もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

できたらカッコいい!ゴルフボールをウェッジでリフティング

2022/12/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの上手な人がやっている、ウェッジを使ったリフティング。
このリフティングをすることはゴルフの上達にもつながります。
ちょっとやそっとで、できるようにはなりませんが、もしできたら達成感も味わえるし、なにしろカッコいい!
ご紹介しますので参考にしてみてください。

リフティングでゴルフのスキルアップ

ゴルフクラブを使ったリフティングは、それだけでスキルアップにもつながります。

【リフティングの効果】
ゴルフクラブでリフティングをやろうとするとわかるのですが、フェースの芯に当たらないと、ボールは左右へ容赦なく飛んでしまいます。
これには相当なコントロールが必要なのです。

リフティングの練習をすることでクラブの芯がわかるようになり、ボールのコントロールができるようになります。
特にその効果はアプローチの場面で実感できます。
アプローチでは、ボールを上げる、転がす、スピンをかける、かけないなどクラブのフェース面を操作する場面が多くなります。
それらが上手くできるようになると、距離感にもよい影響が出てスコアアップにつながります。

【ただただカッコいい】
昔テレビのCMで、プロゴルファーがリフティングの後そのままショットをする、という場面がありました。
最後にボールを打つまでいかなくても、リフティングができるとそれだけでカッコいいですよね!

【使用するクラブ】
リフティングをするのにはロフトのあるサンドウェッジがオススメ。
ピッチングウェッジでもできないことはないですが、フェースをかなり開く必要があるので、サンドウェッジの方が難しくないです。

【フェースを開く】
リフティングをするにはボールを真っすぐ上げ続けなければならないので、フェースを開いて平らにします。
極端なロブショットを打つイメージです。
そして最初にセットしたフェース面は絶対に変えないこと。
フェースにボールを乗せたら、自分の方へ引き寄せるようにクラブを動かすと上手くいきます。

リフティングのやり方とコツ

リフティングの準備ができたら早速トライ。

【リフティングのやり方】
やり方はシンプルで「フェースの真上からボールを落とし、反発を使ってリフティング」。
上級者は地面のボールをウェッジで拾ってリフティングをしますが、最初のうちはボールを腰の高さからフェースの芯めがけて落としてリフティング。
ポイントは平らにしたフェースの真上からボールを落とすこと。
それができると、ボールは真っすぐ上がってリフティングが続けられます。

一度はねさせたら反発で芯に当てることだけを意識してリフティングを続けましょう。
無理に操作をしなくても、芯に当たればその反発で何回もリフティングができます。

【リフティングのコツ】
ウェッジでリフティングをするコツは次の通り。

・ クラブの芯を見つける
・ 手首を固定する
・ クラブを動かしすぎない

まずはボールを落としてクラブに当てる練習。
そうすると何もしなくてもボールが真っすぐ当たることがあります。
それが芯に当たった状態なので、そこに当てるように意識しましょう。
この練習だけでも、普段のアプローチのミスも減るはずです。

またリフティングでは、クラブのフェースをできるだけ地面と平行にする必要があります。
それをキープするには、手首をカチッと固定するイメージでなるべく動かさないこと。
そうすると自然にボールが真上に上がります。

そしてクラブは動かしすぎないこと。
陥りやすいのが、夢中になってクラブでボールを追い続けてしまうことです。
クラブのフェースの芯に当たればボールは勝手に上がってくれるので、クラブが腕の一部であると思ってしっかりと固定しましょう!

まとめ

軽々とゴルフクラブでリフティングをしている人を見ると、自分もできたらカッコいいのになあ、などと思うかもしれませんね。
やり方やコツがわかればそう難しいことではありません。
ただ慣れるまでは右へ左へボールが飛んでしまうので、くれぐれも人が周りにいないところで練習しましょう!
これができた時には普段のプレーでの上達も実感できるはずですね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

ウッド初心者におすすめ!「アダムスゴルフ XTD Ti」

「アイアンが打てるようになり、ドライバーもそこそこ飛ぶようになってきたけれど、ウッドだけは上手くいかない」そう感じている初心者の方は多くいます。長いシャフトにドライバーよりも小さなヘッドでは、上手くい …

2017/12/19|ゴルフウィズ編集部

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの種類というとマレット型、ネオマレット型、そしてピン型といった区分けが一般的です。それぞれパターヘッドの形状を元につけられた名称ですが、ピン型だけはメーカー名が一般名称として使われています。パタ …

2020/11/11|ゴルフウィズ編集部

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

ボールが上がって止まる!お勧めレディースショートウッド3選

みなさんのセットには5番のフェアウェイウッド(以下FW)の次には何が入っていますか? 多いのは5番ユーティリティ(以下UT)で次に6番アイアンか6UTの組み合わせだと思います。 しかし小柄な方だと5U …

2018/06/12|ゴルフウィズ編集部

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

元クラブ設計者が教えるやさしいクラブの選び方

ゴルフは道具への依存度が非常に高いスポーツです。とりわけクラブの重要性は言うまでもなくもっとも高いと言って良いでしょう。少しでも打ちやすい、やさしいクラブが欲しいというのはアマチュア共通の悩みですが、 …

2020/10/19|ゴルフウィズ編集部

池越えショットの心構え

池越えショットの心構え

池越えのショットが好き!という方はなかなかいらっしゃらないでしょう。特に初心者の方は池があるというだけで緊張してしまうかもしれません。 今回はそんな池越えショットの心構えについてお話してみたいと思いま …

2020/05/13|ゴルフウィズ編集部

トラブルの回避、またはトラブルになった時のマネジメントについて

トラブルの回避、またはトラブルになった時のマネジメントについて

ゴルフはミスのスポーツと言われます。 テレビでトーナメントを見ていても、トッププロでもミスショットでトラブルになることがあります。 ましてやアマチュアの場合1日で何度もトラブルに遭遇するでしょう。 今 …

2021/02/25|ゴルフウィズ編集部

女子プロの間でブーム!テーラーメイド「トラスパター」とは

女子プロの間でブーム!テーラーメイド「トラスパター」とは

女子ゴルフツアー界でブームを起こしたテーラーメイドの「トラスパター」。 2020年の日本女子プロゴルフ選手権で、永峰咲希プロが優勝した時に使用したパターです。 これはネックの形が三角形で、橋にみられる …

2021/02/15|ゴルフウィズ編集部

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

中古品のゴルフクラブを購入するメリット・デメリットは?

ゴルフクラブを揃える方法は、新品で買うのか中古品を手に入れるかの2つあります。これから本格的に始めようというなら先行投資の意味も含めて新品で買うのもアリですが、新品だとアイアンを1本買うだけでも相当な …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

ウェッジの王様!「タイトリスト SM6」

芝や砂などの障害物ごとショットする機会も多いウエッジは、苦手とする方が多いクラブの1つです。「可能であれば使用したくない」と思う方もいるかもしれませんが、コースでのウェッジ使用率は高く、スコアを縮める …

2017/12/08|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ