もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

知らないと損をする、新ルールの使いたい変更点

2020/06/23|ゴルフウィズ編集部

2019年にゴルフのルールが大幅に改定されました。いくつかの変更点といったレベルではなく全体に非常に大きな変更が加えられています。
この変更は複雑だったゴルフのルールをわかりやすくすること、プレーを速くすることに主眼が置かれています。
今までゴルフを何年か続けてきた人には、すぐには馴染めない変更もありますが以前よりもずいぶんと簡単にプレーできるような変更も多くなっているので、しっかり理解してコースで使うようにしましょう。

ルースインペディメントについて

ゴルフのルールの中でもわかりにくさナンバーワンといっても過言ではないのが、ルースインペディメントに関するルールです。
ルースインペディメント、という名前も言いにくいですがそもそもなにを指すのかがわかりにくいですね。
細かいルール上の区分を記載するとどうしても長くなりますし、それにつれわかりにくくなってしまうので、とりあえずは「つまんで捨てられるようなもの」と覚えておきましょう。
ボールを打とうと思ったら、その周りにある拾える邪魔なもの、です。
以前のルールではバンカー内はダメ、など場所によりルールの適用が異なりました。用語はわかりにくい、定義もわかりにくい、さらに場所により適用が異なると三重苦状態でしたがルール改正で、とりあえずコース上のどこだろうがどかして良いことになりました。
特にバンカー内で葉っぱなどがジャマなときは、どかして良いことになったのが一番大きな変更でしょう。
細かい部分はルールブックを携行していただくしかありませんが普段のプレーではだいたい以下のように覚えてしまいましょう。

・落っこちてるジャマなものは、コースのどこだろうが拾って捨てて良い
・ただし砂だけはグリーン上は良いが、グリーン以外はそのままで打たなければダメ

とりあえずこのように覚えてしまえばそれほど困ることはないと思います。

バンカー内のアンプレアブル

アンプレアブルというのは、「これは打てない」と思うところにボールがあったら1打罰でボールを動かして良いというルールです。
これは、コース内のどこだろうが自由に宣言することが可能です。
一般的には木の根っこだの植え込みの中といったところにボールがある時に宣言されることが多いのですがバンカーでもアゴのすぐそばにある時などに宣言することがあります。
従来のルールでは、元の場所から打ちなおす以外は救済はバンカー内にドロップする必要がありました。アンプレアブルで元の場所から打ちなおすというのはプロのトーナメントならともかくアマチュアの普段のラウンドでは使えませんね。
ということでバンカーから出ない初心者の方は延々と打ち続けるハメになっていました。
しかし、新しいルールではバンカーの外にドロップできるようになりました。
アンプレアブルを宣言して2罰打を付加すればバンカーの外にドロップすることが可能です。では簡単にドロップの方法だけご説明しておきます。

・ボールとホールカップを結んだバンカー外の延長線上にポイントを決めます。いくら下がっても構いません。場所を決めたらまずティーを使ってマークしてください。

・ティーを刺した地点からホールに近づかない範囲で2クラブレングス以内にドロップします。新しいルールではドロップゾーンという概念ができましたので、ティーを刺す行為を省いていきなりドロップすると違反になりますので、その点は気を付けてください。

ペナルティエリア

旧ルールのウォーターハザードのことですが、いくつか特殊な場所が加わりペナルティエリアという名称に変わりました。(特殊な場所は覚えなくても大丈夫ですから、ウォーターハザードのことと覚えてしまいましょう)
黄色や赤の線や杭で場所が示されていますが以前はソールすることができませんでした。新ルールではソールができるようになりましたのでペナルティエリア内で芝生の部分にボールが止まっていればフェアウェイと同じように打つことができます。
ソールしちゃダメなのはバンカー、と覚えておけばOKです。

まとめ

まだまだ変更点は多いのですが、特に知らないとコースで損をしてしまう改正点をとりあえげてみました。
以前のルールに比べて、ずいぶん運用が簡単になりましたので覚えてしまいましょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

雨の日鑑賞に最適!人気があるゴルフ映画

雨の日鑑賞に最適!人気があるゴルフ映画

人気があるゴルフ映画はいくつかありますが、今回ご紹介するゴルフ映画は、実話に元づいて製作された映画と、現実的にありそうな物語の映画です。それだけに共感する点もありますし、勉強にもなり感動できる映画です …

2018/11/19|ゴルフウィズ編集部

海外旅行をかねた海外ゴルフツアーの魅力をお伝えします。

海外旅行をかねた海外ゴルフツアーの魅力をお伝えします。

ゴルフ場は日本国内だけでもかなりの数がありますが、もちろん海外にも無数のゴルフ場があります。景観も日本とはまったく異なり、新鮮さに溢れています。 海外旅行をかねて「全米オープン」などの海外のメジャー大 …

2017/10/20|ゴルフウィズ編集部

2019年からゴルフの2度打ちと自打球が無罰に!知らなきゃ損する新ルール

2019年からゴルフの2度打ちと自打球が無罰に!知らなきゃ損する新ルール

2018年まで適用されていた旧ルールでは、2度打ちと自打球は偶然であっても、有無を言わさずに1打のペナルティが課されていました。もし「納得いかないゴルフルールランキング」や「理不尽なゴルフルールランキ …

2019/07/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ゴルフで暫定球を使うタイミングとマナーは?

ショットした際、ゴルフボールがどこへ飛んでいったのかを見失うことがあります。もしも、ゴルフボールがOBやウォーターハザードに入ったのに、気が付かずに進んでしまえば、打ち直しなどかなり面倒です。 そこで …

2017/09/04|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをすることで楽しみながら健康になれる!

ゴルフをすることで楽しみながら健康になれる!

ゴルフを楽しんでいる世代はとても幅広いですね。10代で大活躍する選手も多いですし、60代でも素晴らしいプレーをする方はたくさんいます。10代と60代が一緒にラウンドして勝負できるのです。他のスポーツで …

2017/12/20|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場のグルメ事情とは?食事が人気のコースをご紹介!(関東編)

ゴルフ場の食事は、スキー場と並んで高くてイマイチと思っている人はいませんか?! 実は今、食事に力を入れているゴルフ場が増えてきているんです! 美味しい食事と楽しいゴルフ、両方を楽しめるゴルフ場をご紹介 …

2017/12/27|ゴルフウィズ編集部

初心者が知っておきたいゴルフ場での基本マナー

初心者が知っておきたいゴルフ場での基本マナー

ゴルフはマナーが非常に重視されるスポーツです。 それはゴルフ発祥からの歴史的な背景によるところかもしれませんし、ひとつのコースを大勢で共有してプレイするという理由によるものかもしれません。 いずれにせ …

2019/06/19|ゴルフウィズ編集部

ルフを始めたいと思っている方必見!まず揃えたいウェアをご紹介!

ルフを始めたいと思っている方必見!まず揃えたいウェアをご紹介!

ゴルフ場でのマナーコードなどを読んでいても、イマイチどんなウェアを選んだら良いのか分かりにくいと言うこともあるかと思います。ですが、一揃え準備できてしまえば後々は買い足して行けば良いので楽チンです。 …

2018/06/25|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るメリット・デメリットとは?

ゴルフコースを歩いて回るメリット・デメリットとは?

ゴルフコースを回る際、カートを使うことがほとんどです。もちろん、カートでも十分ゴルフは楽しめるのですが、たまには歩いて回るのもオススメです。私自身、カートを使用したこともあるのですが、歩いてゴルフコー …

2017/10/23|ゴルフウィズ編集部

<成田ヒルズカントリークラブ>飽きることのない美しくタフなコース

<成田ヒルズカントリークラブ>飽きることのない美しくタフなコース

成田空港の近くにあり、都心からのアクセスは抜群です。その割には飛行機の音もほとんどなく、航空機の姿も見えず、むしろ閑静と言えるほどです。ここの特徴は、まずはピート・ダイの設計による戦略性の高さでしょう …

2018/01/21|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ