もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

スコアに出る!1メートルのショートパットを確実に決めるコツ

2022/04/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでは、ドライバーやアイアンで思い通りに飛ばせても、スコアが伴わないことがしばしばあります。
どうやらパターでたった1メートルの距離を外してしまっている、ということも。
そこでスコアを5打縮めるための、1メートルのショートパットをきっちり入れるコツをご紹介します。

1メートルのパットの準備

ゴルフで5打縮めるのには1メートルのショートパットを決めること。
これに有効なのが連続素振りです。

【スタンスは狭め】
パッティングの際に連続素振りをしてみると、インパクトで緩めず打つ感じがつかめます。
確実に入れたい1メートルのパットでも外してしまうことは多いもの。
それは小さいストロークながらもしっかりヒットすることが大切なのに、合わせようとしてインパクトで緩んでミスを招くケースが多いからです。
カップまで1メートルなら、30センチくらいオーバーさせるタッチでヒットすることが大切。

確実に緩みを抑えるには、まずスタンスは狭めがオススメです。
スタンスが広いとストロークがつい大きくなりすぎて軸が左右にブレやすく、インパクトも緩みがちだからです。

【連続素振りを実行】
狭いスタンスを取ったら連蔵素振りを繰り返します。
連続素振りでインパクトを緩めずに打つ感じがつかめたら、いざ打つときも素振りと同じようにストロークするだけ。
短いパットこそ予行演習が大切です。

【本番も連続素振り】
アドレスしたら連続素振りでつかんだインパクトのイメージが消えないように、2~3秒以内でストロークを始めるのがポイント。
ボールを打ち終えた後も顔を地面に向けたままにしておくと、フェースの芯に当てやすいです。

1メートルのパットを打つとき

狭いスタンスと連続素振りをしっかり予行出来たらそのまま打つわけですが、そこでほんの少しの工夫と意識でさらに精度が上がるので、次のように実践してみましょう。

【ボールの線を利用】
ボールの線を利用すると、ラインのイメージが明確になります。
ミドルパットやロングパットは距離感が重要ですが、ショートパットはなんといっても方向性が大切。
正確に打ち出すにはボールとフェースをスクエアにセットすることが大前提で、それにはボールのラインを利用するのがオススメです。

ボールに細くプリントされているブランドネームをラインに見立てたり、マジックで線を書き入れてもいいでしょう。
ボールを置く時にラインを目標へ真っすぐカップに向けておけば、フェースもスクエアにセットしやすく、ボールがカップに転がっていくイメージも浮かんできます。

【左の壁を意識】
体の軸を保ちながらヘッドを戻すには左つま先に注目。
左つま先を開かず真っすぐ向けて構えると、左サイドの壁が作りやすくなって、上体が突っ込みにくくなります。

ショートパットでは、結果が気になるうえ、構えた時にカップが視界に入るため、上体が突っ込んだりヘッドアップのミスが出やすくなります。
目や顔が早くカップに向いてしまうのは自然なことかもしれませんね。

これを防ぐには左サイドの壁を作る意識を持つことが大切です。
左つま先を開いて構える人なら、少し閉じて真っすぐにしておくと、体の軸を固定しやすく上体が突っ込むのを抑えられ、またカップインの音を左耳で聞くようにするのもヘッドアップを抑えるのに有効です。
左耳でカップインの音を聞こうと思うと、左サイドをカップに向けたまま自然と頭を起こしてストロークする態勢になります。
緊張した時こそ意欲的に壁を作ってみてください。

まとめ

ゴルフではドライバーやアイアンで飛ばすことに意識が行きがち。
でも実際パッティングで多く叩いてしまってスコアが出ないことが多いです。
そこで1メートルのパットを確実に決められれば5打は縮められることに注目しましょう。

・ 狭いスタンス&連続素振りでしっかり予行して本番でもストローク
・ ボールの線をカップに向けてストロークをアシスト
・ 左つま先を閉じて左の壁を作って制度をアップ

これららを実践することでスコアアップが可能です。
是非取り組んでみてください!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

やさしいパターのマレット型!基本の打ち方をおさえよう!

やさしいパターのマレット型!基本の打ち方をおさえよう!

ゴルファーにおすすめのパターは、まっすぐ引いてまっすぐ出す打ち方のマレット型です。 これはパターの基本を身につけるのに役立ちます! マレット型のパターに合う打ち方をすると、その特性を惜しみなく活かせま …

2019/08/07|ゴルフウィズ編集部

ツアーを席捲、テーラーメイドのスパイダーって?

ツアーを席捲、テーラーメイドのスパイダーって?

テレビでプロの試合を見ていると、なんだか四角いパターを持っている選手が増えている気がしませんか?ヘッドもすごく大きくて今までのパターとずいぶん違って見えます。もしかしたら気になっているそのパター、テー …

2020/05/28|ゴルフウィズ編集部

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

インテンショナルフックを打ってみてゴルフの幅を広げよう!

ゴルフのショットを意図的にフックさせる「インテンショナルフック」。 これが打てるようになるとプレーの幅が広がります。 今までボールを曲げて目標を狙うということをしていなかったとしても、コツがわかると打 …

2020/07/31|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでよく耳にするシャフトのモーダス3シリーズって何?

ゴルフでよく耳にするシャフトのモーダス3シリーズって何?

アイアン用スチールシャフトのモーダス3。 その高い支持率から、ゴルファーなら耳にしたことがあるのではないでしょうか。 ダイナミックゴールドとNSプロ950GHのシャフトの間に入ったのが「NSプロモーダ …

2020/10/07|ゴルフウィズ編集部

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

これでミスを防げる!レディースパターの正しい長さの選び方

みなさんはパターの長さは気にしたことはありますか? パターの長さは1インチ刻みで分かれており、体格や構えによって適した長さが変わります。 しかしレディースパターはそれほど選択肢がないためか、合っていな …

2018/06/04|ゴルフウィズ編集部

押さえておきたい!ゴルフで2mのパットの成功率を上げる方法

押さえておきたい!ゴルフで2mのパットの成功率を上げる方法

ゴルフで2mのパットは入るようで入らない難しい距離ですよね。 プロだったら2mへパーオンしてバーディ。 アマチュアだったら寄せて2m以内にオンしてこれを決めればパーという場面が多いです。 この距離を攻 …

2021/11/18|ゴルフウィズ編集部

ラインの読み方総まとめ

ラインの読み方総まとめ

パットを打つ際、ラインを読まずに打つ方はいないと思います。誰しもラインを読むのですが、ラインの読み方は人それぞれです。 ここでは様々なラインの読み方を羅列していきます。   まずは山がどこに …

2017/09/29|ゴルフウィズ編集部

ゴルフウェアやグッズは自宅できちんとクリーニングしよう

ゴルフウェアやグッズは自宅できちんとクリーニングしよう

ゴルフは意外と汗を多くかき、ウェアも汚れるスポーツ。 家に着いたらすぐ洗いたいところですが、そこでただ洗濯機を回すだけでは汚れがなんとなく残っているような気もします。 毎回自宅でクリーニングをしっかり …

2022/01/17|ゴルフウィズ編集部

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターのネックの種類はいろいろ!自分に合ったものを使おう

パターを選ぶ時、真っ先にその顔であるヘッドに目がいきますよね。 ヘッドを見て、好きなタイプを見つけるのはそう難しいことではないでしょう。 ヘッドを見ると、だいたいボールを打つ時のイメージもわきます。 …

2019/08/26|ゴルフウィズ編集部

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフでパット数はどれくらいを目指す?減らす方法と考え方

ゴルフはパット数によってスコアがかなり変わりますよね。 アイアンでは慎重になるのに、パターとなると簡単に3パットしてしまうことも。 それなのに、つい練習でもドライバーやアインに力を注いでしまいます。 …

2020/01/06|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ