もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

池越えショットの心構え

2020/09/02|ゴルフウィズ編集部

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。
今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思います。

冷静になることが一番大切

例えばパー3の池越えのホールを思い出してみてください。
150ヤードのパー3としても、一般的なコースではグリーンの中央までが150ヤードです。
では池を超えるまでは何ヤードだったでしょう?
せいぜい100ヤード少々ではありませんでしたでしょうか?
もちろん中には名物ホール的なパー3で浮島グリーンみたいなホールもありますから、そういったところはギリギリまで池があるでしょうが、普通はそこまで池がグリーン近くまで作られていることはありません。
池が無ければ、100ヤードなどまったく問題なく超えていくクラブを持っているはずです。
ですから、普通に振れば池はまったく関係ないのです。
ところが、いざ池越えホールを目の前にすると、池に打ち込んでしまう恐怖にかられます。手持ちのボールが、あと1個、2個などというときは、その恐怖も倍増します。
入れたくない、池は越さなければ、という過度の緊張でリキんでしまいスイングがバラバラになって大トップや大ダフリで池、となってしまうのではないでしょうか。
まず、池を超えるには何ヤードキャリーすれば良いのか冷静に考えてみましょう。
150ヤードのホールで7番を持っていたとします。普段なら当たりが悪くても130ヤードくらいはキャリーするのではないでしょうか?
自分の7番の普段の弾道を思い出してみてください。100ヤードで越える池が問題になりますか?
その冷静さが保てれば池なんか怖くないはずです。

セカンドショットが池越えになるパー4の場合

池越えのパー3であれば、ティーアップもできますしティーイングエリアから打つのでライの問題もありません。普段通りのスイングができればピンに絡む絡まないは別として池くらいは軽々越えるはずです。
一方難しいのセカンドが池越えになるパー4やサードショットが池越えになるパー5です。
パー3と違いティーアップもできませんし、ラフに入っている場合もあるでしょう。フェアウェイでもディボットということも考えられます。
このような場合は、とにかく安全策です。
ライが良く自信があればグリーンを狙えば良いのですが、不安があればまず池を避けることだけを考えましょう。
この時、よくあるのはグリーンの左手前に池があるから右に逃げようとしたのにフックして池といったパターンです。
避けるのであれば、大前提として池まで届かないクラブを持つことが必要です。池まで届かないクラブであれば右に逃げるつもりで狙った球がフックしても池の手前で止まります。
池は避けたいけど、なるべくグリーンに近づけたいといったように二兎を追うと失敗することになります。
どのみちレイアップするのであれば、確実にトラブルを避けるような安全策をとりましょう。

パー4、パー5のティーショットが池越えの場合

これも基本的には池越えのパー3と同じです。特殊なホールでなければ180ヤードもキャリーしなければ池に入るなどという作りはありません。
ティーイングエリアの前に広がる池は本来なんの関係もないはずの池です。
目線を遠くに向けて目標地点だけを見るようにして打ちましょう。
ドライバーをやめてフェアウェイウッドで打つ、という手はあまり賛成できません。どのみち気持ちの問題なので、ドライバーをフェアウェイウッドにしてもそれほど安全性が変わることはないでしょう。度胸一番で振りぬいてしまうしかありません。

まとめ

戦略的に入りされたパー4やパー5の池は別として、ティーイングエリアの前にある池は本来は入るわけの無い距離の池です。
池が気になると目線が池を向いてしまい、強く意識してしまいます。
ティーショットの目標を定めたら、目標地点に集中し弾道をイメージして弾道に目線を合わせるようにして視界から池を消しましょう。
技術の問題ではありません。普通に当たれば必ず越えます。自分を信じてクラブを振りましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

自分の足に合うレディースゴルフシューズの選び方

自分の足に合うレディースゴルフシューズの選び方

疲れないレディースゴルフシューズが、自分の足に合っていると、言ってもいいのではないでしょうか。疲れない靴選びは、抑えておきたいポイントがいくつかあります。足の疲れが軽減できれば、コースを快適に回れます …

2018/10/10|ゴルフウィズ編集部

9番アイアンで練習!球が曲がらないインパクトゾーンの作り方

9番アイアンで練習!球が曲がらないインパクトゾーンの作り方

ゴルフでもっとよいショットが打てるようになりたいなら、インパクトゾーンを作る練習をするのが効果的。 その練習には、ドライバーよりも9番アイアンを使うのがオススメ。 ショットが左右に散らばっていた人も真 …

2022/07/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

選ぶのが楽しい!自分にあったキャディバッグを探そう

キャディバッグはウエアと並んでおしゃれができ、好きなものを選ぶことができるアイテムです。クラブはどうしても使えるもの使えないものがありますが、キャディバッグは初心者でも上級者同様好きなものを選べます。 …

2020/05/29|ゴルフウィズ編集部

絶対に100が切れる?!その方法は

絶対に100が切れる?!その方法は

すべてのゴルファーで100を切れない人というのは70%とも80%とも言われます。しかし、100を切るということそのものは実はそれほど難しいことではないのです。もちろん全然ボールに当たらないといったレベ …

2020/10/23|ゴルフウィズ編集部

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

初心者、初級者の方は最初100切りを目指して練習を続けられることと思います。はじめてコースに出るとだいたい120くらいは打ってしまうでしょうが、そこから経験を積んでいくと少しスコアが良くなっていきます …

2021/04/08|ゴルフウィズ編集部

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

ツアーでも実績があるスパイダー型パターはこれからの定番?

2008年に登場し、多くのゴルファーに愛されツアーでも実績があるテーラーメイドの「スパイダーパター」。 今では他メーカーからもその特徴をいかしたパターが発売されています。 「スパイダー型」とも言われ定 …

2020/10/09|ゴルフウィズ編集部

ウエッジで遊ぼう

ウエッジで遊ぼう

スコアメイクはカップに近い位置ほど重要になってくるといわれています。一番はパッティングですが、同じくらい重要なのはアプローチでしょう。そんなアプローチに使うことが多いウエッジ。スコアメイクの上では非常 …

2020/04/30|ゴルフウィズ編集部

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

ブランド別で見るゴルフボールの特徴とは?

スコアを改善するのなら、ゴルフボールにこだわるのも大切なことです。特にブランドのゴルフボールには独自の技術で飛距離アップなどにも期待ができます。多少値段はかかりますが、一般的なゴルフボールを使用するよ …

2017/09/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ