もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

自分にあったボールを選ぶコツとは?

2017/03/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ ボール

クラブを購入するときにはじっくりと試打を行い、候補の中で最大限自分に合ったクラブを選び抜く方が多いと思いますが、果たしてボールはどうでしょうか。どうせ無くしてしまうからなるべく安いボールを購入しよう。使用率が高いボールを使おう。などと、自分に合ったボールを使っていない方が多いように感じます。
そこで今回は自分に合ったボール選びができるよう、ボール選びのコツを紹介していきます。

 

どのようなボールがあるのか

まずはどのような種類のボールがあるのかを紹介していきます。
大きくゴルフボールを分けると飛距離追求型のボールとスピン重視のボールに分けることができます。

 

飛距離追求型のボール

文字通り飛距離に特化したボールになります。比較的打感が固いものが多く、反発させて飛ばす物が多いです。特に固いのはブリヂストンのジョーカーシリーズ。ゴルフボールのなのか?と、疑いたくなるくらいの固さです。

 

スピン重視のボール

こちらも文字通りスピンをかけるように設計されたゴルフボール。比較的柔らかいものが多く、つぶす感覚が手に伝わってきます。

大きく分けるとこの2つに分けることができますが、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。次にまとめていきます。

 

飛距離追求型のボールのメリット、デメリット

一番の魅力は何といっても飛距離にあります。低スピン構造にすることで吹け上がりを抑え、理想の弾道で球が飛び出していきます。

しかしメリットはこれだけではありません。スピン重視のボールに比べて当然スピン量が減ります。これはバックスピンだけでなく、サイドスピンにも言えます。サイドスピンが収まるということは左右ブレが軽減します。
スライスやフックに悩んでいる方はこの飛距離重視型のボールを使用することで悩みが解決する可能性があります。
しかしこのようなボールにもデメリットは存在します。グリーン上でボールが止まりにくい。仕方ないことなのですが、スピン重視型のボールと比べるとランが出てしまいます。

 

スピン重視のボールのメリット、デメリット

こちらもスピンが入ることがメリットなのですが、スピンが入ることでグリーン上でスピンが効き、しっかりとボールが止まるメリットが生じます。

また、インテンショナルスライスや、フックなどあえて球を曲げて攻めるときにもこのボールは有効です。しかし飛距離にのボールとは反対の性能なので左右ブレに悩んでいる方が使用すると悪化する可能性があります。

 

どのようにしてボールを選べばよいのか

ではどのようにボールを選んでいけばよいのか。これは現在抱えている悩みとプレースタイルによって分けることができます。

まずは左右ブレに悩んでいる方は迷うことなく飛距離重視のボールを購入しましょう。
サイドスピンが抑えられ、現在よりもブレが減少する可能性を秘めているためです。

そして、プレースタイルですが、デッドにピンを狙ってスピンをかけて止める方はスピン重視のボールを。

ボールをを真っすぐに打つだけでなく、状況に応じてボールを左右に打ち分ける方はスピン重視のボールを。

ふわりと打ち、ランを出しつつ寄せる方は飛距離重視のボールを。

このように自分のプレースタイルや抱えている悩みを照らし合わせながらボールを選ぶことでもっとゴルフが楽しくなるはずです。

 

おまけ:第三のボール?

昨今噂になっているのが飛距離もスピン性能も兼ね備えたボール。通称第三のボールといわれています。コア(ゴルフボールの中)、カバーに新素材を使用することで両方の性能を兼ね備えたボールが登場してきています。

コアを柔らかくすることで低スピンを実現し、飛距離に特化、また、カバーにはウレタン素材を使用することでスピンも聞くと噂のボール。興味が有ればぜひ試していただきたいと思います。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

スライサーにおすすめのドライバー!「ヤマハ inpres UD+2」

ドライバ―ショットがスライスしてしまう悩みは、多くの方が抱えている悩みの1つです。スイングの練習をすることでスライスを抑えたショットが打てるようになりますが、仕事をしている方にとっては練習時間を確保す …

2017/12/15|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ総合メーカー以外のおすすめの用品

ゴルフ総合メーカー以外のおすすめの用品

ゴルフ用品はゴルフの総合メーカーのものから選択される方も多いと思います。日本のメーカーであればブリヂストン、ダンロップ、ミズノの3大メーカーであればすべてのものが揃いますし、海外のメーカーでもテーラー …

2021/05/13|ゴルフウィズ編集部

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

自宅でゴルフのパターの練習するのに役立つパターマット。 スコアアップに欠かせない練習道具ですね! パターの練習は、ドライバーやアイアンのように思いっきりスイングする練習とは違いますね。、地味ですがとて …

2019/12/18|ゴルフウィズ編集部

初心者だって楽しみたい!差がつくおしゃれなゴルフ小物(ティー編)

初心者だって楽しみたい!差がつくおしゃれなゴルフ小物(ティー編)

ゴルフ小物で小さいものの代表であるティーについて考えてみました。長いティーと短いティーを使い分けていますか?また、最新のおしゃれなものを見つけてみました。店頭でもいろいろありますが、ネットショップだと …

2018/01/18|ゴルフウィズ編集部

考え方いろいろ。クラブセッティング

考え方いろいろ。クラブセッティング

クラブはキャディバックに14本入れることができるのはご存知でしょう。パターは必ず必要ですので、残り13本は自由に組み合わせることが可能です。 一昔前であれば、ドライバー、3W、4Wのウッドとアイアン3 …

2019/09/24|ゴルフウィズ編集部

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

まだまだ速く強く飛ばしたい!ドライバースイングの作り方

ドライバーの飛距離をまだまだ伸ばしたいゴルファーは、この方法で限界突破! ゴルフのスコアは飛距離だけではないとはいえ、飛べばゴルフはもっと楽しくなります。 もっと強く飛ばせる打ち方をマスターすると、飛 …

2022/06/09|ゴルフウィズ編集部

アプローチのザックリを無くそう

アプローチのザックリを無くそう

100切りを目指す場合、もっとも効果が高い練習がアプローチとパターだと言われます。しかしなかなかコースではうまくいかないものです。特にショックなのがグリーン周りでのザックリ。目の前にピンがあり、うまく …

2020/07/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのスイングで手首はどのように使うべきなのか

ゴルフのスイングで手首はどのように使うべきなのか

ゴルフでは安定してナイスショットをするために、体の動かし方を一定にしなければなりません。出来る限り同じ力の入れ方で、同じ軌道のスイングが繰り返しできることが重要です。 ただし、体の中では動かさない部分 …

2017/11/19|ゴルフウィズ編集部

ゴルフの集中を阻害する雑念に「擬人」と「擬音」がオススメ

ゴルフの集中を阻害する雑念に「擬人」と「擬音」がオススメ

ゴルフのミスを大きく占めるのは集中力の欠如です。 その集中力を阻害するのが様々なノイズによる雑念です。 ノイズは風や傾斜、池越えなどの状況や、自分のスイングについて考えてしまうことなど。 プレーの集中 …

2020/11/18|ゴルフウィズ編集部

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

日本のゴルフクラブ発祥の地ってどこ?

突然ですが日本でのゴルフクラブ発祥の地、というのがどこかご存じでしょうか?はじめて日本でアイアンクラブを作ったのはちょっと意外な土地。その後も地場産業のひとつとして発展し日本のゴルフクラブの歴史に名前 …

2020/12/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ