフをしていると、1打目というプレッシャーなどで、ドライバーの調子が悪くなることは頻繁に起こります。コース中にその不調が出てしまえば、早急に対処しなければ、みるみるスコアが下降線になってしまいます。 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ総合メーカー以外のおすすめの用品

ゴルフ総合メーカー以外のおすすめの用品

ゴルフ用品はゴルフの総合メーカーのものから選択される方も多いと思います。日本のメーカーであればブリヂストン、ダンロップ、ミズノの3大メーカーであればすべてのものが揃いますし、海外のメーカーでもテーラー …

2021/05/13|ゴルフウィズ編集部

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

プロが使っているクラブはどんなもの?

プロが使っているクラブはどんなもの?

ゴルフクラブを選ぶ場合、好きなプロ、憧れのプロが使っているというのは選択の際のひとつ大きなポイントになりますよね。 メーカーもそれは十分わかっていますので、宣伝のためトッププロに自社製品を使ってもらう …

2020/12/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛んだ方が良いのか?

ゴルフは飛んだ方が良いのか?

少しでもボールを遠くに飛ばしたい。ゴルファーなら例外なく誰しもが思うことでしょう。自分より飛ぶ人を見てうらやましく思ったことの無い人はいないのではないかと思います。しかし飛べば良い、というものでもない …

2020/01/23|ゴルフウィズ編集部

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

かわいいし飛ぶ!おすすめレディースゴルフボール3選

女性ゴルファーのみなさんはボールはどんなものを使っていますか? 男性用の色がかわいいものを使ったり、あるいは気にしたことが無いという方もいるかもしれませんね。 しかしレディースボールには女性に合わせた …

2018/03/28|ゴルフウィズ編集部

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

初心者が飛距離を出せるゴルフボールの選び方

ゴルフボールの選び方次第で、ビギナープレイヤーの方も、飛距離を出せます。ゴルフボールのタイプは2種類あり、「ディスタンス系」と「スピン系」になります。初心者の方の場合、どちらのゴルフボールを選べばいい …

2018/06/20|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

みなさんのセットには5番のフェアウェイウッド(以下FW)の次には何が入っていますか? 多いのは5番ユーティリティ(以下UT)で次に6番アイアンか6UTの組み合わせだと思います。 しかし小柄な方だと5U …

2018/06/12|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がりにくい女性必見!高弾道レディースドライバー3選

ボールが上がりにくい女性必見!高弾道レディースドライバー3選

レディースゴルファーの皆さんの中には、低い弾道になってしまい距離も出ないという方は多いのではないでしょうか。 ドライバーである程度飛ばないと2打目が距離が残って大変ですし、何しろ気持ちよくないですよね …

2018/06/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ