もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

自宅で上達。パター練習法

2019/10/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのパーは72。コースにより少し変わりますが基本的には72でコースは設計されています。この72という数字、半分はショットの数、残りの半分はパッティングの数だというのはご存知でしたでしょうか?それくらいパターというのはスコアを作るうえでは重要なクラブです。
しかし、意外と練習に熱が入らない方も多いのではないでしょうか?ドライバーが当たった時のような爽快感はありませんし、他のクラブと違ってとりあえず当たるだけは当たります。しかし当たるだけでは入りませんね。パターの練習は自宅での練習がメインになります。今回はそんな自宅でのパター練習法のご紹介です。

パターマットでただカップに入れてもダメ

パターを実際に芝の上で練習できる練習場は非常に少なく、特に都心部ではほとんど見ることができません。そうなるとだいたい自宅でカーペットやパッティングマットを使って練習することになると思います。
特に良く目にするのがカップ手前が上りスロープになっていて、カップに入ったボールが戻ってくるように作られた便利なマット。もちろん練習にはなるのですが、このマットのカップにポンポンとただボールを入れても、コースではなかなか上手くいきません。
なんのプレッシャーも無い状態で、平らなマットですから慣れてしまえばいくらでも入ります。ましてカップ手前が上りになっていますので、かなりガツンと打っても入ってしまいます。これで何発か入れても練習というよりは遊びになってしまいます。
では、どのような練習が有効なのでしょう。

レールを作ってまっすぐヘッドを動かす

テレビなどでプロが練習グリーンで練習しているときにティーを刺しているのを見たことがあるでしょうか?
いろいろな目的があるでしょうが、基本的にはヘッドの動き方をチェックするために刺していることが多いようです。
自宅でも、クラブのシャフトや割りばしなどを使ってパターヘッドの長さに合わせてレールを作ってみましょう。
これを使って、パターヘッドをレールに合わせてまっすぐに動かす練習をします。素振りでも構いませんが、パターの素振りはすぐに飽きてしまうので実際にボールを打った方が良いでしょう。
特に少し強めに打とうとしたときにパターヘッドの挙動がおかしくなる方が多いので、強さをいろいろ変えて練習してみましょう。

距離を合わせる

カップに入れる練習というのは、方向を合わせる練習にはなりますが肝心の距離感は養われません。極端に強ければ別ですがそうでなければカップの向こう側の壁に当たって入ってしまいます。
そこで、カップを使わず一定の距離でボールを止める練習をしてみましょう。
自宅ではなかなか距離が取れないかもしれませんが、できれば3メートルくらい距離が取れれば良いですね。
距離を合わせると同時に、きちんと芯に当てることを強く意識してください。
パターというクラブは運動能力に関係なくとりあえずは当たってしまうので、芯に当てるという意識が無くなってしまうことがありますが、芯でとらえることはドライバーと同様に非常に重要です。

連続でカップに入れる

パッティングマットのカップに入れる練習をする場合は、連続何球と決めて達成できるまで止めない、という練習が効果があります。
ちょっとスパルタな感じになりますが100球くらいに設定すると最後の方は集中を保つのも難しくなりますし、99球目、100球目あたりはプレッシャーもかかります。
はずしたらまたイチからやり直さなくてはなりませんから。
コースでは絶対入れたい!といったプレッシャーがかかってきます。そのため早く顔や状態がカップのほうを向いてしまい左に引っかけたり、フェースが開いて右に押し出したりしてしまいます。普段から練習しておくことで緊張する場面でもしっかりストロークが出来るようになってきます。

まとめ

パッティングは大事、とみなさん実はよくわかっていることと思います。
しかし、練習そのものは他のクラブにくらべてとっても地味なので、なかなか本気になれないところもあるでしょう。
しかし、パッティングに自信がつけばアプローチやセカンドショットのプレッシャーも軽減されます。セカンドのプレッシャーが軽減されればドライバーも、もっと楽に振ることができます。
お金をかけずにできる練習ばかりですので、ひとつ頑張ってやってみてはいかがでしょうか。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

転がり伸びるパター!「オデッセイ O-WORKS#7」

「パターの距離感を掴むのが難しい」と悩んではいないでしょうか。芝の状態や傾斜、風の影響など、パターでは距離感をつかむために多くの情報を考慮しなければいけません。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろんの …

2017/12/11|ゴルフウィズ編集部

パッティング上達のコツ

パッティング上達のコツ

ゴルフのスコアの半分はパッティングの数です。初心者、初級者の方ですとグリーンに到達するまでにかなりの打数を打ってしまうこともあるので、あまり重要には感じないかもしれませんが、ゴルフの上達にパッティング …

2020/04/21|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

ゴルフで約1mのパットの成功率を上げる練習法とは?

パットをする上で一番緊張する距離が約1mです。カップから離れているわけではないのですが、近いわけでもなく非常に微妙な距離です。なので、力加減も難しく、外せないという緊張感も相まって、外しやすいです。 …

2017/09/05|ゴルフウィズ編集部

自分に合ったパターでスコアを上げる

自分に合ったパターでスコアを上げる

ゴルフで一番神経を使うのがパターの瞬間です。繊細な力加減が要求され、かなりの集中力を使うことになります。さらに、少しのミスがスコアに大きく影響してくることもあります。 もしも、力加減が上手くできず強す …

2017/10/09|ゴルフウィズ編集部

パターのL字って難しい!?特徴がわかると打ってみたくなる!

パターのL字って難しい!?特徴がわかると打ってみたくなる!

ゴルフのパターといえば、マレット型やピン型を思い浮かべることが多いのではないでしょうか。 オススメのパターなどで、この二つの型はよく紹介されていますね。 一方L字のパターは、どちらかというと一般的では …

2019/10/01|ゴルフウィズ編集部

マレット型パターのススメ

マレット型パターのススメ

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、パターの形状はだいたいピン型、マレット型、ネオマレット型に分類されます。パターだけは感覚が重要なので合うパターならなんでも良いのですが、やはりピン型に比べるとマ …

2020/06/29|ゴルフウィズ編集部

PINGパターのフィッティング!その内容はオススメ!

PINGパターのフィッティング!その内容はオススメ!

今では一般的なゴルフクラブの「フィッティング」。 それを利用して自分にあったクラブを選べるのは、特別な感じもしてワクワクします。 ところがパターとなるとあまり耳にしないかもしれませんね。 そこでパター …

2019/10/17|ゴルフウィズ編集部

パターの距離感はセンスの問題?うまくつかんでスコアアップ

パターの距離感はセンスの問題?うまくつかんでスコアアップ

パターで大切なのは「距離感」と「方向性」ですね。 パターは比較的練習しなくても打ててしまうので、つい練習が足りなくなってしまいます。 そして肝心の、これが入ればバーディやパーとなる場面で失敗してしまう …

2020/02/03|ゴルフウィズ編集部

アマチュアがパッティングラインを読むには

アマチュアがパッティングラインを読むには

最近はセルフプレーのゴルフが主流で、多くの方がセルフでラウンドをなさっていることと思います。コースの各種の情報はカートに積まれているナビシステムであったり、GPSタイプのナビで見ることができます。また …

2020/04/10|ゴルフウィズ編集部

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

パターの名手ジョーダンスピースの秘密とは?

皆さんはパターの名手と聞いてどの選手を思い浮かべるでしょうか。ルークドナルド?フィルミケルソン?タイガーウッズ? プロはみんなうまいという意見は最もですが、その中でもひときわうまいプロがいることも確か …

2017/02/23|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ