もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

初心者 ゴルフ 戦略

ゴルフをする上で戦略は欠かせません。コースの長さに合わせどうすれば打数を減らせるのかを考えるのは楽しいですよね。それで、100以下のスコアを出せれば最高です。

ただ、戦略が立てられるほどゴルフクラブを使えるようになるには相当な時間がかかります・・・。初心者にとっては100以下を目指すなんて遠い未来に見えてしまいますよね

そんな方に朗報です。実は、たった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出すことが可能なのです。

そこで、今回は私自身が実際に4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出した経験を踏まえて、戦略を紹介します。

使ったゴルフクラブとスコア98を出せた要因は?

まずは私が実際に4本のゴルフクラブでスコア98を出した時に使用していたゴルフクラブを紹介します。

・ドライバー
・パター
・サンドウェッジ
・7番アイアン
※全て中古品な上、メーカー不詳

この4本を使いました。ゴルフを初めて数ヶ月程度だった上に、ゴルフクラブもまずは使えればいいと思い、全て中古で安価に揃えたものでした。

スコア98を出せた理由としては、1本あたりにかける練習時間が多かったことが要因だと感じます。重点的に4本だけを練習できたからこそ、たった数ヶ月でも十分使いこなせるようになり、スコア98に繋がったのだと思います。次は実際にコースを回る時、どういった戦略を立てたのかを紹介していきます。

ドライバーはロングコース以外で使わない

ドライバーは1打目を飾る重要なゴルフクラブです。しかし、今回紹介した4本の中では、断トツで扱いが難しく、慣れるまで時間が必要です。さらに実際にコースで打つと、OBするかもしれないとプレッシャーがのしかかり、失敗する確率がグンッと上がります。

なので、ミドルやショートコースではドライバーはなるべく控えて、扱いやすく長距離を飛ばすことが出来る、7番アイアンを代用するのが得策です。

ただ、ロングコースの場合はドライバーを使いましょう。理由は、コース自体が長すぎるからと、たとえミスしても取り返せるからです。

ロングコースは場所によっては500ヤードと長く、平均150ヤードを飛ばせる7番アイアンだとショット数が多くなり、疲労がたまり、その後のショットがミスが増えてしまいます。疲労せず距離を稼ぐためにもドライバーが必須となります。

さらに、1打目がOBになっても4打目から所定の位置で始めることができ、ミスをしてもボギーでそのコースを終わらすことが可能だからです。

ミスをしても巻き返しが図れるメリットがあるので、ロングコースではドライバーを使用しましょう。

7番アイアンは攻め要因

4本だけでコースを回る時、最も重要になってくるのは7番アイアンのクオリティーです。ドライバー代わりはもちろん、2打目でもっと距離を稼ぐ時にも大活躍する、まさに攻め要因です。さらに安定したショットが打つことが出来て、初心者でもある程度練習すれば簡単にミートさせて打つことが可能です。

ただ、デメリットとして7番アイアンのクオリティーが下がってしまえば、ズルズルとスコアが悪くなってしまうこともあります。

私も、7番アイアンの調子が悪すぎてボールが全然前に進んでくれないという事態があり、かなり焦ったことがあります。その後、持ち直してくれて助かったのですが・・・。

そういった事態を防ぐためにも、打ちっぱなしでは他のゴルフクラブよりも入念に練習して調子が多少悪くても打てるようにしておくことをオススメします

チャレンジは絶対にしない

ゴルフでは、たまに「打てば池にハマるかもしれないけど、上手くいけばグリーンに入る」という場面に遭遇します。そこでチャレンジすればスコアが上がりますが、もしミスをすれば2打も無駄にしてしまいもったいないです。

せっかくのパーを狙えるのに、ダブルボギーになるのは嫌ですよね。さらに、チャレンジに失敗して大きなミスをしてしまえば、その後メンタル面で不調に陥ってしまう可能性もあります。

打つ際もミスがちらつき、ショットが不安定になればスコア崩れしまいます。チャレンジに成功すれば追い風となりますが、その分デメリットも大きいのです。

そして正直な話、メンタル面はチャレンジして一気に調子を上げなくても、ショットがキレイに飛んだなどで、自然と少しずつ調子は上がっていきます。調子をいかに上げかより、いかに下げないかが重要です。したがって、一か八かのチャレンジは絶対にしないようにしましょう。

4本のゴルフクラブでもスコア98は出せる

以上が4本のゴルフクラブでもスコア98叩き出すための戦略です。私自身、この方法でスコア98はもちろん、少し調子が悪いなという場合もひどくてスコア105あたりで収めることができました。

初心者の場合、まだゴルフクラブを使い慣れていない上に、知識を無いので何から練習すれば良いのかもわからない状態です。そんな方たちでも、今回紹介した戦略を使えば、最短ルートで高スコアを出すことも十分可能です。なので、もしよかったらこの内容を参考にしてコースを回ってみましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターと重さのお話

パターと重さのお話

ゴルフクラブは進化の速度が速く、特にドライバーとパターの進化速度の速さは目を見張るものがあります。特に「速く振る」必要のないパターは形状の自由度とあいまって以前は想像もできなかったようなパターが次々と …

2020/09/17|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。ドライバー編

自分に合ったクラブを選んでみよう。ドライバー編

この時期になると各メーカーが新製品を発表し始め、ゴルファーとしては楽しい時期になってまいりました。 見ていて楽しいのはもちろんですが、自分のアイテムと比べ、性能が勝っているとすれば買い替えも検討するこ …

2017/10/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフでサンドウェッジの精度を上げるオススメ練習法とは?

ゴルフをする上で、サンドウェッジの存在は外せません。グリーンから小〜中距離ぐらいの範囲で最も使用頻度の高いアイアンです。なので、サンドウェッジの精度を上げるのは必須となっています。 私も、サンドウェッ …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

便利なはずのユーティリティが上手く打てない場合の対策は?

ゴルファーにとって使いやすくて応用範囲も広い「ユーティリティ」。 ところが便利で万能なはずのクラブなのになぜか上手く打てないという悩みも出てきますね! ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中 …

2020/05/14|ゴルフウィズ編集部

練習場では打てるのに。コースで上手く打てないワケ

練習場では打てるのに。コースで上手く打てないワケ

ゴルフをやっている方なら、皆さんこう思ったことがあるはずです「練習場では打てたのに」。そう、練習場ではあんなにも良いショットが打てたのにコースに出たらまるで上手くいかないなんてことが少なくありません。 …

2020/04/03|ゴルフウィズ編集部

ディスタンス系、スピン系、ボールは何が違うのか

ディスタンス系、スピン系、ボールは何が違うのか

ゴルフは使うボールを自分で選ぶことができる数少ないスポーツです。もちろんルールで規制されているので、とんでもなく飛んだりするボールはありませんが、その規制の中でも各メーカーが工夫を凝らしてゴルファーの …

2020/09/11|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

握り方いろいろ。パッティンググリップ

握り方いろいろ。パッティンググリップ

パターは、言ってみれば入れば勝ち。入るならどんな握り方をしても構いません。もちろんドライバーやアイアンもどう握ってもちゃんと飛べば良いのですが、そもそも速く振る必要性のあるクラブでは限界があります。 …

2020/06/15|ゴルフウィズ編集部

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

フェアウェイウッドのダフリとトップを改善しよう

ゴルフコースは、パー3、パー4、パー5があります。もちろん、クラブはどの場面でも使用することができます。その中でもフェアウェイウッドを使う場面は、距離が少し長めのパー3のティーショット、パー4のティー …

2018/01/17|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/08/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ