もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アイアンのダフリに悩むゴルファーへ!その原因と直し方は?

2019/09/12|ゴルフウィズ編集部

初心者だけでなく、多くのゴルファーの悩みのひとつがアイアンの「ダフリ」ですね!
特にゴルフを始めたばかりでダフリが出ると、本当に驚いてしまいます。
そのまま打ち続けると、良いボールが出るどころか体を痛めかねません。

ゴルフでは、気持ち良くボールをとらえてダフリのミスなくプレーしたいものです。
そこで、このミスが起きてしまう原因と直し方を考えてみます。
PHOTO:アスリスタゴルフ

アイアンのダフリはどのような現象?その原因は

「ダフリ」という言葉は、英語で「duff」「叩く」からきています。
では、それはゴルフではどのような現象のことを言うのでしょうか。

【ダフリの現象はどのようなもの】
ダフリはゴルフのミスのひとつで、ボールの手前の地面を直接叩いてしまうことを言います。
クラブヘッドがボールにたどり着く前に地面に当たって、振りおろしたクラブのエネルギーが地面に吸収されてしまいます。

そして、ボールに当たってもスピードが落ちているので、飛距離は出なくなってしまうのです。
その衝撃は全て手に返ってきてしまうので、早めに直す必要があります。

【いろいろあるダフリの原因】
ダフリが起きてしまう原因は、スイング中に頭が上下に動くことです。
そのことで、せっかく作った前傾姿勢が崩れてしまいます。

ボールを飛ばそうと強く思うと、体は浮き上がり膝が伸びます。
また、打球の行方が気になりボールを目で追ってしまい、体が起き上がり頭が上下します。
前傾姿勢を崩すことで頭が上下するので、それに絞って練習すると効果があります。

また、右足体重のままスイングすることも原因の一つです。
右足体重といってもアドレス時なのか、スイングの途中もしくはボールを打つ時なのかさまざまです。

いずれにしても、インパクトで沈み込んでしまうことになります。
スイングの円弧が下にズレると最下点が手前になりダフリが出てしまうのです。

アイアンのダフリはどう直す?

ダフリのミスを直すには、アドレス時から意識することと、練習方法を工夫することが有効です。

【アドレス時から気をつけてダフリを直す】
どんなミスを直すにも、正しい前傾姿勢をキープするのが基本になります。
それには、アドレス時から意識すると良い三つのポイントがあります!

・ 右膝と左膝の角度がスイング中に伸び縮みしないよう意識する
・ 前傾姿勢をとる際には、ゆっくりと股関節から前傾する
・ ピンと伸ばす必要は無いが、背骨の角度を意識する

このポイントをおさえ、右に流れないようなスイングを意識します。
外側に流れないよう、フォロースルーまで正しい重心のコントロールを行うようにします。

【練習場でティーアップしてダフリを直す】
練習場では、アイアンでもティーアップするのが効果的です。
マットの上で滑らせるのは、コースでダフリが出る打ち方かどうかわかりません。
ボールの手前に打ち込んだとしても、滑ってボールは飛んでくれますよね。

そこで、打点の位置を確認するために、低めにティーアップして打つのがオススメです!
ティーに触れずにボールをクリーンに打つ練習をすることで、前傾姿勢を保ったままスイングする感覚がわかります。
また、ボールを打った直後もティーを見続けることで頭を残す練習になります。

【左足で立つ練習もダフリを直すのに効果的】
アイアンでダフリが出る場合の直し方で、左足だけで立って打つ練習も有効です。
これは、右足に体重が残ってダフリが出るゴルファーに効果があります。

左足で立つと言っても、完全に右足を浮かすことはありません。
右足を後ろに引いて、つま先で支える感じで十分です。
この時にボールは高く上げなくて大丈夫です。
自分の体で上げようとしなくても、クラブが仕事をしてくれます。

まとめ

ラウンド中にドライバーで上手く飛ばせても、セカンドショット以降がダフリではもったいないですよね!
アイアンのダフリはアドレスから始まっています。

そして直し方は基本的なところにあります。
前傾姿勢を崩さない、頭を動かさない、膝を必要以上に動かさない。
この正しい動きを身につければダフリとは無縁になります!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

アイアンのミスを減らす!ミスに強いおすすめのアイアン3選

ゴルフコースで使用する機会の多いアイアンは、スコアに大きな影響を与えるクラブです。ミスに強いアイアンを使用することは、スコアを縮めることにも繋がりますし、何より思い通りのショットが打てることはゴルフを …

2017/12/02|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。 な …

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

なぜかアイアンの距離が変わらない!原因と対処法が知りたい

なぜかアイアンの距離が変わらない!原因と対処法が知りたい

100を切るようになったゴルファーでも、アイアンの距離が変わらない! 7番はたくさん練習したので、飛距離はだいたいわかりますよね。 ところが、例えばロングアイアンでの距離がよく分からなかったり、7番と …

2019/09/30|ゴルフウィズ編集部

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

アイアンでナイスショット! ところが弾道が高すぎるのか、思ったほど距離が出ないことがあります。 高さが出るのは良いことですが、それによって明らかに距離が出ないことも。 アイアンの弾道が高すぎてしまう原 …

2019/10/16|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

ゴルフでのサンドウェッジの使い道を紹介

  ゴルフしていく上で使用頻度がドライバーやパターと同等に高いサンドウェッジ。ゴルフには欠かせない存在となっています。さまざまな使い道があり、チャンスを舞い込むために利用したり、ピンチを脱す …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

鍛造?鋳造?クラブの製法について

鍛造?鋳造?クラブの製法について

ゴルフクラブ、特にアイアンセットのカタログを見ていると軟鉄鍛造製法という言葉が出てくることがあります。比較的プロモデルの高級品に良く見かけます。一方で鋳造という言葉も見かけます。 ではこれらの製法の違 …

2019/10/08|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

詰めでミスするショートアイアンの改善

詰めでミスするショートアイアンの改善

ショートアイアンでのショットは、勝負を狙ってスイングしなければいけない、大事な1打になってきます。スコアをアップするために、詰めのショットとも言えますが、ミスしないように気をつけなければいけません。 …

2019/05/31|ゴルフウィズ編集部

ダウンブローは打てないといけないのか

ダウンブローは打てないといけないのか

ダウンブローという言葉を皆さん1度は聞いたことがおありでしょう。 簡単にいえば、スイングの軌道が一番下に来る前にボールを打つ、というスイングなんですが、このスイングについての記事を見てみると、とにかく …

2019/09/04|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ