もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

池があるときの考え方について

2021/02/18|ゴルフウィズ編集部

池が好きな方というのはあまりいないでしょう。同じハザードでもバンカーであればコツをつかんでいる方はラフよりマシだという方もいるでしょうが、池は入れたら終わり。
ペナルティーになる上、ボールも無くなります。では池がある時にはどういった考え方があるでしょうか?今回は池があるホールの考え方について少し記していきたいと思います。

ショートホールの池

池が絡むことが一番多いのはショートホールでしょう。グリーンの手前だったりサイドに待ち構えています。
さて、こんな時にはどう考えるのが良いのでしょうか。
まず、距離的にある程度自信が持てるホールなのかどうかが重要です。筆者の場合150ヤード以内であれば、そこそこ打てるかなと思っていますのでそこを基準としています。

基準より距離が短い場合は、

・グリーンセンターを狙う。ただし風が池方向に吹いている場合はそれを考慮します。例えば池が左サイド、ピンも左サイド、風が右から左なんていうケースであればグリーンの右いっぱい、場合によってはさらに右を狙います。

・奥が安全なら大きめの番手
池はたいていグリーンの手前に配置されています。奥にこぼしても大きなトラブルが無い場合はオーバーしても良いので大きめの番手を選びます。
ただ、奥からのアプローチのライが悪いことが予想される場合は注意が必要。
たとえば奥からベアグラウンドに近いライで下りに向かってアプローチなんていうのはやりたくありません。ひとつ間違ってトップなんかしたら2打目で池に入ってしまいます。

次に基準より距離が長い場合ですが、

・自信が持てないので徹底的に池を避ける。基本的にはオンさせようと思わない。
180ヤードで池越えショートなんていうのは、筆者は自信がありません。この場合は池に入れないことを最優先に考え、2打目が打ちやすい場所を探します。一般的なアマチュア向けのコースで、白マークから180ヤードで池があればたいてい逆サイドは安全に作られていますので池の逆サイドを狙いましょう。それも危ない場合はなどは手前に刻むことを考えるのも有りでしょう。

いずれにせよ徹底的に安全を考えることです。バンカーと違って入れてしまったら良くてボギー、ダボやトリだって簡単にきます。パー3でのダブルボギー、トリプルボギーは精神的にダメージが大きいので、それだけは避けようと考えるべきでしょう。

パー4、パー5でグリーン周りが池

パー4ではあまり目にすることはありませんが、パー5でグリーン周りが池といケースは少なくありません。
飛ばす人にとっては2オンを狙うかどうか考えさせられる場面ですし、あまり飛ばない人でも2打目の番手選びには神経を使うところです。
狙うなら潔く狙うというのも良いでしょう。この場合は池に入れても仕方が無いと割り切る必要があります。
そうで無い場合は基本的に池まで届かない番手を選びましょう。刻むけどなるべくグリーンの近くに、なんて色気を出すのが一番良くありません。刻むと決めたら絶対に池に入れてはいけないのです。
ですのでどっちに曲がろうが打ち出しの方向が間違っていようが池に入らないクラブ、すなわち物理的に届かない番手を選ぶことが大切です。特に打ち下ろしの時などは思ったより距離が出てしまいますし冬場ですとランが出てしまう上にラフも枯れているのでコロコロと転がって池!ということもあるので慎重に選択する必要があります。

フェアウェイの左右が池

ティーショットでフェアウェイの左右に池があるときはプレッシャーがかかりますね。
そんな場面ではいくつか考え方があります。

・刻む
ドライバーを持って池に入れるのがいやならアイアンに持ち替えるという手もあります。200ヤードで池にはいるなら170ヤードくらいしか飛ばないアイアンやユーティリティーを持つという考え方です。しかし刻むところが平らなライで、2打目が池越えにならないかどうかなど見極める必要があります。ティーショットは刻んだものの2打目をミスして結局池に入れたなんていうのが一番残念ですから。

・池のほうに曲がるボールで攻める
これ逆だろう!という突っ込みもあるでしょうが、池のほうに曲がるボールで攻めるのがアマチュアの場合正解の場合もあります。右が池ならフェード、左ならドローです。
もちろん狙い目は池の逆サイドいっぱいのフェアウェイですが万が一曲がりが強くなってしまい池に入っても距離が稼げます。右が池のところをドローで攻めてドローがかからないとかなり手前の地点で赤杭を横切ることになりますのでドロップする地点がグリーンまで距離がある地点になってしまいます。フェードで池に入れるのに比べて場合によっては50ヤードくらい違うこともあります。ミスをしても傷が浅い方法を選ぶというのもひとつの考え方です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は主にマネジメントを中心にお話しました。必ずしも正解ではないかもしれませんが、とにかく絶対に安全な方法を考えるということが重要です。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフも注目!東京オリンピックの会場と代表選考の概要は?

ゴルフも注目!東京オリンピックの会場と代表選考の概要は?

いよいよやってくる2020年東京オリンピック。 前回のリオオリンピックで復活したゴルフにも期待が高まっていますね。 2020年度のJOC強化指定選手も発表され、オリンピックについても誰に可能性があるの …

2020/03/10|ゴルフウィズ編集部

林の中に打ち込んでしまったら

林の中に打ち込んでしまったら

ゴルフをやっていて、林の中に打ち込んだことが無いという方は一人もいないでしょう。上級者、シングルさんも打ち込みます。タイガー・ウッズだってローリー・マキロイだって打ち込みます。 打ち込むのは当然なので …

2020/05/11|ゴルフウィズ編集部

日米のゴルフメーカーのDNA

日米のゴルフメーカーのDNA

最近はアメリカのメーカーのクラブが人気が高いようです。 PING、キャロウェイ、テーラーメイド、タイトリストなどの主要メーカーのクラブは日本のプロでも多くの契約プロがいます。 また日本のメーカーでもブ …

2020/02/28|ゴルフウィズ編集部

スイング理論に振り回されていませんか?

スイング理論に振り回されていませんか?

今は昔と違いYouTubeに沢山のレッスン動画があがっています。それ以外にもSNSで簡単に多くのレッスンプロと繋がることができます。雑誌や書籍でしか情報が得られなかった時代に比べてはるかに簡単にスイン …

2020/11/24|ゴルフウィズ編集部

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

雨の中でゴルフコースを回る際に準備すべきアイテムは?

実はゴルフはタフなスポーツです。雨天でも行うことがあります。私自身、ゴルフコースを回っている時に、ゲリラ豪雨とは行かないですが、かなりの量の雨が降り出した時も、待機のアナウンスはなく、ゴルフを続けまし …

2017/10/02|ゴルフウィズ編集部

ユーティリティの飛距離を伸ばすためのコツ

ユーティリティの飛距離を伸ばすためのコツ

クラブ選択でユーティリティを入れるべきか悩んでいるゴルファーは多いでしょう。比較的最近開発されたクラブで、改良も続けられているので、必要なのかどうかを検討されているゴルファーもいると思います。 ユーテ …

2017/11/24|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

パターに強くなる!2017年おすすめのパター3選

自分に合うパターがいまいち分からず、どれを選べばいいのか迷ってはいないでしょうか。パターにはいろいろなヘッドの形があり、それぞれには違った特徴があります。以下ではヘッドの形ごとに有している特徴と、それ …

2017/12/13|ゴルフウィズ編集部

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

初心者必見!ゴルフバッグの選ぶ際のポイントは?

ゴルフバッグにはさまざまな種類があります。それぞれの種類にメリットがあり、何を選べばいいのか迷ってしまいます。初心者でまだゴルフコースを回ったことがないのなら、何を基準に選ぶのが一番いいのかさっぱりで …

2017/10/14|ゴルフウィズ編集部

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

グリップをしっかり握れるレディースゴルフグローブ

ゴルフ小物の中でもレディースゴルフグローブは、スコアアップにも影響してくる、重要なゴルフアイテムです。自分に最適な商品を使用できれば、クラブをスィングする際のサポートになり、握力が弱い女性におススメで …

2019/02/18|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ