もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

アイアンの弾道が高すぎて飛ばない!その原因と対処法は?

2019/10/16|ゴルフウィズ編集部

アイアンでナイスショット!
ところが弾道が高すぎるのか、思ったほど距離が出ないことがあります。

高さが出るのは良いことですが、それによって明らかに距離が出ないことも。
アイアンの弾道が高すぎてしまう原因を探って、どのようにしたら良いのかを考えます!

アイアンショットが高すぎる原因と理想の弾道

アイアンのボールが高い時でも、まっすぐ遠くに飛んでいればミスではありません。
ところが、上がっているのに思いのほか飛ばず、池やバンカーに入ってしまうことがあります。

それはそのクラブの本来の弾道ではないからです。
「ダウンブローに打とうとする」という意外な原因があげられます。

・ つぶすようにボールを打つ
・ 正確にクラブで当てにいく
・ 遠くに飛ばそうとフィニッシュを意識してきちんととる

これらはダウンブローのイメージですね。
しかし意識しすぎると逆効果になることもあるのです。

・ 叩くイメージが強すぎて余分な力が入る
・ 力が入ると、右足体重のまま腕力でグラブを振りおろしてしまう
・ アイアンのロフトが寝てしまい、フェースが上を向く

こうなると予測よりボールが上がることになります。
またしっかりフィニッシュしようとすると、力が入って右足体重でダウンスイングしてしまいます。

それではアイアンの弾道とはどういったものかを考えます。

【アイアンはドライバーとは弾道が違う】
アイアンショットはドライバーの時とは違って山なりになりますよね。
頂点に向かうほどボールの勢いが弱くなります。

そうなると、高すぎると風の影響を受けて押し戻されてしまうこともあります。
そこで、低い弾道で飛び出すボールがアイアンではベストとなります。

【低い弾道のボールは強いボールになる】
低い弾道のボールは、バックスピンの量が少ないので強いボールになります。
長いアイアンほど、打ち出しが低ければ強いボールが飛んでいきます。
これは良いスイングの結果です。

低い打ち出しが出来ているかは、インドアの練習場ではっきりと確認ができます。
インドアでは2~3メートル先に的があるので試してみてください。
的に当たる時に、番手ごとに打ち出しの高さが変わっていくのも確認できます。

弾道が高すぎるアイアンショットの対処法

それでは弾道が高すぎる場合はどのようにしたら良いのでしょうか。

【弾道を適正にするには】
・ ボールを無理に飛ばさない
・ スイングの最下点を飛球線方向、ボールの先にイメージする
・ インサイドの軌道でスイングする
・ 風が強くて吹き上がる時は思い切って番手を上げ小さく振る

【練習方法】
ボールを無理に飛ばさないように、狙いが遠いほど目線を低くスイングしながら練習します。

・ ボールの飛ぶ方向に練習場のかごがあるイメージを持つ
・ そこにボールを押し込むイメージをする

押し込もうとすると、点ではなく長いインパクトが完成します。
その結果適正なバックスピンがボールにかかります。
ボールはクラブのヘッドスピードとロフトに応じた弾道で飛んでいきます。

また、素振りでインサイドの軌道を確認しながらボールを打つと良さそうです。

【適正な弾道になったなら】
本来の弾道で打てるようになったら、そのアイアンで高低の打ち分けもマスターしたいですね。

アゲインストでは、低い弾道を意識します。
目線を低くして右肩は少しだけ上にするのがコツです。
力任せにボールを叩くとまた吹き上がるので気をつけます。

また、木々を超すような高い弾道が求められることもあります。
その場合は打ちたい高さをイメージします。
狙う弾道に目線を合わせると、自然と体が右に傾いて左肩上がりの構えになります。
それで結果的に打ち出し角度が高くなってくれます。

まとめ

アイアンショットは、そこだ!と狙ったところにボールを落としたいですよね!
高すぎるボールではそれも難しくなります。

意識して対策をとれば、高さのコントロールも思った通りにできるようになります。
ヘッドスピードを上げることなく、今までより飛距離を出せます。
そうなるとスコアもまとまるようになり、よりゴルフが楽しくなりますね。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

これであなたも理想のドローボールが打てる

これであなたも理想のドローボールが打てる

スピン量が違うものの、打球が左に曲がるボールを「ドロー」または「フック」といいます。一打目のドライバーショットで左に大きく曲がってOBになったとしたらそれはフックでしょう。 ドローだと最上空に達した時 …

2017/11/16|ゴルフウィズ編集部

アイアンの上達!練習場でティーアップして打つのが効果的!

アイアンの上達!練習場でティーアップして打つのが効果的!

ゴルフの練習場で効果があるアイアンの練習方法は、ティーアップをしてボールをしっかり打つことです! ですがこういった練習をするゴルファーはあまり見かけないですよね。 練習場では人工芝から打つ方が実践に近 …

2019/08/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ゴルフでアイアンがシャンクしてしまう主な原因と対策は?

ショットの際に、シャンクしてしまうことは多いです。特にしっかりとアイアンが振れない初心者にはよく起こります。シャンクが起こってしまうと、あらぬ方向にボールが飛んでしまい、厳しい状況になってしますことも …

2017/08/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

アイアンのダフリに悩むゴルファーへ!その原因と直し方は?

アイアンのダフリに悩むゴルファーへ!その原因と直し方は?

初心者だけでなく、多くのゴルファーの悩みのひとつがアイアンの「ダフリ」ですね! 特にゴルフを始めたばかりでダフリが出ると、本当に驚いてしまいます。 そのまま打ち続けると、良いボールが出るどころか体を痛 …

2019/09/12|ゴルフウィズ編集部

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

アイアンでドローボールは良さそうだけど本当はどうなの?

ドローボールときくと、イメージするのは「飛ばし屋」かもしれません。 ゴルフを始めると、そのドローボールに憧れを持つ方も多いのではないでしょうか。 しかし実際は、飛びすぎてボールが止まらない、フックが出 …

2019/11/15|ゴルフウィズ編集部

鍛造?鋳造?クラブの製法について

鍛造?鋳造?クラブの製法について

ゴルフクラブ、特にアイアンセットのカタログを見ていると軟鉄鍛造製法という言葉が出てくることがあります。比較的プロモデルの高級品に良く見かけます。一方で鋳造という言葉も見かけます。 ではこれらの製法の違 …

2019/10/08|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

ゴルフ初心者のドローボールの打ち方

プロゴルファーのドライバーショットを見ていると、大きく分けて「ドローボール」と「フェードボール」に分かれます。極端な「フックボール」や「スライスボール」はOBになる危険性がありますが、プロゴルファーは …

2017/11/03|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

初心者必見!自分に合ったアイアンの選び方

ゴルフをする上で、もっとも使用頻度が高いクラブの種類はアイアンです。自分に合っていないアイアンを使用すれば、スコアが悪化してしまうかもしれません。それほど、ゴルフにおいてアイアンは重要な役割です。 な …

2017/10/16|ゴルフウィズ編集部

詰めでミスするショートアイアンの改善

詰めでミスするショートアイアンの改善

ショートアイアンでのショットは、勝負を狙ってスイングしなければいけない、大事な1打になってきます。スコアをアップするために、詰めのショットとも言えますが、ミスしないように気をつけなければいけません。 …

2019/05/31|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ