もっとゴルフを楽しく、もっと身近に

ゴルフでベスト更新の機会を逃さない上がり3ホールのまとめ方

2022/10/10|ゴルフウィズ編集部

ゴルフのラウンド18ホールの残り3ホール、このままいけばベストスコアとなる場面です。
パーをしっかりとるだけでバーディもいらない。
ところが実際それを意識してしまうとスコアは崩れがち。
それまでの調子を崩さずに終盤スコアを上手にまとめるテクニックをご紹介します。

上がり3ホールの気の持ち方

終盤近くまで好調をキープ。
最後まで流れを切らさないようにプレーできればよいのですが、残り3ホール次第でベストスコアが出る、となると誰でも緊張するはずです。

【ここからは自分が主役】
この状況で「失敗したらどうしよう」というネガティブな気持ちになってしまったら、不調へと落ちてしまうもの。
どうせならもっと緊張する状況をイメージして気持ちを高揚させましょう!

16番(または7番)ホールのティーイングエリアでは、多くのギャラリーに囲まれている自分をイメージしましょう。
まるで優勝争いをしている選手のようにスポットライトを浴びている自分を想像するのです。
多くの人に見られていると、格好つけたスイングをしようとしますが、これは終盤の疲れた体や心にいい影響を与えます!
そのままホールアウトまで、このイメージで自分を奮い立たせていきましょう。

【ティーショット】
そして具体的なショットのコツです。
ティーショットはそのホールの明暗を分ける大事な1打なのでOBは厳禁です。
最悪な結果を招かないように、ミスを最小限にとどめましょう。

オススメなのは打ち出しの低いライナーボールで、フェアウェイに落とせばまず第一関門はクリア。
そこからセカンドショットやアプローチにつなげましょう。

【低いライナー】
低いライナーを打つには、バックスイングの際、左手を手のひら側に折り曲げる「左手掌屈」を使うのがコツです。
左手の掌屈と連動して右手を甲側に折り曲げてバックスイングしたら、以降は両手首の角度をキープしてフィニッシュへと振り抜く。
ティーアップを低くしたり、ボールを右寄りに置いたりする必要はないです。
左手をリードさせるスイングで、インパクトでロフトを自然に立てて、打ち出しの低い球を打ちましょう。

アイアン&アプローチ

ティーショットをフェアウェイに落とすことができたら、落ち着いて次のショットへ。

【セカンドショット以降】
セカンドショット以降はとにかくトップやダフリ、チョロといった大きなミスを出したくない。
ここは、左1軸スイングで防ぎましょう!
終盤は下半身に疲労がたまるので、体重移動はなるべくしないのがベスト。
疲れているところに無理に体重移動をすると「しゃくり打ち」になるパターンが多いからです。

【左1軸の方法】
体重配分は両足とも5対5の左右均等で構えます。
次にバックスイングで右ひざを伸ばしながら右腰を後ろに引きましょう。
頭の位置をそのままにして右腰を後ろに引くと、体重が左右に多く乗ってきます。

そしてトップまで上げたら、左右荷重の左軸のままでインパクトへ。
ダウンスイングで左足を踏み込んでいく動きが要らないのでシンプル。
ヘッドの入り方もミートしやすい入射角になるので、ボールを正確に捉えやすくなります。

体重移動はしない、頭のポジションはアドレスから変えない、とシンプルに考えるとやりやすいかもしれません。

【アプローチも同様に】
アプローチも同じ打ち方がオススメ。
下半身が疲れるとアプローチでも腰やヒザが左右にブレてしまいます。
アイアン同様、右腰を後ろに引くバックスイングからの左1軸スイングで打って寄せてください。

まとめ

ベストスコアがかかる上がり3ホール。
とても緊張する場面ですが、それを逆手にとって「自分が主役!」と考えてみましょう。
多くのギャラリーに囲まれているイメージを持つと前向きになれますね。

そしてティーショットを大振りしてOBを出すのは厳禁!
低いライナーボールでフェアウェイにきっちり落としましょう。
セカンドショット以降は、自分は疲れているということを認識して、体重移動をしないスイングで乗り切りってください。
きっと大崩れすることなくベストスコアに近づくことでしょう。

ゴルフウィズ
いいねして最新情報をチェック!

この記事に関連する記事

ゴルフの楽しみのひとつ。関東近郊ゴルフ場のランチご紹介

ゴルフの楽しみのひとつ。関東近郊ゴルフ場のランチご紹介

最近は本州のゴルフ場でもスループレーが増えていますが、まだまだほとんどのゴルフ場ではハーフで食事休憩が入ります。このゴルフ場でのランチもゴルフの楽しみのひとつ。今回は関東のゴルフ場の素敵なランチをいく …

2020/07/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフだからこそ着られる特別感があるウェアも選んでみよう

ゴルフだからこそ着られる特別感があるウェアも選んでみよう

ソーシャルディスタンスを保ちながら仲間と楽しめるゴルフ。 社交やビジネスのシーンとしても注目が集まっていますね。 その流れでゴルフウェアにも特別感が高まっています。 ポロシャツとパンツ、という従来のイ …

2022/04/14|ゴルフウィズ編集部

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを歩いて回るのとカートを使うのではどちらがオススメ?

ゴルフコースを回る手段は2つあります。カートを利用するか、歩きで回るかです。基本的にはカートを利用する方が多いです。しかし、プロの試合を観てみると、ほとんどが歩きで回っています。 私は高校時代にゴルフ …

2017/08/30|ゴルフウィズ編集部

初心者がラウンドしやすいゴルフ場はどんなゴルフ場?

初心者がラウンドしやすいゴルフ場はどんなゴルフ場?

ひとくちにゴルフ場といっても、ゴルフ場によってコースの作り方がまったく違っています。その作りによってラウンドのしやすさもかなり変わってきます。 ラウンド経験が少ない初心者の方の場合、行ったゴルフ場の印 …

2021/06/24|ゴルフウィズ編集部

暑い夏は冷んやり涼しい北海道へゴルフ女子旅

暑い夏は冷んやり涼しい北海道へゴルフ女子旅

北海道は自然を活かしたゴルフコースになっているので、日頃の仕事などのストレスで、疲れている気持ちを、リラックスさせてゴルフするのに最適です。気温も低めで快適なため、蒸し暑さを気にせずラウンドできます。 …

2018/08/09|ゴルフウィズ編集部

ゴルフ練習場をお得に利用しよう!

ゴルフ練習場をお得に利用しよう!

ゴルフ練習をする人にとって、なくてはならない練習場。 でも、週に何度も足を運べばそれなりに費用は嵩みますよね。 今回は、お得に練習するために利用して欲しいプランをご紹介します。   ゴルフ練 …

2017/09/21|ゴルフウィズ編集部

女性や初心者にオススメ。河川敷コースへ行こう!

女性や初心者にオススメ。河川敷コースへ行こう!

河川敷コースとは大きな川の河川敷を利用して作られているゴルフコースのことです。 パブリックという会員制ではないコースが多く気軽に楽しめる上に、運営母体が市町村などで比較的低料金でプレイすることができま …

2018/03/12|ゴルフウィズ編集部

まずは練習場へ行ってゴルフを体験しよう!

まずは練習場へ行ってゴルフを体験しよう!

ゴルフをやってみたい、でもお金がかかりそうだし何をすれば良いのかわからないという方多いのではないでしょうか。練習場も上手な人ばかりで敷居が高いというイメージかもしれませんがそんな事はありません。 練習 …

2017/11/30|ゴルフウィズ編集部

ゴルフをやる「目的」を見失っていませんか?

ゴルフをやる「目的」を見失っていませんか?

ゴルフをはじめたら誰しもうまくなりたいと思うものです。 それは当たり前のことなのですが、前のめりになりすぎてしまってかえって苦しくなってしまっている人もいるようです。 自分はどのようにゴルフを楽しみた …

2021/01/20|ゴルフウィズ編集部

<坂東ゴルフクラブ>フラットで広いフェアウェイが爽快感抜群

<坂東ゴルフクラブ>フラットで広いフェアウェイが爽快感抜群

坂東ゴルフクラブは、ゴルファーのわがままを実現してくれるクラブと言ったら言い過ぎでしょうか。インターから近く、フェアウェイが広く、アップダウンもなく、カートをフェアウェイに乗り入れることができます。そ …

2018/01/30|ゴルフウィズ編集部

アスリスタ外部リンク

レディースゴルフウェア

ゴルフウィズをフォロー

ゴルフウィズは、国内に限らず世界中のゴルフ情報をゴルフ好きのために発信していく、ゴルフ専門WEBメディアになります。
各SNSにフォローして頂ければ定期的に情報を 受け取ることができますので、良かったら フォローしてください!

ページトップへ