もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーが飛ばない!をスイング以外で考える

2019/09/10|ゴルフウィズ編集部

ドライバーが飛ばない、ドライバーをもっと飛ばしたい。
ゴルファーでそう思わない方はいないと言っても良いのではないでしょうか。
ゴルフ雑誌やWEBを見てみると、ドライバーを飛ばすには!といった内容の記事が本当に沢山出てきます。
バックスイングはこう、フェースの向きはこう、切り返しは下半身主導で、コックを維持して、リリースはこう、などなどスイングのポイントが山のように出てきます。
でも、仕事の合間にゴルフを楽しむアマチュアがそこまでできるのでしょうか?
今回はなるべくスイングのことには触れずに、ドライバーの飛距離を伸ばす方法を考えてみます。

まずはクラブの見直し

ドライバーの選び方もいろいろありますが、一般的なアマチュアが手っ取りばやっく飛距離を伸ばすのにおすすめしたいのは「スペックを甘くする」ことです。
簡単にいえば「ロフトは多く」「シャフトは柔らかく」する、ということです。
日本の男性のゴルファーの場合、なぜか昔からスペックに対する見栄があります。それもかなり。
つまり、12度を使うより10.5度を使っているほうがカッコ良くて、シャフトもRを使っているよりSを使っている方がカッコ良い。ちょっと乱暴にいえばそういう感覚です。
そのため、実際に有効なスペックよりもハードなスペックを使っているゴルファーが少なくありません。
最近はメーカーもわかっているので、実際は11度くらいロフトのあるクラブを9.5度と表示してみたり、R相当の柔らかさのシャフトをSと表記したりして、そんなゴルファー心理に合せようとはしていますが、それでもまだスイングに合っていないスペックを使っている方は多いようです。
いや、試打室で打ってから決めたんだ、と言われるかもしれませんが、ここにもちょっとした落とし穴があります。

・試打室の計測飛距離はあてにならない。
すべて、とは言いませんし、一般的には販売目的の試打計測に限られますが実際の飛距離を割り増して表示するケースがあります。今までのクラブより飛んだように見えないと売れないですから。
さらに、販売員も上記のゴルファー心理と言うのは重々理解していますのでお客さんが望んでいるスペックをすすめる傾向があります。お客さんに「あなたはSは無理です」とは言えませんしね。

・試打ではフルスイングしがち。
試打では、いわゆるマン振りと言われるスイング、めいっぱいの力のスイングをしてしまっていませんでしょうか?
実際のコースで、そんなに振れますか?めいっぱいのスイングをしたときギリギリ使えるようなスペックのクラブではコースではどうでしょうか?

まずはミートを最優先に

ドライバーを飛ばす、というとヘッドスピードをいかに上げるか?というのがテーマになることが多いのですが、これはそう簡単にできることではありません。
正しいスイングを目指しスイング改造することももちろんですが、数を振らないとなかなかクラブを振る力はついてきません。
そういう意味では、手っ取り早いのはミート率をあげることです。
もちろん、今までと同じ振り方でミート率を上げるには練習量が必要になってきますが、意識を変えるだけでもミート率は上がってきます。
今までのスイングを100としたら、80で振るように心がけるようにしましょう。最初はなかなか感覚がつかめないかもしれません。その場合は練習場で「飛ばさない」練習をしてみてください。例えば200ヤードの看板まで飛ばさない。180ヤードの看板まで飛ばさない、などです。実際のコースでは、ミートできればフルスイングしなくてもそこそこのところまでは行きますし、フェアウェイに飛ばせる確率もはるかに高くなります。
1発の飛距離では、フルスイングに負けるかもしれませんがトータルの平均飛距離でははるかに飛んでいることになると思います。

まとめ

誰でも今より飛ばしたいと思うでしょう。それは当然のことですが、ヘッドスピードがあげることはそれほど簡単ではありません。
毎日クラブを握れる人ならスイング改造なり、筋力アップなり、ヘッドスピードをあげる訓練はできますが、そうでない場合は今回ご紹介したような方法を考えてみるのも良いのではないかと思います。少ない練習量でも飛距離を伸ばすことができるかもしれません。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ドライバーで女性は飛ばないのが当たり前?それでも飛ばそう

ドライバーで女性は飛ばないのが当たり前?それでも飛ばそう

ゴルフで一番飛ばすドライバー。 女性は男性のようには飛ばないのでしょうか。 「飛ばないからレディースティーがある!」確かにそうですが、女性だって飛ばしたいですよね。 気持ちよく飛ばしてゴルフを楽しみた …

2019/07/29|ゴルフウィズ編集部

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

アマチュアにうれしい、捕まるブリジストン ツアーB JGA ドライバー

引用元http://lesson.golfdigest.co.jp/gear/newreport/article.aspx/70267/1/?car=top_nw_t10 「捕まり系の大本命」ブリジス …

2017/09/06|ゴルフウィズ編集部

レディースのドライバーは長めと短めではどちらがおすすめ?

レディースのドライバーは長めと短めではどちらがおすすめ?

レディスのドライバーの長さはどれくらいが良いのでしょうか。 レディス用のクラブは、軽い、シャフトが柔らかい、グリップが細いなどが特徴ですね。 その中でシャフトの長さが選べます。 単純に身長によって長い …

2019/08/09|ゴルフウィズ編集部

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

目指せ!最短コースデビュー!ビギナーはドライバーから始めよう!

とにかく早くコースに出ればゴルフの楽しさを感じられる! これからゴルフを始めようと考えている人は、レッスンに通ったり、近くの練習場に行ったり、知人に教えてもらったりと様々な選択肢が用意されています。オ …

2017/08/25|ゴルフウィズ編集部

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

初心者でもドライバー徹底攻略でナイスショット連発!

さあ、待ちに待ったラウンド。張り切ってドライバーを振り回したら、朝一いきなりのOB。次のホールでも思うようなショットが打てずにスコアも気分も最悪…トラブル続きのドライバーを何とかしたいと思っている初心 …

2017/11/25|ゴルフウィズ編集部

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

ドライバ―ショットがスライスしてしまう悩みは、多くの方が抱えている悩みの1つです。スイングの練習をすることでスライスを抑えたショットが打てるようになりますが、仕事をしている方にとっては練習時間を確保す …

2017/12/15|ゴルフウィズ編集部

飛距離でドライバーを選ぶならこれ!「ピン G400」

飛距離でドライバーを選ぶならこれ!「ピン G400」

今回、ご紹介するドライバーは「ピン G400」です。2017年7月11日に発表されたこちらのドライバーは、直進性能と飛距離性能の両方を兼ね備えたドライバーです。「ピンのドライバーはヘッドの投影面積が大 …

2017/12/16|ゴルフウィズ編集部

ドライバーをうまく打つ!アッパーブローの打ち方

ドライバーをうまく打つ!アッパーブローの打ち方

初心者に限らずなかなかうまく打つのが難しいのがドライバーですね。ゴルフのクラブは長いほど難しく、またロフトも少ないほど球がつかまらないのでドライバーが難しいのは当然ですが、さらにティーアップしてアッパ …

2019/10/07|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのボール位置について

ドライバーのボール位置について

すべてのクラブの中で基本的にティーアップすることが前提のドライバー。そのドライバーを打つときのボールの位置は正しい位置にセットされているでしょうか? 正しい!と思っている方でも実はボール位置が狂ってい …

2019/10/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

ゴルフのミスショットを少なくするポイント

自分のスィングの癖に気付くことができれば、ゴルフボールが曲がらないショットに、改善していくことができます。誰にでも簡単にできる方法をご紹介していますので、素振りだけでも家で手軽に練習することができます …

2019/03/25|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ