もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ライが悪い時のアプローチについて

2021/07/15|ゴルフウィズ編集部

スコアを作る上でもっとも重要といっても過言ではないのがアプローチです。通常のショットでもゴルフ場では練習場と違って斜面やラフなど難しいシチュエーションに遭遇することが少なくありませんが、特にグリーンをはずした時のアプローチでは実にさまざまな局面に出くわします。

とりわけライが悪いときのアプローチは初心者の方には難易度が高いものです。
今回はそんなライが悪い時のアプローチにどう対応したら良いのか、どんな練習をすれば良いのかをお話してみたいと思います。

まずはライの見極めが重要

ライが悪い時にどう打つか、という以前にまず重要なのはライの見極めで、打つ前段階の判断を正しくすることでアプローチの成否はずいぶんと違ってきます。
ライの見極めはある程度経験が必要になってきますが、最低限ボールが浮いているのか地面にくっついているのかは事前に確認しておきましょう。
プロの試合でもなければ深いラフで逆目などという難易度の高い場面に遭遇することはめったにありませんが、芝生が薄いような状況は普段我々アマチュアがラウンドする場合でも頻繁に遭遇します。
ライが良く、ボールが浮いている状態であればヘッドにきちんと当たりやすいですし少し技術のある方であればボールを上げるようなアプローチも選択できるかもしれません。

しかし芝生が薄い状態ですとわずかに手前に入るだけでヘッドが地面に刺さってしまってザックリしてしまったり、地面でハネてトップしてしまいます。
ではそのようなライが悪いときはどうすれば良いでしょうか。

転がせる状況では全部転がす

ライが悪くてボールが浮いていないときは、まず転がすことを考えましょう。
グリーンまで少し距離があってどれくらい途中で食われるかが計算しにくいとしても転がせる状況であればパターが第一の選択肢になります。

ライが悪い状態でウェッジを使ってザックリをしたりトップしてグリーンの反対側まで転がってしまうことを考えたらたとえあまり寄らなくてもパターで転がしてそこそこのところに乗せておくほうが怪我が小さく済みます。

少し極端にいえば、ライが悪い場合に目指すべきは「グリーンに乗せること」です。カップに寄せることを目指すべきではないとは言いませんが、ライが悪ければ乗れば良しとすべきです。パターであればザックリやトップといった極端なミスはほとんど考えなくて済みますので基本的にはパターを使うようにしましょう。

ウェッジを使う場合のテクニック

さて、グリーンまでのラフが長く計算が難しい場合などはやはりウェッジが使えると楽ですね。しかし芝が薄いときのウェッジはバンスの処理が難しく、アマチュアには敷居が高いものです。こんなときに比較的簡単に実践できるテクニックがあります。

それは「ヒールを浮かせて構える」という方法です。普段構える時はリーディングエッジが地面と平行になるようにアドレスしていると思いますが、ボールの近くに立ちハンドアップの構えにしてウェッジを釣るようにしてヒール側を浮かせて構えます。フェースで打つというよりも、溝の切られていないトゥの部分で打つようにしてヒールを浮かせたまま打ちます。
このように打つとダフる確率がぐっと低くなります。ライが悪い場合はできるだけクリーンにボールだけを打たなければなりませんから、この方法は非常に有効です。

ただしいくつか注意点がありますので以下にあげておきます。

・フェースで打つときに比べトゥで打った場合はボールが飛びません。ある程度練習をして距離を確認しておきましょう。特にライが悪い上にバンカー越えなどというケースでは確実にバンカーをキャリーで越えなければなりませんので距離の把握は重要です。

・打ち込まずに横から打つイメージ
ボールの下に打ち込むというよりも横からボールの赤道を払うようなイメージで打ったほうが成功の確率は高くなります。

まとめ

グリーン周りから4つも5つも打ってしまうとスコアはどうやっても作れなくなります。ライが悪いときでも最低限の結果が出せるように参考になさって練習してみてください。
  

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!
レディースゴルフファッション通販ならアスリスタ>>

この記事に関連する記事

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフのショットがなぜコースと練習場では変わってしまうのか

ゴルフを始めると最初のスコア目標は100ぎりです。すべてのホールがボギーでも100をきることはできるのですが、これがなかなかの難関です。OBをしたり、3パットするとあっという間にダブルボギーやトリプル …

2018/01/14|ゴルフウィズ編集部

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

次々発売される新製品!ついつい欲しくなるけれど

ゴルフメーカーは毎年春に新製品を発売します。各社の新製品が出揃い、マスターズが開催されて一気に盛り上がるのが例年のゴルフ用品市場です。大手メーカーは魅力的な宣伝文句で自社の新製品を売り出します。宣伝を …

2021/01/14|ゴルフウィズ編集部

「買う」から「共有」ゴルフクラブにもシェアエコノミーの波

「買う」から「共有」ゴルフクラブにもシェアエコノミーの波

買うのが当然だったゴルフクラブにも「シェアリングエコノミー」の波が到来しています。 最近よく聞くシェア(リング)エコノミーという言葉ですが、これは個人や法人などが所持する資産を他の人に活用してもらう経 …

2021/06/07|ゴルフウィズ編集部

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ボールもカラフルに。色やデザインで選んでも楽しいゴルフボール

ゴルフは自分が使うボールを自由に選べるスポーツですが、いざ選ぼうとするといろいろあって迷ってしまいます。メーカーのホームページを見てもコアが何層でカバーはアイオノマーで、初速がスピンがといった説明がた …

2020/08/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ゴルフ初心者必見!特徴で見るドライバーの選び方は?

ドライバーとひとえに言ってもさまざまな種類があります。それぞれにドライバーに特徴があり、何を買えばいいのか悩んでしまいます。 ただ、より自分に合ったドライバーを見つけられるというメリットもあります。そ …

2017/09/14|ゴルフウィズ編集部

林の中に打ち込んでしまったら

林の中に打ち込んでしまったら

ゴルフをやっていて、林の中に打ち込んだことが無いという方は一人もいないでしょう。上級者、シングルさんも打ち込みます。タイガー・ウッズだってローリー・マキロイだって打ち込みます。 打ち込むのは当然なので …

2020/08/28|ゴルフウィズ編集部

ラウンド中に当たらなくなったら

ラウンド中に当たらなくなったら

練習場では当たっていたのになぜ。ゴルフ場に来て、そう思ったことの無いゴルファーはいないと思います。また、ラウンド中に突然全然当たらなくなってしまったりするともう途中で放り出して帰りたくなります。 これ …

2019/10/24|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感をマスターしよう

パターの距離感をマスターしよう

2オンに成功したと喜んでいてもグリーンのふちに乗ってしまい、相当なロングパットが残ってしまい、3.4パットしてしまうなんてこともあると思います。 3.4パットしてしまうには様々な原因が考えられますが、 …

2017/09/23|ゴルフウィズ編集部

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

意外と種類が豊富なパターマット!選び方はどうしたらよい?

自宅でゴルフのパターの練習するのに役立つパターマット。 スコアアップに欠かせない練習道具ですね! パターの練習は、ドライバーやアイアンのように思いっきりスイングする練習とは違いますね。、地味ですがとて …

2019/12/18|ゴルフウィズ編集部

アプローチのザックリを無くそう

アプローチのザックリを無くそう

100切りを目指す場合、もっとも効果が高い練習がアプローチとパターだと言われます。しかしなかなかコースではうまくいかないものです。特にショックなのがグリーン周りでのザックリ。目の前にピンがあり、うまく …

2020/07/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ