もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

レディースのシャフトは今の女性には物足りないかもしれない

2019/12/02|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブではシャフトの硬さが選べます。
ところが男性用は種類があるのに、女性用は相変わらず「L」が中心のようです。

遅めのスイングスピードに合わせたシャフト、細めのグリップのレディース用のクラブ。
購入するときに迷わないようにと配慮されているようですね。
昔とは女性の体力も変わってきているので、今でもそのスペックが良いのかどうか、考えていきます。
 PHOTO:アスリスタゴルフ

女性用のシャフトはLやAが普通?

ゴルフクラブのシャフトには硬さによって表示がありますね。
柔らかい順にL・A・R・S・Xが主なスペックです。
男性用でよく耳にするRとSの間にSRもあります。

【レディースのシャフトの硬さはL】
レディース用のシャフトといえばLが思い浮かびますね。
Ladiesの意味のLで、明らかに女性用です。

そしてそれよりも硬いAも女性用とされています。

【シャフトの硬さAもレディース用?】
シャフトのAはAverageが元で「平均」なので、本来ならゴルファー全体の平均の意味です。
それなのに女性用としているのは、登場したシャフトの順番が関係しているようです。

R(Regular)、S(Stiff)、X(Extra)というフレックスが登場した後にLが生まれました。
やはりそれだけでは物足りないということでAが開発されたようです。
既にレギュラーのRはあるので、それと近いスペックだからアベレージのAだったのかもしれませんね。
このことからRとAの差が微妙になり、ターゲットが重なるという現象が起きました。

そこでシャフトの目安がわかるように、ヘッドスピードとの兼ね合いの適合表が作られることになりました。

【ヘッドスピードとシャフトの硬さ】
ヘッドスピードだけではシャフトは決められませんが、調べるとその目安がありますね。
一部ご紹介します。

・ Lシャフトが28~34m/s
・ Aシャフトは32~36m/s
・ Rシャフトで38~40m/s
・ SRシャフトで40~43m/s

一般男性のヘッドスピードの平均は40m/sと言われています。
Aシャフトはおよそ男性のシニアクラスになります。
ただ、シニアでもドライバーで250ヤード超える方もいるので、シニアだからスイングが遅いのでAシャフト、とは一概に言えないです。

またゴルフを始めたばかりでは本来のヘッドスピードはわかりませんよね。
スポーツ経験があって体格が良ければ、目安より固めを選ぶと良さそうです。

物足りないのがレディース用のシャフト!?

【変化した女子プロゴルファーの求めるシャフト】
例えば女子プロゴルファーの場合、多くはゆったりとしたスイングで、一般男性ほどのヘッドスピードです。
それでも、飛距離のアベレージや20ヤードほどオーバーの250ヤードなのです。

昔の女子プロゴルファーは大きなスイングで飛距離を狙っていました。
しかし最近は体に巻き付くようなボディーターンで、インパクトで頭を右に残すようなフォームが一般的になりました。

そのようなことから、柔らかいシャフトのしなりで飛ばした時代ではなくなり、シャフトには硬さが求められるようになったのです。

【女性ゴルファーがこれから選ぶシャフト】
最近の女子プロゴルファーの、しなりよりも硬さを活かしたスイングは参考になります。
そうなると、レディースであってもシャフトの硬さがRやSRもしくはSを選んで、ヘッドのコントロールをしていく方が良いかもしれません。

これから目指すスタイルは人それぞれですが、ある程度思い通りのスイングが出来るようになったら、リストターンを使うフラットな横振りのスイングを狙うことになります。

そうなると、いわゆるレディース用よりも硬さのあるシャフトを選ぶことになりますね!

まとめ

女性ゴルファーがクラブを選ぶ時、今までのようにシャフトの硬さを「L」というレディース用に絞る必要はなくなりましたね。
男性と同じように自分のスイングに合ったものを選べば良さそうです。

最近では女性もスイングスタイルが変わってきています。
ヘッドスピードがわからなくても、自身の運動経験や体格で思ったより硬いシャフトが合うかもしれません。

女性でもRやSRを好んで使っても良いのではないでしょうか。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフでドライバーの調子が悪い!コース中にできる応急処置方法とは?

ゴルフをしていると、1打目というプレッシャーなどで、ドライバーの調子が悪くなることは頻繁に起こります。コース中にその不調が出てしまえば、早急に対処しなければ、みるみるスコアが下降線になってしまいます。 …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中に当たらなくなったら

ラウンド中に当たらなくなったら

練習場では当たっていたのになぜ。ゴルフ場に来て、そう思ったことの無いゴルファーはいないと思います。また、ラウンド中に突然全然当たらなくなってしまったりするともう途中で放り出して帰りたくなります。 これ …

2019/10/24|ゴルフウィズ編集部

サービスホール?それとも。距離の短いホールでの考え方

サービスホール?それとも。距離の短いホールでの考え方

距離が長いホールというのは、それだけで難しさを感じますね。特にドライバーやユーティリティーがうまく当たらない初心者、初級者の方ですと距離が長いというだけでプレッシャーもかかってしまいます。その反動で距 …

2019/09/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのグリップはいろいろ!メーカーによって特徴も違う!

ゴルフのグリップはいろいろ!メーカーによって特徴も違う!

ゴルフのグリップがぴったり合わない、替えたらもっと良いスイングができるのかも! グリップはクラブと自分をつないでいる大事な役目をしています。 合ったグリップなら、クラブの良さを最大限に活かせてボールの …

2019/09/17|ゴルフウィズ編集部

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

知らないと上達しない!手打ちスイングの矯正方法

ゴルフのスイングは下半身主導、体の回転がポイントになります。腕だけでコントロールしようとするとトップやダフリ、シャンクやスライスなどのミスショットにつながる可能性が高まります。 しかし下半身主導を意識 …

2017/11/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

大事なクラブを守るヘッドカバー。 ウッドやパターには、あたりまえのようにヘッドカバーがついていますね! アイアンにもカバーを着ける方が良いのでしょうか。 アイアンにカバーを着けている男性のゴルファーは …

2019/07/01|ゴルフウィズ編集部

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

カラーのゴルフボールを使う3つのメリットとは?

ゴルフボールにはさまざまな種類があります。その中でも一際目立つのはカラーのゴルフボールです。ピンク系から黄色など、明るい色が主なカラーの種類となっています。 私自身も、ゴルフコースを回る際は、カラーの …

2017/08/24|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフ初心者のためのクラブの種類と特徴

ゴルフでは必ずクラブを使用して球を飛ばさなければならないというルールがあります。ですから1本のクラブは絶対に必要です。ドライバーを含めたウッド、ユーティリティ、アイアン、ウェッジ、パター大きく分けても …

2017/11/04|ゴルフウィズ編集部

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

初心者でもたった4本のゴルフクラブでスコア98を叩き出す戦略は?

ゴルフをする上で戦略は欠かせません。コースの長さに合わせどうすれば打数を減らせるのかを考えるのは楽しいですよね。それで、100以下のスコアを出せれば最高です。 ただ、戦略が立てられるほどゴルフクラブを …

2017/02/28|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ