もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

冬メンテの定番!グリップ交換の注意点

2021/01/25|ゴルフウィズ編集部

冬場はラウンドを控えて少し暖かくなるのを待つ方も多いのではないでしょうか。
トップシーズンにはできないスイングの改造などとともに道具のメンテも冬場にやってしまいたいですね。
そんな冬メンテの定番といえばグリップ交換。比較的簡単にできるメンテですので自分でやってみようと考える方も多いでしょう。
今回はそんなグリップ交換の際の注意点について考えてみたいと思います。

交換グリップ選択の際の注意

グリップを交換するには当然のことながら新しいグリップを用意しなければなりません。一番手堅いのはメーカー純正のグリップに交換することです。
しかし、オークションや中古ショップで手に入れた古いクラブですと純正のグリップが手に入らなかったりメジャーでないブランドのクラブでそもそも交換グリップを発売していないようなケースもあります。
また、せっかく交換するのであればカラーを変えてみたり手触りの違うものにしてみたいということもあるでしょう。
そうなると純正以外のグリップを探すことになりますが、ここで注意が必要な点があります。

・サイズを合わせる
グリップには太さが何種類かあります。一般的にはM58とかM60といった表記で売られています。数字が大きいものほど細いグリップになります。サイズが違っても装着することは可能で間違ってしまったらつけられないということはありませんが、持った時の太さが変わります。ですので購入する際には元のグリップの太さを確認しましょう。
逆にそれを利用して少し太くしようとか逆に細めに変えようということも可能です。

しかし、ここで問題があります。メーカーが最初に装着しているグリップには口径表記がないのが一般的です。カタログに記載がないことも多いのでいったい自分のクラブのグリップの口径はいくつなのかわからないということがおこります。
どうしても調べがつかないときは細めを買ったほうが無難です。太いものは細く直すことはできませんが、細すぎると感じた場合はいったんクラブから抜いて両面テープの巻き数を増やすことで太くすることができます。
人間の感覚というのは繊細なもので両面テープ1枚でグリップを装着した時と2枚で装着した時ではあきらかに感覚が変わります。

・重量を合わせる
グリップにはさまざまな重量があります。一昔前であればよほど特殊なもので無い限りはグリップは50g前後のものがほとんどでした。ですので交換の際に重量を気にする必要は無かったのですがクラブの軽量、長尺化と軽量グリップの価格の低下に伴い軽いグリップを装着しているモデルが増えました。グリップは5g変わるとまったく別のクラブになってしまうほどバランスが変わります。太さと違い調整ができませんので、重量だけは必ず合わせて購入しましょう。

しかし、これもメーカーから発表されてないことが多く困ってしまいます。
データーが無い場合は、もう自分で計るしかありません。買う前にいったんグリップを抜いて例えばキッチンスケールのようなもので古いグリップの重量を計りましょう。
それも無い場合はショップに持ち込んで計ってもらうしかありませんので、ネットで購入するようなことは難しいでしょう。

装着時の注意

交換方法などはいろいろな記事で紹介されていますが、あまり記載されていない注意点をご紹介します。

・長さを整える
新品のグリップが2本以上ある場合は、装着したあと新品グリップと並べて比較して長くなっていたり短くなっていたりしないか比較します。グリップはゴムでできていますし装着時は強い力で引っ張りますから長さが伸びてしまったり、逆に引っ張り方が不足して縮んでしまったりします。そうなると太さが変わってしまいますので元の長さで装着するようにしましょう。1本しか無い場合は事前にシャフトにテープなどで印をつけて、長さの目安にすると良いでしょう。

・捻じれに気を付ける
長さと同時にグリップの捻じれにも注意しましょう。グリップを装着する場合まっすぐに引っ張るのが基本ですが、つけかたによっては捻じれてしまうことがあります。
グリップには滑り止めのパターンがつけられていることが多いので、このパターンが捻じれていないかチェックします。さらにエンドキャップのところのロゴマークを確認してにロゴマークがまっすぐスクエアな方向に向いているか確認してください。

慣れてくれば簡単ですが、最初はうまくつけられず長さが変わってしまったり捻じれてついてしまったりします。
コツというほどではないですが、一般に思っているよりもかなり多めの揮発油を両面テープとグリップ内部につけることでまっすぐに入れやすくなります。揮発油が不足しているとどうしても強い力でグリップを入れることになり、伸びや捻じれが生じやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。グリップ交換は簡単ですがポイントを押さえないと思わぬ失敗をしてしまいます。この記事を参考にぜひグリップ交換にチャレンジしてみてください。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

クラブの重心ってなに?

クラブの重心ってなに?

重心ってなんだろう ゴルフクラブのカタログを見ると、多くのクラブの宣伝に「重心」という言葉が使われています。 「低重心なので初心者でも上がりやすい」とか「重心深度を深くして、スイートスポットを拡大!」 …

2019/08/05|ゴルフウィズ編集部

使いやすいキャディバックとは?

使いやすいキャディバックとは?

ゴルフをはじめてクラブの本数が増えると必ず必要になるのがキャディバックです。キャディバックはゴルフクラブメーカー以外からも発売されており非常に沢山の種類が売られています。タイプもいろいろありますが、使 …

2020/12/17|ゴルフウィズ編集部

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

メンタルを鍛えて上達する!効果的なメンタルの鍛え方

ゴルフの上達には、スイングの精度だけでなく、プレッシャーに対するメンタルの強さも欠かせません。朝一番のティーショットやバーディーがかかったパターなど、ゴルフのプレーの多くにはメンタルの強さを必要としま …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

初心者が動画を参考にスライスを直そうとはしてはいけない理由

初心者が動画を参考にスライスを直そうとはしてはいけない理由

ゴルフをはじめたての初心者は、ほぼ例外なくスライスに悩まされるものです。 地面にある硬いボールを遠くに飛ばそうとするとスライスするような振り方になるのがある意味自然なので、これは仕方がありません。 し …

2021/09/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフ初心者のドライバーショットの飛距離の伸ばし方

ゴルフは1打目のドライバーショットが成功すると2打目は楽な距離で無理なく打つことが可能になります。これはパー4の通常のミドルホールでも、パー5のロングホールでも同じことがいえるでしょう。飛距離がでない …

2017/11/01|ゴルフウィズ編集部

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

ドライバーのヘッドはなぜチタン製なのか

今、特殊なものを除けばドライバーのヘッドというのは、ほとんどがチタン製です。普段なんの疑問もなく使っていらっしゃるかもしれませんが、そもそもなぜチタンでできているのでしょうか?チタンだと飛ぶからでしょ …

2020/05/26|ゴルフウィズ編集部

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

アマチュアはディスタンス系のボールで良いのか

初心者向けのボール選びの記事は必ずといっていいほど同じスタンスで記事が作られています。初心者はディスタンス系の飛ぶボールを使いましょう、スピン系は上級者向けです、といったスタンスです。 これ自体ある意 …

2021/04/22|ゴルフウィズ編集部

アプローチはなぜ難しいのか?

アプローチはなぜ難しいのか?

グリーン周りからピンに寄せるアプローチは意外と苦手意識のある人も多いのではないでしょうか。短い距離なのにけして簡単ではないアプローチショット。ドライバーのように長いクラブで遠くに飛ばさなければならない …

2020/10/01|ゴルフウィズ編集部

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

ゴルフクラブのアイアン用のカバーは着けるの?着けないの?

大事なクラブを守るヘッドカバー。 ウッドやパターには、あたりまえのようにヘッドカバーがついていますね! アイアンにもカバーを着ける方が良いのでしょうか。 アイアンにカバーを着けている男性のゴルファーは …

2019/07/01|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ