もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

今だけでなく次のことも!ゴルフの調子は未来に向かって整える

2022/06/16|ゴルフウィズ編集部

アマチュアゴルファーだったら、スイングの強化以上にスコアアップの効果がある、頭と心の中を変える方法を取り入れてみましょう。
今に集中するのも大切ですが、次のこと未来のことを考えて「整える」効果は絶大です。
ご紹介しますので次のラウンドに活かしてみてください。

次の1打と次のラウンドへ整える

普段朝起きて体が重く感じる日もあれば、軽く感じる日もありますよね。
不調な日はゆっくり過ごして、調子が良くなるのを待ちたいところ。
ゴルフもこれは同じで「整える」時間が必要です。

【ラウンド前の整える準備】
前傾を保つゴルフのスイングは、非日常な姿勢。
月に1、2回のラウンドの人なら、スイングに適した体にするには、ハーフ、もしかしたらそれ以上かかってしまうかもしれません。

私たちと違ってやっぱりプロは整え方を知っています。
ラウンド前の練習でウォーミングアップ的に30~50ヤードくらいから打ち始めています。
これは体への負担の大きいスイングをいきなりしないということもありますが、プロにとっては別の意味もあります。
短い距離、小さなふり幅でのショットほどコントロールが必要なので、今日の調子や動きをチェックしているのです。

私たちが真似をするなら、練習の際ヘッドの重さを感じながら徐々に番手を上げて整えていきましょう。
ヘッドの重さを感じながらスイングすれば、ドライバーまでスムーズに打てます。

【ラウンドへの意識】
練習はラウンドのため、ラウンド中の1打は次の1打や次回ラウンドのため。
未来につなげることを意識したり実行したりすると、上達の階段を上り続けられます。

ラウンド中の調子を整えるには、飛ばない時は番手を上げるなどの割り切りも大事。
対処法の引き出しを増やして未来につなげましょう。

ゴルフの調子は未来に向かって整える

ゴルフのスコアを上げるには、今を無理せず徐々に調子を整え上げていくことに専念したり、過去の情報を引っ張り出して未来を考える方法があります。

【上手くいかない時の調整】
ラウンドしていてなぜかいつもより飛ばない日もあります。
そんなとき、多くのアマチュアは動かない体を無理に動かしてできるだけ遠くに飛ばそうとします。
だから力んでスイングやクラブの動きが悪くなってしまうのです。

コースでは練習の時よりも飛ばないことはよくあります。
でも焦る必要はありません。
さっさとクラブの番手を1、2番手上げて距離を調整するのも賢いマネジメント。
特にスタートホールから3ホールくらいはムキになってはいけません。
「今日はこんなもんだなー」と思いつつ、無理せず番手を上げてみて調子が上がってくるのを待ちましょう。

【未来を考えるには過去が必要】
先のことを考えようという意味ではちょっと矛盾してしまいますが、ゴルフに限らず未来に向かって調子を整えるには、過去の情報が必要です。
未来、現在、過去の時系列的な考え方です。

未来を想像するには、過去にさかのぼって材料を揃えて、今は何をするべきかの気持ちを整理します。
この準備力を上げる時系列の考え方は、メンタルをコントロールする意味でも重要です。

ゴルフの場合、ホールの状況を見て「ここはフェードを打とうか」「ドローを打とうか」など考えますよね。
これは未来への想定です。
次に「この状況でどういうミスが出やすいか」を過去のデータを引っ張り出して振り返ります。
そして「ならば今こういうプレーをしよう」と現在につなげるのです。
未来に向かって整えるには一度過去を振り返るのが必要ということです。

まとめ

楽しみにしていたゴルフなのに、朝の練習で「調子悪そう」という場合があります。
そうなったら階段を上るようにゆっくり調子を上げていくことに専念しましょう。
朝イチのティーショットからムキになって力むと逆効果です。

最初の3ホールかけて調子を上げていくようにして、それでもしっくりこないなら、ためらわずにクラブを1、2番手あげてみるなどしてみましょう。
どう調子を上げていくかは、過去の自分のプレーを思い出すことが必須です。
そして未来に向かってしっかり整えていきましょう!

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

本格ゴルフデビューの予行演習!気軽にショートコースを体験

本格ゴルフデビューの予行演習!気軽にショートコースを体験

ゴルフを始めたけれど、本格的なコースに行くのは少々不安。 それなら予行演習としてショートコースでラウンド体験をするのがオススメです。 距離が短いので手軽に楽しめるし、ちゃんと芝の上で打つ楽しさも味わえ …

2022/08/22|ゴルフウィズ編集部

ゴルフで痛めやすい身体の箇所はどこ?

ゴルフで痛めやすい身体の箇所はどこ?

ゴルフは運動としては激しい動きが少なく、いくつになっても楽しめる、いわば生涯スポーツではあります。しかし、ある程度スイングを整えようと練習を積んでいくと身体を痛めてしまうことが少なくありません。普段ほ …

2020/12/04|ゴルフウィズ編集部

初対面の人とゴルフのラウンドで気疲れしないで楽しむコツ

初対面の人とゴルフのラウンドで気疲れしないで楽しむコツ

しばらく大勢の人とラウンドできなかったゴルフ。 そのうち親睦コンペなどに参加することもあるでしょう。 コンペは楽しそうな反面、あまり知らない人とのラウンドで戸惑ってしまうことも。 そのような場合はリラ …

2021/09/13|ゴルフウィズ編集部

ゴルフバッグをスマートに積める軽自動車

ゴルフバッグをスマートに積める軽自動車

軽自動車はいろいろありますが、ゴルフバックをスマートに積むことを、目的にした場合ダイハツ「ウェイク」がおススメです。ゴルフバックを縦にして、積むことができます。車内の作りも工夫されていて、使い勝手がい …

2019/01/09|ゴルフウィズ編集部

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

忘れ物注意!いざゴルフコースデビューのために必要なアイテムとは?

念願のゴルフコースデビュー。大自然の中で思いっきりショットを打つのは快感ですよ。楽しみにしている人も多いのではないでしょうか?そこで聞きたいのですが、必要なものは用意できましたか? 実はゴルフには、持 …

2017/10/21|ゴルフウィズ編集部

気合いの入ったゴルフの準備!早すぎると逆効果になることも

気合いの入ったゴルフの準備!早すぎると逆効果になることも

1週間後に迫った大事なゴルフ。 不備がないようにと数日前から荷物の準備をするのが正解でしょうか。 それが正しいようですが、早すぎると逆効果になることがあります。 だからといって当日の朝に準備するわけに …

2021/02/22|ゴルフウィズ編集部

活性化の起爆剤!?ゴルフにもあるサブスクはどのようなもの

活性化の起爆剤!?ゴルフにもあるサブスクはどのようなもの

日常生活で利用する場面が多くなったサブスク。 サブスクは定額制で提供されるサブスクリプションサービスの略語です。 よく使われる言葉ですが、ゴルフ界ではあまり耳にすることがなかったかもしれません。 そこ …

2021/12/06|ゴルフウィズ編集部

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

夏物をしまう前にちょっと待って!秋にあると便利なウェアアイテムとは

半袖では肌寒く感じる日が多くなってきて、ゴルフウェアも衣替えをしようとされている方も多いかと思います。普段着の衣替えの目安として最低気温20度が平均くらいになった頃が良いとも言われています。 スポーツ …

2018/10/04|ゴルフウィズ編集部

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

高カロリー消費でゴルフ打ちっぱなしダイエット

ゴルフはラウンドしなくても、打ちっぱなし練習だけを、趣味として楽しむのもいいスポーツです。健康維持をしながら、ダイエットにもなるので、体調を悪くする痩せ方にならなくて良いです。筋肉で引き締まった、美し …

2018/09/06|ゴルフウィズ編集部

子供にゴルフをやらせたい!習わせるメリットとデメリットは

子供にゴルフをやらせたい!習わせるメリットとデメリットは

子供にゴルフをやらせたい! そう思ってもゴルフは他のスポーツや習い事と違って敷居が高そうですよね! お金持ちが習うイメージがあったり、実際ゴルフ場に行くのも気軽にはいけないことからそのように思ってしま …

2020/01/09|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ