もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

バンカーショットがスコアを大きく左右!その切り抜け方はこれ

2021/10/18|ゴルフウィズ編集部

ゴルフではバンカーショットの出来がスコアを大きく左右します。
わかってはいるものの、バンカーショットの練習にそれほど時間をさかないかもしれませんね。
実際コースでハマって苦戦することも多いのではないでしょうか。
そこで無難に乗り切る方法をご紹介していきます!

バンカーに入る前からの準備

ゴルフコースで毎回入るわけではないバンカー。
打つ機会が少ないバンカーは、直前の準備で無難に切り抜けましょう!

【ショットの前に素振りをし損なうことに注意】
バンカーショットに遭遇したら、ショットに入る前に近くの芝で素振りをして感じをつかみましょう。

「やってるよ」と思われるかもしれませんが、し損なうことがよくあります。
他のショットでは自然と素振りをしてから打つので、バンカーでもやっていると思うかもしれませんが、バンカーの場合ボールの位置を確かめに入ったらもうそこで打つしかない状況になってしまいます。
バンカー内でも素振りはできますが、クラブヘッドが砂に触れるとペナルティになるので、そうやすやすと振れません。
なのでバンカーに入る前に近くの芝で素振りをすることを覚えておきましょう。

【バンカー内でクラブはつけないで】
バンカー内でうっかり素振りをしそうになる方に注意点です。
ルール上バンカーに入ったらクラブをソールして(砂に付けて)はいけないことになっています。
バンカーでソールすると2打罰になります。

気にしない人は気にしないのですが、クセになってしまうと、コンペなどのときにやってしまって不評を買うことになってしまいます。
必ずつけない、と習慣にすれば安心ですね。

【芝の素振りのポイント】
バンカー内での素振りはソールしてしまう恐れがあるので、バンカーに入る前に必ず芝で素振りをしましょう。
その時のポイントは、ヘッドのソールで芝を軽くこする素振りを繰り返すこと。

バンカーショットの場合、インパクトの砂の抵抗もある上に直接ヒットしないので、距離は3分の1くらいまで落ちます。
ピンまで20ヤードの距離なら60ヤードくらいのショットを打つときの振り幅が必要です。
それを計算した素振りをして、それと同じ感覚でスイングすること。
ピンが近くてもインパクトが緩まないようにしっかり振ることが大切です。

バンカーは要領がわかっていれば怖くない

素振り通り打てと言われても、バンカーショットは失敗するとホームランになったり、とんでもない方向に飛んだりするのでなかなか思いっきり打てないですよね。
それでも切り抜けるには、怖がらずにフルスイングする度胸が必要です。

【フルスイングする度胸】
バンカーの打ち方や構え方はいくらでも情報を取り入れられますね。
でもそこで一番大事なのは「フルスイングする度胸」です。
いくらバンカーショットが頭でわかっていても、実際怖くてショットが緩んだら、恐れていた方向にボールが飛んで行ってしまうだけですね。

練習場でバンカーショットの練習をするなら、バンカー付きの練習場でひたすら打ってみてください。
フルスイングしても飛ばない感覚がわかって、思い切りのよいショットが打てるようになります。

【フェースを開いて打つの意味】
よくバンカーショットでは「フェースを開いて打つ」と言われます。
それはもちろん合っているのですが、実際打つのはボールではなく、手前にある砂を叩くということです、
砂が爆発することでボールが飛びます。

なので砂が爆発したらバンカーショットが上手くできたということですね。
もちろん上級者向けにスピンのかけ方、砂を薄く取る打ち方だとかがありますが、とにかくバンカーを切り抜けるには「ダフらせて砂と一緒にボールを運ぶ」に徹しましょう。

まとめ

バンカーショットを切り抜けるには、打つ前に必ず芝で素振りをして感じをつかむことです。
その素振りは、ボールからピンまで20ヤードくらいなら60ヤードくらいのショットを打つときの素振りで行いましょう。

そして実際のショットは、ボールの手前からダフらせて砂を爆発させること。
スイングを怖がらず芝での素振り通りに振り切ってくださいね!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

女性に最適なキャディバックを選ぶポイント

長年使用するのがキャディバックで、あまり買い換えることはありません。そのため最初に良い商品を選んでおけば、基本的にずっと継続して、使い続けることができます。ポイントを押さえて購入すると、今後の無駄な出 …

2018/07/31|ゴルフウィズ編集部

距離計使っていますか?

距離計使っていますか?

ゴルフのラウンドも今やセルフが主体になってきました。なんども訪れているコースであればあまり困りませんが、はじめてのコースだとレイアウトやハザードの位置、そしてなによりも距離がわからなくて困ります。その …

2020/08/07|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ゴルフのレディースティーを使いこなそう!

ホールの芝の長さは、いつも同じではありません。整備はされていますが、天然の植物なので天候の影響で、すぐ生えたり成長します。芝の長さの影響を受けないように、レディースティーで、ボールを打ちやすくしましょ …

2018/07/23|ゴルフウィズ編集部

セルフプレーに便利!サブバッグ

セルフプレーに便利!サブバッグ

最近のゴルフといえば、もっぱらセルフプレーが主体です。料金はキャディさんつきにくらべかなり抑えられますし、カートにはいろいろな情報が表示され便利になってきています。一方プレイに関わることは全部自分でや …

2020/04/15|ゴルフウィズ編集部

クラブは進化しているけれどスコアは・・・

クラブは進化しているけれどスコアは・・・

ゴルフクラブやボールといった用具は、この20年くらいの間に飛躍的な進歩を遂げています。 筆者は15年ほどゴルフから遠ざかっていたのですが、再開してクラブを手に入れてみると信じられないくらいの進化を感じ …

2021/03/18|ゴルフウィズ編集部

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

ドライバーの選び方!初心者におすすめのドライバー3選

初心者がドライバーを選ぶ際に意識すべきポイントは「自分に合うドライバー」であるかどうかです。「スライスしてしまう」「飛距離がでない」といった悩みをカバーしてくれるドライバーを選ぶことで、短所が改善され …

2017/12/17|ゴルフウィズ編集部

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

コースでのパッティングのタッチの合わせ方

ゴルフではショートゲームが重要だと良く言われます。とりわけパッティングの重要性は言われるまでもなく痛感していることでしょう。ドライバーが曲がって林に入っても、2打目がトップしてもパターで入れてしまえば …

2021/06/10|ゴルフウィズ編集部

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

考えるゴルフの大切さを学ぼう!

ゴルフの一番の魅力は何ですか?「仲間と楽しくワイワイできる」「年をとってからも続けられる」「大自然の中でボールを打つ感覚が最高」などなど。人によって色々あると思います。 私の場合は、「自分で考えて、攻 …

2017/11/26|ゴルフウィズ編集部

どれが正しい?レッスン記事で迷わないために知っておきたいこと

どれが正しい?レッスン記事で迷わないために知っておきたいこと

ゴルフ雑誌をはじめネット上にはゴルフのレッスン記事が溢れています。スライスの直し方、フックの直し方、ドライバーの打ち方。中には250ヤード飛ばすなんてのもあります。しかしよくよく読んでみるとこっちの記 …

2019/08/30|ゴルフウィズ編集部

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

代表的なゴルフクラブメーカーのご紹介

ゴルフクラブを選ぼうと思った時、意識しているにせよ無意識にせよメーカー、ブランドである程度絞り込むという作業を皆さんしているのではないかと思います。無数にあるクラブを横一線で比較することは事実上不可能 …

2020/12/10|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ