もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ドライバーを曲げずに飛ばすにはスタンスを狭くしてみよう!

2020/06/08|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのアドレスでスタンスを狭くすると、曲がらずに遠くへ飛ばせます。
曲げずに飛ばすには広い方がよさそうですが、必ずしもそうではないのです。

プロゴルファーなどで広いスタンスで飛ばすのを目にしますが、それは鍛え抜かれた柔軟な筋肉と強靱な体力があってのこと。
そこで上手く飛ばない原因を探りながら、どう狭くしたらよいのか見ていきます。

そのスタンスが上手くいかない原因と対策

教科書通りのスタンスなのにボールが予想通り飛ばないなら、そのまま続けずに立ち止まって原因と対策を考えましょう。

【インパクトのタイミングが合わない】
ドライバーではできるだけ速いスイングで強いインパクトを狙うので、わずかなフェースの向きでも打ち出す角度が違ってしまいます。
フェースの開閉のタイミングがずれると、スライスしたりフックしたりと、ボールが曲がることに。

【タイミングを合わせるには】
荒れ球を抑えるには、インパクトでフェースの向きがいつもスクエアになるようスイングする必要があります。
簡単な方法は、軸を移動させないで駒のように回転させることです。
実際やるとわかりますが、両足が揃うように近づくほど軸はぶれずにフェースを合わせられます。

【ただ狭いスタンスは飛距離が落ちる】
両足を揃えるほどの狭いスタンスにすると、確実にインパクトに持って行けますが、今度は飛距離が出なくなってしまいます。
スイング中にヘッドが直進する範囲のインパクトゾーンが狭くなってしまうからで、結果ヘッドスピードが出ないのです。

飛距離が出なくてもよいのなら、フェアウェイウッドやアイアンで打とう、ということになってしまいますね!
ドライバーの目的は飛距離を出すことなので、狭いながらも適正なスタンス幅をみつけましょう!

適正なスタンス幅の見つけ方

【狭い方が捻転が深くなる】
スタンス幅を狭くすると、インパクトゾーンが狭くなってヘッドスピードが落ちますが、それをカバーできるのは体のバランスです。
広めのスタンスだと安定した土台ができて体重移動がしやすいですが、アマチュアの方では身体の回転がそれほどないので手打ちになる傾向があります。

そうなるとむしろスタンス幅は狭い方が体を回しやすくなるので、バランスよく最後まで振りきれますね!
クラブのエネルギーの効率からすると、広いスタンスの方が飛距離を出しやすいですが、アマチュアにとっては適度に狭い方がバランス良くクラブを振れるということです。

【最適なスタンス幅の見つけ方】
自分に合うスタンス幅をみつけるのに、まず両足を揃えてドライバーで打ってみましょう。
次に左足はそのままで、右足をシューズ1足分ずつ広げてボールを打ち、最大7足分くらいまで試してみてください。

すると、広げるにつれてクラブヘッドの入射角が緩くなり、ボールの打ち出し角度も適正に近づきます。
フィニッシュした時、体重が完全に左足に乗って右足のつま先で地面をトントンと突けるくらいのバランスをキープできれば、それが自分の適正なスタンス幅です。

この方法を試すと、多くの人が肩幅くらいか狭めのスタンス幅になって、重心が高くなります。
その分、目とボールの距離が離れるので、それをいつもの目線と距離にしようとすると自然に膝が曲がります。

するとスタンス幅が狭くても重心が下がって安定感が生まれることに。
膝も柔軟に使えて体重移動もスムーズにできるというメリットが生まれます。
しかも重心が下がる分、力まずクラブを速く振れることで飛距離がアップするので、ぜひ試してみてください。

まとめ

アマチュアゴルファーがドライバーを曲げずに飛ばすには、スタンス幅を狭くするのがひとつの方法です。
軸を移動させなければ、アドレスの時のフェースの向きを合わせられて確実にミートできますね。
また体の捻転もしやすいでしょう。

そのためには自分にとっての基本のスタンス幅を知ることで、自分で調整ができるようにしておくことですね。
自分にとって広すぎず狭すぎずのちょうどよいスタンス幅をみつけてくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの歴史を変えたパター。ピンパターについて

パターの種類というとマレット型、ネオマレット型、そしてピン型といった区分けが一般的です。それぞれパターヘッドの形状を元につけられた名称ですが、ピン型だけはメーカー名が一般名称として使われています。パタ …

2020/11/11|ゴルフウィズ編集部

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーアップで球筋が変わる。最適なティーアップを探そう

ティーイングエリアでショットするときは、ティーアップをすることができます。 心理的にもすごく楽になるティーアップですが、ティーの高さはどのように決めているでしょうか? ティーの高さというのは意外と重要 …

2020/08/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

シャフトの調子って?~自分に合ったシャフトの選び方~

夏も中盤となりつつある8月は新製品の発表が次々と行われていきます! 1年ごとのモデルチェンジとなるシャフトはこの時期新製品の試打会が多く開催されています。 USTマミヤさんからはアッタスシリーズ9代目 …

2017/10/26|ゴルフウィズ編集部

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

最近のものは使える!無縁と思えたマッスルバックアイアン

トッププロが操るアイアンの「マッスルバック」。 狙い通りに操作してボールをピタリと止めるのを見ると、いつか使ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 キャビティバックアイアンと比べて難しいイメー …

2020/06/17|ゴルフウィズ編集部

ドライバーで弾道が低い原因は?上がるようにするにはこれ!

ドライバーで弾道が低い原因は?上がるようにするにはこれ!

ひたすら練習しても、ドライバーでなかなかボールが上がらない! 低いボールが上がるようになればもっと飛距離が出そうなのに。 これは、多くのゴルファーが悩むことのひとつですね。 原因を見つけて対策をとれば …

2019/09/18|ゴルフウィズ編集部

ディスタンス系、スピン系、ボールは何が違うのか

ディスタンス系、スピン系、ボールは何が違うのか

ゴルフは使うボールを自分で選ぶことができる数少ないスポーツです。もちろんルールで規制されているので、とんでもなく飛んだりするボールはありませんが、その規制の中でも各メーカーが工夫を凝らしてゴルファーの …

2020/09/11|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

ベストスコアを出すために必要なたったひとつのこと

初心者、初級者の方は最初100切りを目指して練習を続けられることと思います。はじめてコースに出るとだいたい120くらいは打ってしまうでしょうが、そこから経験を積んでいくと少しスコアが良くなっていきます …

2021/04/08|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ