もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフのラウンド中に困って早く直したいときに効く特効薬は

2022/01/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンド当日、コースでうまく打てない状況があったり、いつもは出ないミスが続いて困ってしまうことが誰しもあると思います。
練習不足などを反省するのは後にして、そのような時のための、特にアイアンによく効く特効薬をご紹介します。
参考にしてみてください!

アイアンでトップばかり出る場合

アイアンのミスでトップが出る場合、修正はそれほど難しくないです。

【顔を右に向けたままインパクト】
トップのミスが繰り返し出る時の原因は、インパクトで体が左に流れているか、起き上がってしまうことが多いです。
これは顔をボールの右側に向けながら打つことで防げます。

体をボールの右側に向けてインパクトすると頭が残ります。
そうなると体が突っ込んだり、上下動が起こらなくなるのでトップを防げるのです(体が伸び上がると顔は左を向き、その逆パターンの体が左を向くと伸び上がりやすくなって、どちらもトップばかり出るということに)。

【緩く握ってクラブの重さを感じながら振る】
もし体を右に向けたままインパクトしているのにトップが出続けるようなら、グリップを握る力を変えてみてください。
ミスが続くと、今度こそ出ないようにとクラブをコントロールしようとしてしまいます。
すると、無意識にグリップを強く握ってクラブのリリースを妨げ、それがトップの原因のひとつとなるのです。

グリップは強く握りすぎないで、クラブの重さを感じながらヘッドが行きたい方向に振れば、クラブは勝手にリリースされます。
この感覚を、打つ前に素振りでつかんでおくのも有効です。

アイアンでダフッてばかりの場合

一方アイアンのミスでトップ以上にやっかいなのがダフリ。
これで100%ショートしてしまいます。
絶対ダフリたくない時は体をしっかり回すことを意識しましょう!

【つま先を左に向けて振り抜く】
ダフリの主な原因は体の回転不足です。
例えば、フェアウェイからの好機にベタピンに付けよう!と思って大ダフリをした経験があるのではないでしょうか。
それはボールにうまく当てようと思って体の回転がおろそかになってしまったからです。

これには「体を回しやすい構えを作る」のが特効薬です。
ポイントは左つま先の向きです。
少し開いて構えることでフィニッシュまでの振り抜きやすさをアップさせましょう。

【ダフったあとのターフが左を向いている場合】
またダフるとターフを削ってしまうので、その向きを見ることで、ダフってしまう原因と修正のヒントがわかります。

ターフが左向きのときは、クラブが外から入って入射角が鋭角になりすぎてダフっています。
これは大振りしないことが特効薬です。
振り幅をスリークォーターくらいにしてヘッドを低く遠くに動かすイメージで打ってみましょう。

【ダフったあとのターフが右を向いている場合】
ダウンスイングの軌道がインから入りすぎて、ヘッドが早く落ちてしまっている人は、ダフったあとのターフが右向きになっています。
まずはボールの位置を確認。
ダフリたくなくて、無意識にボール位置がいつもより内側(右足より)に入っていることが多いです。

ボール位置が変わっていないのにダフる人は右肩を少し前に出してインパクトすると軌道と入射角が適正になります。
その際も右肩が止まってしまうと体の回転も止まりダフリやすくなるので気をつけましょう。

まとめ

ゴルフのラウンド中アイアンショットで困ったときの特効薬。
アイアンの2大ミスはトップとダフリですね。
トップが出るときは、体が左に流れたり起き上がったりしているので、顔を右に向けたままインパクトを。
またグリップは緩く握ってクラブをしっかりリリースさせましょう。

そしてダフリが出るときは、体の回転が止まっているのでツマ先を左に向けて振り抜きやすくさせましょう。
それからダフったあとの地面をチェックして、削られたターフが左右どちらに向いているかで、左ならコンパクトに振る、右なら右肩を前に出してインパクトすることを意識してみましょう。
即効性があるのでぜひ取り入れてみてください!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

ウッドで差をつける!2017年おすすめのウッド3選

「自分にはどのウッドが合うんだろう」と悩んでいないでしょうか。ドライバーに次いで飛距離を稼げるウッドは、距離が出る分、扱うのが難しいクラブです。「曲がってしまう」「飛距離が出ない」「弾道が低い」このよ …

2017/12/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルフは飛ばないとスコアにならないのか

ゴルファーなら誰しも少しでも遠くに飛ばしたいと思うもの。これは初心者からプロまで変わることはありません。特に日本のゴルファーは飛ばしに対する欲求が強いようで、ドライバーやボールの宣伝文句は「飛びます」 …

2021/06/03|ゴルフウィズ編集部

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

ゴルフではショートゲームが重要だと良く言われます。とりわけパッティングの重要性は言われるまでもなく痛感していることでしょう。ドライバーが曲がって林に入っても、2打目がトップしてもパターで入れてしまえば …

2021/06/10|ゴルフウィズ編集部

パターのグリップにもこだわりを持とう

パターのグリップにもこだわりを持とう

グリーン上のラインや距離感がわかっていても、そのとおりにパッティングできなければホールインできません。いかにイメージどおりに打てるのかがパッティングのポイントになります。 パッティングの余計な1打が積 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

何度ラウンドしても緊張してしまう池越えショットの対策はこれ

何度ラウンドしても緊張してしまう池越えショットの対策はこれ

ゴルフの池越えショットで緊張してしまい、いつも池ポチャ。 練習場では上手くいくのにラウンドでのショットに苦手意識を持ってしまうと、スコアにも悪影響を及ぼしかねませんね。 そんな心配のあるゴルファーに向 …

2022/09/22|ゴルフウィズ編集部

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

高弾道を実現するドライバー!「ダンロップ XXIO9」

ドライバ―ショットの飛距離に悩んではいないでしょうか。「ドライバーが飛ばないから、後に続くプレーがきつい」「2打目を最初に打つのはいつも自分だ」などなど、ドライバ―の飛距離が出ないことで抱えているその …

2017/12/14|ゴルフウィズ編集部

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

進化を続けるボール。ボールの科学のお話

ゴルフはボーリングと並んで自分が使うボールを自分で選ぶことができるスポーツです。しかしいざ選ぼうとするとメーカーの説明を読んでいるだけでちょっと眩暈がしてきます。いくつかのボールの説明を読んでいるとも …

2020/09/15|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットを上達させるためには

バンカーショットを上達させるためには

ゴルフのラウンドをすると、つま先上がりの傾斜だったり、左足下がりの傾斜だったり、なかなか平らな地面でショットをさせてもらえません。その中でも練習場と大きく異なるのが「バンカーショット」です。 ゴルフの …

2017/11/20|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ