もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

女性に最適なバンカーショット練習方法

2018/10/30|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットを練習する機会は、少ないかもしれませんが、やはり練習しておいた方がいいです。スコアダウンの影響を少なくし、快適にコースをラウンドできます。なかなか脱出できませんと、焦りますし恥ずかしくなってきます。

最初にバンカーの特徴を知ろう!

ゴルフコース上にあるバンカーは、ただ適当な穴を掘ってあるというわけではなく、それぞれに名前がついていて、特徴があります。なので、バンカーの造形に合わせて、バンカーショットを使い分けられるといいでしょう。バンカーにはどんなバンカーがあるか、知ることから始めてショットに役立てます。

バンカーの中でも穴が小さめで深い形が、ポットバンカーです。歴史的には動物の穴を利用して、造られたバンカーと言われています。芝と土がバームクーヘンのように、層になっているバンカーを、ソッドウォールバンカーと言います。緑色と茶色の層が見た目に美しい景観で、イギリスのゴルフコースのバンカーに、よく見られます。バンカーが雨で削られるのを、防ぐ目的で造られています。

フェアウェイバンカーは、コースの中ほどフェアウェイの脇の場所に、造られているバンカーです。横断して設置されているバンカーは、クロスバンカーとも言われてます。ガードバンカーはグリーンそばに、ハの字の形などで造られているバンカーです。

グラス バンカーは砂地ではなく、芝が生えているバンカーです。深さがあるため、脱出が難しいバンカーになっています。アリソン バンカーは、イギリス人のチャールズ・アリソンが設計したバンカーで、アゴを深く突き出しているのが特徴。これも脱出が難しいバンカーと言われています。

バンカーショットは砂ごと飛ばすのが基本

バンカーにはいろんな形がありますので、他のバンカーでは一発で脱出できても、バンカーの種類が違うと、全く脱出できない状況になります。特に深さがあり壁のようなバンカーは、なかなか脱出できず何度もゴルフボールを叩き、スコアを大幅にダウンさせてしまい、ラウンドする気が無くなってしまうかもしれません。

なので、どのような種類のバンカーでも、基本のスィングを身に付けて、上手く脱出できるように練習しておきましょう。脱出するためには、エクスプロージョンショットが必要です。これはゴルフボールをショットしないで、砂ごと飛ばしてボールを脱出させる技術です。ゴルフボールは埋まっていますので、横にある砂をショットしてみましょう。

足は少し砂に埋める感じで立ちますと、下半身が安定しますので、ショットもしやすくなります。膝を曲げて腰を少し落とすと、より安定感が出ます。ゴルフボール横の砂が、目線の真下に見える位置に立ち、砂をショットしてみましょう。フェースは開いて、ゴルフボールと砂を救い上げるイメージです。砂がゴルフボールと一緒に、空中に飛ばせるといいです。

バンカーが深く壁がある場合は、Vの字を描くようにスィングしてみましょう。カップインまでまだ距離があり、深くないバンカーの場合は、半円を描くイメージで、なるべく遠くへ飛ばします。壁が深いバンカーはとにかく脱出することだけを考え、なだらかなバンカーは飛距離も意識してショットすると、スコアダウンも避けることができます。又、砂質表面が軟らかく下が硬い場合、ゴルフボールが目玉焼きのように埋まるので、目玉バンカーと言われています。フェースを開かないで、縦切りするイメージでスィングします。

まとめ

いかがでしたか?バンカーショットを練習して、難しいバンカーを脱出できるようになれば、逆にゴルフの技術に自信がつくのではないでしょうか?きっと、バンカーを脱出するたびに、ゴルフが楽しくなってきます。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

no image

アプローチでスコアはまとまる!場面に応じたアプローチ

1打目、2打目と調子よくきて、残り50yぐらいからミス連発。終わってみればダブルボギーなんて方。結構多いんじゃないでしょうか。グリーン周りのアプローチがどうも苦手でいつもスコアを崩してしまうという方。 …

2017/11/28|ゴルフウィズ編集部

バンカーショットを上達させるためには

バンカーショットを上達させるためには

ゴルフのラウンドをすると、つま先上がりの傾斜だったり、左足下がりの傾斜だったり、なかなか平らな地面でショットをさせてもらえません。その中でも練習場と大きく異なるのが「バンカーショット」です。 ゴルフの …

2017/11/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ初心者のトップ、ダフリをなくす方法

ゴルフ場ではよく「トップしたー」とか「しまった、ダフった」という悲鳴をよく耳にします。ゴルフは止まった球を打つだけのスポーツなのですが、実はこれが難しいのです。飛ばそうと力が入ったり、右にいったらOB …

2017/10/30|ゴルフウィズ編集部

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

ウェッジでリカバリー!2017年おすすめのウェッジ3選

バンカーやラフなどから脱出する際に使用するウェッジは、リカバリーしやすいものを選ぶことが大切です。リカバリーしづらいウェッジを使い続けたりバンカーやラフに合っていないクラブを使い続けたりすると、失敗経 …

2017/12/06|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

ゴルフ初心者の50ヤードまでのアプローチショットのポイント

グリーンにパーオンすると最高に気持ちのいいものですが、遠い距離からグリーンを捉えるのはゴルフ初心者には難しいショットになります。必然的にグリーンを捉えることができず、ピンまで残り50ヤード以内というケ …

2017/10/29|ゴルフウィズ編集部

これであなたもバックスピンをかけることができる

これであなたもバックスピンをかけることができる

プロゴルファーのプレーをテレビで観戦していると、グリーン上で球がピタリと止まったり、ピン目指してバックスピンがかかって球が戻ってきたりするシーンを見かけて驚きます。 トッププロになるとこのスピン量を自 …

2017/11/21|ゴルフウィズ編集部

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

ウェッジ選びのポイント!リカバリー率を上げるウェッジの選び方

バンカーやラフからのリカバリーがうまくいくかどうかは、ウェッジによるところが大きいといえます。「ダフってしまう」「飛距離が出ない」といった悩みは、スイングではなくウェッジに原因があるかもしれません。こ …

2017/12/05|ゴルフウィズ編集部

グリーン周りのアプローチどうしてる?

グリーン周りのアプローチどうしてる?

今回のお題はグリーン周りでのアプローチ。冬場、夏場。気の抜ける季節はありません。冬場は芝が短く、枯れているところもあり、ダフリやトップを誘発してきます。 また、夏場は夏場で芝が一本一本強く、抵抗が強く …

2017/08/26|ゴルフウィズ編集部

アプローチショットがシャンクするには理由がある

アプローチショットがシャンクするには理由がある

グリーンにのせるアプローチショット。100ヤード以内の短い距離にも係わらず、打球がとんでもない方向に飛んでしまうことがあります。おそらく誰もが一度は経験したことがあるだろう「シャンク」です。 スライス …

2017/11/22|ゴルフウィズ編集部

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

もうバンカーは怖くない!おすすめレディースサンドウェッジ3選

みなさんはバンカーは得意でしょうか? バンカーから出すにはある程度テクニックが必要なので、経験がまだ浅いと苦手だという方も多いでしょう。 そこでバンカーからの脱出専用のウェッジを試したらいかがでしょう …

2018/05/17|ゴルフウィズ編集部

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ