もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

林の中に打ち込んでしまったら

2020/08/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをやっていて、林の中に打ち込んだことが無いという方は一人もいないでしょう。上級者、シングルさんも打ち込みます。タイガー・ウッズだってローリー・マキロイだって打ち込みます。
打ち込むのは当然なので仕方がありませんが、問題はそのあとの対処です。今回は林の中に打ち込んでしまった時にどうすれば良いのかをお話してみようと思います。

林に打ち込んだ!最初にチェックすべきこと

ティーショットを林の中に打ち込んだ!と思ったら、まず大切なのはボールが林に飛び込んだ場所の確認です。
曲げてしまったらつい冷静さを失ってしまうものですが、悔しがったり落ち込んだりするのはとりあえず後にしてボールがどのあたりから林に飛び込んだかをしっかり見ておきましょう。
だいたい同じような風景に見えますので、なにか目印になるものを基準に目安をつけるようにしましょう。
目安の場所に向かってボールを探しに行くわけですが、このときには二つのことに気を付けると良いでしょう。

・クラブを持っていく
フェアウェイにボールがある時でも、使いそうなクラブをカートから数本持っていくのは常識ですが、林の中の場合持っていくべきクラブの種類が少し変わります。
まず、ライが良くさらに運よく目の前が開けていてグリーンを狙える場合に備えて距離相当のクラブを持ちます。ただし後述しますがぜったいに無理は禁物ですので短めのクラブも持つようにしてください。
さらに、低い球を打つためのクラブを必ず持っていくようにしましょう。
具体的にはミドルアイアンやユーティリティなどです。
これは、フェアウェイに戻す際に枝が邪魔で低い球でランニングアプローチのような感覚で打つ場合に備えてです。

・グリーンの方向や、ハザードの位置をおおまかに把握しておく
林の中に入って、ボールが見つかったときに打つ方向がわからないと困ってしまいます。
やみくもに前方に打つわけにはいきませんので、出すべき方向や距離をなんとなくで良いので確認しながら林に入りましょう。

林の中からのリカバリーの注意点

林の中に打ち込んでしまった場合、もっとも注意しなくてはならないのは「さらにミスを重ねる」ことです。林に入れてしまったのですから、1打罰のつもりでとにかく安全に次打が打てるところにボールを運ぶことを最優先に考えてください。
少しくらい前が開けているように見えても、木の間を通しそこなったら目も当てられないようなトラブルになってしまう可能性大です。
1打の罰は1打の罰として受け入れて、それが2打3打とならないようにしましょう。
また、林の中からフェアウェイに出す際に少しでもグリーンに近づくようにと考えてしまいがちです。
ここで大事なのは、確実にフェアウェイに戻せて、かつ次打でグリーンが狙いやすいところに出すことです。
例えば20ヤード余分にグリーンに近づいたとしてもラフで止まってしまったり、バンカー越えのショットが残ってしまったりすることもあります。
距離よりも優先すべきことがあることをしっかりと考えてリカバリーしましょう。

まとめ

初心者の方の場合、林の中のようなトラブルに見舞われたときにミラクルなショットを打とうとしてしまう傾向があります。
テレビで見るプロが、なにげなく林からグリーン方向に打っているのを見て同じようにしてしまうのかもしれません。
しかし、それは非常に高い技量と練習量の裏付けがあってのこと。
まずは、トラブルの連鎖をぜったいに引き起こさないようにすることが大切です。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフのグリップはいろいろ!メーカーによって特徴も違う!

ゴルフのグリップはいろいろ!メーカーによって特徴も違う!

ゴルフのグリップがぴったり合わない、替えたらもっと良いスイングができるのかも! グリップはクラブと自分をつないでいる大事な役目をしています。 合ったグリップなら、クラブの良さを最大限に活かせてボールの …

2019/09/17|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。こ …

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

低い球を身につければ風の日でも大丈夫。

風が強い日。ボールは風次第になってしまう方は少なからずいると思います。自分が立っている場所の風は読むことができますが、上空の風を読むのは至難の技。 風が読めないのであれば、風に負けない球を打てれば問題 …

2017/10/19|ゴルフウィズ編集部

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古ゴルフクラブを高価買取してもらうポイント

中古のゴルフクラブは、ポイントを押さえ売りに行けば、高価査定で買い取ってもらえます。売ったお金を基にして、新しいゴルフクラブや他のゴルフ用品など購入できます。趣味でゴルフをしている人が多いため、買取も …

2018/08/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

パットをする上で一番緊張する距離が約1mです。カップから離れているわけではないのですが、近いわけでもなく非常に微妙な距離です。なので、力加減も難しく、外せないという緊張感も相まって、外しやすいです。 …

2017/09/05|ゴルフウィズ編集部

ゴルフスポーツに最適なメガネの選び方

ゴルフスポーツに最適なメガネの選び方

ゴルフコースの地形や芝目を正確に判断でき、スィングのアクティブな動きについてきてくれる、軽量で壊れにくいメガネがあると、すごく役立ちスコアアップにも繋がります。ゴルフをする際だけサポートグッズとして、 …

2019/03/27|ゴルフウィズ編集部

こっそりレベルアップ!?オススメの自宅練習グッズ3選

こっそりレベルアップ!?オススメの自宅練習グッズ3選

みなさん上達のために練習が必要なのはわかっていても、何かと時間がかかったりで足が遠のいてはいませんか? 特に暑い日は汗や虫がうっとうしいし、冬は寒くて億劫になるのも事実ですよね。 そこでオススメしたい …

2018/05/29|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

夜ゴルフに見えやすい「光るゴルフボール」

夜ゴルフに見えやすい「光るゴルフボール」

ショットする際に基本的ではありますが、大事なポイントとしてゴルフボールを、しっかり見ているのかということがあります。いい加減に見ていますと、シンでとらえたショットができません。光るゴルフボールで、シン …

2019/03/01|ゴルフウィズ編集部

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドで一番多く使用するパターの打数を減らす方法とは?

1ラウンドゴルフをプレーしていて一番多く使用するクラブはどのクラブはご存知ですか?この質問に対してドライバーと答える方が多いのですが、使用頻度が一番多いクラブはパターです。使用頻度が多いということはス …

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ