もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

鍛造?鋳造?クラブの製法について

2019/10/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブ、特にアイアンセットのカタログを見ていると軟鉄鍛造製法という言葉が出てくることがあります。比較的プロモデルの高級品に良く見かけます。一方で鋳造という言葉も見かけます。
ではこれらの製法の違いやショットにおよぼす影響というのはどのようなものなのでしょうか?

それぞれの製法について

まず簡単にそれぞれの製法について見てみましょう。
非常にざっくり言うと鍛造というのは金属を型で叩いて成形をしていく方法で、鋳造、すなわち鋳物の場合はワックスでできた型をまず作り、そのワックスの型に金属を流し込んで成形の後にワックスを溶かして取り除くという製法です。このため鋳造は別名ロストワックスとも呼ばれます。
金属の特性により選ばれる製法は異なってきますが、主な特徴として

・鍛造
・金属を叩いて作るため密度が高くなり、強度があがる
・鉄を型で叩く製法のため、細かな形状の表現は難しく、またポケットがあるような形は作れない
・製造コストが高い

・鋳造
・製造コストが安く量産しやすい
・入り組んだ形でも作ることができる

といった点があげられます。
これだけみると鍛造にメリットはあまり無いように感じますが、いまだにプロやトップアマは軟鉄鍛造製のアイアンを使用することが多いようです。
それはなぜでしょうか?

後加工しやすい軟鉄鍛造

軟鉄鍛造製のアイアンの一番のメリットは、加工がしやすいという点にあるでしょう。
軟鉄鍛造のアイアンは素材そのものが柔らかく、かつ強度がありますのでネック部分を曲げることが可能です。
なぜそんな必要があるのでしょうか?
まずは、ライ角の問題です。
よくゴルフの記事で自分に合ったライ角のクラブを使いましょう。という記事をみかけます。これ実は一般のアマチュアでは不可能に近いことなんですね。
メーカーは一般的には男性用ですと身長170cmの人を基準にライ角を設計すると言われています。するとそれ以上の身長の人には市販のクラブはライ角がフラット過ぎてしまい、逆に身長が低い人の場合アップライトすぎてしまうということになります。
一般的なステンレスのアイアンなどではこれを修正することができません。厳密にはまったくできないわけでは無いのですが、通常ゴルフショップではネックが折れてしまう危険があるため請け負いません。
軟鉄鍛造製であれば、容易に修正ができ適正なライ角にすることができます。
さらにライ角とロフト角の微調整の問題もあります。
ゴルフクラブが工業製品である以上、製品には公差と呼ばれるものがあります。つまりメーカーがロフト27度のクラブに対して上下これだけのズレは良品としましょう、という数字です。この公差を0にしてしまうと、工場は不良品のヤマになってしまい商品の価格も目玉が飛び出るような価格になってしまいますので、致し方ないことなんですね。
一般のアマチュアには問題にならなくてもプロやハンデ0、1といった競技アマチュアクラスの選手ですとこのロフトやライ角のズレが問題になってきます。
そのため加工ができる、というのはクラブ選びにおいて、ひとつ非常に重要な条件になってきます。

独特の柔らかい打感、操作性の良さ

軟鉄鍛造のアイアンは打感が非常に柔らかく、ボールをコントロールするイメージが持ちやすいため、上級者は好む傾向にあります。
鍛造製のアイアンはその製法上の制限から、どうしてもスイートスポットは狭く、かつヒールよりの高いところに位置します。
一般のアマチュアには難しいアイアンになりますが、意図的にボールを曲げることが多いプロや競技アマの場合は逆に操作性の良さとなります。
軽いフェードを打とうと思っても、スイートスポットが大きく直進性の高いアイアンですと思うように曲がってくれません。

先端技術を投入しやすい鋳造

軟鉄鍛造アイアンというと高級品の代名詞のように扱われることもありますが、一般レベルのアマチュアにとっては、あまりメリットは無いと言って良いでしょう。
むしろ大きなキャビティ、広いソール、直進性の高いスイートスポットなど易しさが追求された鋳造のアイアンのほうが使いやすいと思います。

まとめ

ともするとカタログなどで鍛造製のアイアンは高級品で上等なもの、といった表現もありますが、どんな製法であれ、どんな素材であれ自分が一番打ちやすく、かつミスしにくいものがもっとも良いアイアンといえます。
レベルが上がればアイアンに求めるものも変わってくる可能性もありますので、その際にはご参考になさっていただければ幸いです。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

アイアンのダフリに悩むゴルファーへ!その原因と直し方は?

アイアンのダフリに悩むゴルファーへ!その原因と直し方は?

初心者だけでなく、多くのゴルファーの悩みのひとつがアイアンの「ダフリ」ですね! 特にゴルフを始めたばかりでダフリが出ると、本当に驚いてしまいます。 そのまま打ち続けると、良いボールが出るどころか体を痛 …

2019/09/12|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

ダウンブローの勘違い

ダウンブローの勘違い

アイアンショットではダウンブローに打ちなさい、といわれます。しかしなかなか難しいものです。技術的に難しいという面もありますが、ちょっとした勘違いで余計に難しくしてしまっているかもしれません。 今回は、 …

2020/04/08|ゴルフウィズ編集部

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

初心者におすすめのアイアン!「キャロウェイ BIG BERTHA BETA」

「初めに持つアイアンはどれがいいのだろう」と悩んではいないでしょうか。毎年新しいモデルが登場するアイアンは、初心者が選ぶには種類が多すぎるものです。そこで今回は、数多くあるアイアンの中から、初心者にお …

2017/12/03|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

自分に合ったクラブを選んでみよう。アイアン編

アイアンセットとひとくくりに言っても形状は様々で、それぞれ特徴があります。種類で分けていくとMB(マッスルバック)CB(キャビティバック)など色々あります。今日ではこの概念に当てはまらないアイアンセッ …

2017/10/07|ゴルフウィズ編集部

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

キャビティアイアンは飛距離よりやさしさを追求していた!?

ゴルフの現在のアイアンの主流とも言える「キャビティバック」。 外観はバックフェースが削られていているものですが、対するマッスルバックアイアンも人気は上昇中です。 どちらにも魅力があるので、選ぶとなると …

2020/06/24|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

ドローボールときくと、イメージするのは「飛ばし屋」かもしれません。 ゴルフを始めると、そのドローボールに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。 しかし実際は、飛びすぎてボールが止まらない、フックが出 …

2019/11/15|ゴルフウィズ編集部

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ